知らないと勘違いされるかも!?ホワイトデーのお返しの意味

 今年のバレンタインデーで、プレゼントをいくつもらいましたか?彼女から、女友達から、同僚からと、バレンタインデーにプレゼントをもらった方であれば、お返しのプレゼントに悩んだことがあるのではないでしょうか。

 実は、お返しのプレゼントの内容に、意味があることをご存じですか?あなたがその意味を知らず、相手がその意味を知っていたら、相手に勘違いさせてしまうかもしれません。

 意味が込められたホワイトデー定番のお菓子、込められていないお菓子を紹介します。

 意味が込められたお菓子

キャンディー

 リーズナブルでたくさん買うことができるキャンディー。一粒で甘い味を長い間楽しめることから「長く付き合いたい」、固いことから「関係を壊したくない」という意味があります。

→ 彼女や好きな人に渡しましょう。

マカロン

 一つの値段が高く、見た目も優雅なマカロン。他のお菓子に比べて高いことから「特別な存在」という意味があります。

→ 彼女や好きな人に渡しましょう。

マシュマロ

 口に入れると溶けてなくなるマシュマロ。甘い味を楽しめる時間が短いことから、キャンディーに込められている意味とは正反対で「付き合うことはない」、柔らかいことから「気持ちにはこたえられません」とオブラートに包んで伝える意味があります。

→ 告白されて断りたい人に渡しましょう。

マドレーヌ

 貝のような形をしているマドレーヌ。2枚の貝殻が合わさっているように見えることから、「今後も恋愛関係を続けたい」という意味があります。

→ 彼女や奥様、好きな人に渡しましょう。

クッキー

 湿気ないように、袋や容器に乾燥剤が入っているクッキー。食感がサクサクしていることから、「サクッとした関係でいたい」という意味があります。

→ 女友達や同僚に渡しましょう。

バームクーヘン

結婚式の引き出物の定番であるバームクーヘン。木の切り株のように層が何層にも重なっていることから、「これからも幸せを重ねていきたい」という意味があります。

→ 交際期間が長い彼女や奥様に渡しましょう。

 意味が込められていないお菓子

 バレンタインデー定番のお菓子であるチョコレートは、意味が特にありません。また、ケーキやシュークリーム、プリンなど、女性が大好きなスイーツにも、意味が特にありません。

 相手に深く考えてほしくない場合は、意味が込められていないお菓子を選ぶといいですね。

 まとめ

 意味が込められたホワイトデー定番のお菓子、込められていないお菓子を紹介しました。

 彼女や好きな人に渡すならキャンディーやマカロン、マドレーヌを、交際期間が長い彼女や奥様に渡すならバームクーヘンを、女友達や同僚に渡すならクッキーを、告白されて断りたい人に渡すならマシュマロを選びましょう。

 相手に深く考えてほしくない場合は、特に意味がないチョコレートやケーキ、シュークリームやプリンなどを選んでください。

 ホワイトデーのプレゼントに込められた意味について、彼女や奥様と話したうえで、プレゼントを渡すと、関係がより一層深まるのではないでしょうか。ホワイトデーを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする