海開きの期間の決め方と各地の様子、期間外に海水浴するリスク

 毎年暖かくなると話題に取り上げられる海開き。海水浴場がテレビに映ると、海に出かけたくなりますよね。ところで、海開きの期間は何故決まってるのでしょうか?期間外に海水浴してはいけないのでしょうか?

 海開きの期間の決め方と各地の様子、期間外に海水浴するリスクを紹介します。

海開きの期間の決め方

 海水浴場がその年に初めて開放されること、また、開放されていることを海開きといいます。当たり前ですが、海は一年中存在していて、好きな時に行けます。夏はもちろん、冬でも、海で花火をする方がいますよね。また、サーフィンが好きな方は季節に関係なく、マリンスポーツを楽しみに海に行きますよね。

 しかし、海で泳ぎたい、海に足をつけたいなど、海水浴を楽しみたいなら、海水浴場が開放されている海開きの期間に入るのがおすすめです。

 桜の開花が地域によって異なるように、海開きの期間も地域によって異なります。その年の気温水温はもちろん、海の家を開店できるかという施設面、ライフセーバーを手配できるかという安全面などから、海開きの期間が決まります。

各地の様子

 気温や水温という観点でいうと、沖縄県の気温、水温は他の地域に比べて年中高いため、沖縄県が日本で一番早く海開きします。その年の気温、水温によって、海開きの時期は変動しますが、沖縄県で3月下旬、本州で一番早く海開きする九十九里浜のある千葉県で4月下旬に海開きします。どの地域でも7月中旬までには海開きし、お盆を過ぎると閉まります。

 各海水浴場のホームページを見たり、問い合わせたりして、予定をたてるといいですね。

期間外に海水浴するリスク

 海開きの期間が定められているのには理由があります。理由の中には、気温や水温の低下もありますが、代表的な理由はクラゲと高波の発生です。

クラゲの発生

 季節を問わず、海にはクラゲが存在していますが、お盆を過ぎると大人に成長するのがアンドンクラゲです。3センチメートル程度の体長であるアンドンクラゲは強いをもっています。また、刺されると、刺された箇所が痛みます。アンドンクラゲは小型なうえに、身体が透明なので気づきにくいです。

高波の発生

 お盆を過ぎると、台風が多くなりますよね。日本から遠く離れた位置で発生した台風が海に波をつくり、海岸まで波が打ち寄せます。快晴で、風がない海岸であっても、高波が急に打ち寄せてくるのです。

 海開きの期間が終わると、海水浴場が閉まったり、ライフセーバーがいなくなったりします。万が一の場合に備えられない方は、期間外に海水浴しないようにしましょう。

まとめ

 海開きの期間の決め方と各地の様子、期間外に海水浴するリスクを紹介しました。

 その年の気温や水温、施設面や安全面などから、海開きの期間が決まります。どの地域でも7月中旬までには海開きするので、各海水浴場の海開きを調べて予定をたてるといいですね。

 海開きの期間が終わると、ライフセーバーがいなくなるので、万が一の場合に備えられない方は、期間外に海水浴しないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする