子どもが病気になったら幼稚園はどうする?休む基準は?

 毎日幼稚園に行くのを楽しみにしている子どもを見ると、微笑ましい気持ちになりますが、子どもが体調を崩した場合、幼稚園に行かせてもいいのでしょうか?子どもの病気が悪化しないか、クラスメイトにうつさないか、心配になりますよね。

 病気別、症状別に、幼稚園を休む基準を紹介します。

 熱がある場合

 熱がある場合、何度発熱しているのか、一日(24時間)で体温がどう推移しているのかをチェックして、幼稚園を休むかどうか判断します。

 一日の熱の推移といっても、1時間おきなど、何度も検温する必要はありません。朝、昼、晩の3回検温で十分です。この3回の検温のうち、1回でも38度を超えていたら、幼稚園は休むようにしましょう。また、38度を超えていなくても、解熱剤を服用している場合も休んでください。解熱剤を服用して熱が下がるのは一時的で、解熱剤の効果が切れたら、38度を再び超えるおそれがあります。

 3回の検温のうち、1回も38度を超えることがなく、食欲がある、元気がある場合は登園できます。

 38度を1回でも超えているか、超えていないかで幼稚園を休むかどうかを判断するときくと、「38度は高熱では・・・」と心配するお母さんもいらっしゃると思います。しかし、子どもの体温は大人の体温に比べて高く、感染症法によって、子どもの体温は37.5度未満であれば平熱と定められています。つまり、37.5度未満は子どもの平熱で、登園しても問題ないのです。37.8度など、体温が37.5度以上38度未満だった場合、判断に迷うと思います。判断に迷ったら、発熱以外の症状(咳や鼻水など)の様子を見ましょう。

 咳が出ている場合

 咳が出ている場合、睡眠をしっかり取れているか、食事をしっかり摂れているかで、幼稚園を休むかどうか判断します。

 寝ること、食べることは、病気を治すのに必要な生活習慣です。夜間も咳が出て、よく眠れていない、咳によって喉を痛めて、食事を摂れていないようであれば、幼稚園は休むようにしましょう。睡眠不足の子どもを登園させても、子どもは幼稚園で元気に過ごすことができません。

 鼻水が出ている場合

 鼻水が出ている場合、鼻水の色や量をチェックして、幼稚園を休むかどうか判断します。

 鼻水の色が透明で、サラサラしていれば風邪のひき始めです。黄色がかり、粘り気がある鼻水が出始めたら、風邪が悪化して、発熱や咳など、他の症状が出始めるかもしれません。鼻水が出始めたら、身体を温めて、早めに寝かせるようにし、鼻水が2日以上出続けたら、幼稚園を休んで小児科や耳鼻科を受診しましょう。また、自分で鼻水を拭き取れない場合、幼稚園の先生に拭き取ってもらうように伝えておきましょう。

 鼻水が何日も出続けると中耳炎になるおそれがあります。鼻水の量が徐々に減っているか、鼻水を拭き取る回数などを数えて、中耳炎にならないように注意しましょう。

 下痢をしている場合

 下痢をしている場合、一日の下痢の回数、食欲の有無をチェックして、幼稚園を休むかどうか判断します。

 一日に2回以上水溶性の下痢をする、食事をする度に下痢をするのであれば、幼稚園は休むようにしましょう。下痢は脱水症状を引き起こすおそれがあります。登園する場合、幼稚園の先生に、子どもに普段より水分を多めに補給させるよう伝えておくと安心です。また、下痢はすぐに治る症状ではなく、短くても3日間、長いと1週間以上かかる可能性があります。下痢の症状が徐々に改善されているかどうか、便の状態をよく観察してください。

 また、下痢の原因がノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎食中毒であれば、クラスメイトに感染するおそれがあるので、小児科を受診して、登園しても問題ないという診断を受けてから登園するようにしましょう。

 嘔吐している場合

 嘔吐をしている場合、一日の嘔吐の回数、嘔吐の原因をチェックして、幼稚園を休むかどうか判断します。

 嘔吐の原因が食べ過ぎ、飲み過ぎで、嘔吐した後の子どものご機嫌が良ければ、登園しても問題ありません。しかし、ノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎が原因であれば、クラスメイトに感染するおそれがあります。また、感染性胃腸炎の初期症状が嘔吐であるため、これから症状が悪化するかもしれません。嘔吐した後の子どものご機嫌が悪いようであれば、小児科を受診し、嘔吐の原因を特定したうえで、医師の指示を仰ぎましょう。

 発疹がある場合

 発疹がある場合、感染するかしないかで、幼稚園を休むかどうか判断します。

 発疹の原因が虫刺されや汗疹、かぶれであれば、クラスメイトに感染しないので、幼稚園に通っても問題ありません。しかし、麻疹(はしか)や風疹、手足口病などの感染症であれば、幼稚園は休むようにしましょう。発疹の原因が分からない場合も、小児科を受診し、原因を特定したうえで、医師の指示を仰ぎましょう。

 薬を服用している場合

 小児科を受診すると、必要に応じて、薬を処方してもらいますよね。一日2回(朝と晩)服用する薬を処方されれば問題ありませんが、一日3回、つまり、昼にも服用する薬を処方された場合、子どもが自分で薬を飲めないなら、幼稚園は休むようにしましょう。というのも、幼稚園では先生が子どもに薬を飲ませることができないためです。幼稚園にどうしても通わせたいなら、一日2回服用する薬を処方してもらうように、医師に相談しましょう。

 まとめ

 病気別、症状別に、幼稚園を休む基準を紹介しました。

 病気や症状はもちろん、子どもの様子で気になることがあれば、先生にその都度伝えるようにしましょう。先生も普段より気を配ってくれます。

 幼稚園に通い始める前は病気知らずだった子どもも、幼稚園に通い始めると、クラスメイトから病気をもらって帰ります。咳や鼻水が出る度に幼稚園を休んでいては、登園日数が少なくなってしまいます。子どもは病気になって免疫力を高めていきます。子どもの食欲、ご機嫌など、様子を細かく見て、登園するかどうかを判断しましょう。判断に迷ったら、かかりつけ医や幼稚園の先生に相談してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする