梅雨はカビが生えやすい!生える条件と場所別に対策を紹介

 梅雨は湿度が高く、カビが生えやすいことをご存じの方は多いと思いますが、カビが生えやすい条件をご存じですか?

 カビが生えやすい条件、放置することでかかる病気、場所別に生やさない対策を紹介します。

 カビが生えやすい条件

 結論からいえば、カビが生えやすい条件は、高温、多湿、栄養素、酸素の4つです。カビといえばジメジメした湿度が高い場所に生えやすいイメージがありますよね。実際に、温度が28度以上、湿度が70%以上の環境下で、カビが生えやすいといわれていますが、カビは生き物なので、私達と同じように栄養素や酸素が必要なのです。

 ちなみに、私達にとっての栄養素は食べ物や水分ですが、カビにとっての栄養素は食べ物だけではありません。食べ物の他、石鹸のカス、紙や埃など、私達の家に常にあるものです。

 カビを放置することでかかる病気

 私達よりはるかに小さいカビですが、小さいからといって侮ってはいけません。カビの一種であるトリコスポロンが体内に入ると、肺炎を引き起こしてしまいます。トリコスポロンは畳やカーペットなどに生えやすいのですが、最近では、住宅の気密性が上がっているため、あらゆる場所に生えやすくなっています。

 場所別!カビを生やさない対策

 先述したように、カビが生えやすい条件は、高温、多湿、栄養素、酸素の4つです。しかし、酸素は空気中に常に存在しています。また、食べ物や石鹸のカス、紙や埃などの栄養素も、私達の家に常にあると考えると、こまめな掃除の他、温度と湿度を調整することが、カビを生やさない対策となります。

 毎日こまめに掃除するのが一番ですが、毎日こまめにというのはなかなか大変ですよね。そこで、カビが生えやすい場所にしぼって、簡単にできる対策を紹介します。

お風呂場

 家の中で高温多湿の場所といえば、お風呂場を真っ先に思い浮かべますね。お風呂場の床、椅子や洗面器には石鹸のカスが、浴槽には皮脂汚れがたくさん。

 入浴後はシャワーで念入りに汚れを洗い流し、水分をタオルなどで拭き取るようにしましょう。また、窓があれば窓をしっかり開けて、なければ換気扇を回してくださいね。

台所

 お風呂場に続いて水気の多い場所が台所。台所は水分だけでなく、栄養素もたっぷりありますね。排水口や三角コーナーを含め、シンク周辺はカビが生えやすくなっています。

 排水口や三角コーナーのゴミはこまめに捨てるようにしましょう。

クローゼット

 クローゼットには水分はありませんが、空気が対流しないため、湿気がこもりやすく、カビが生えやすいです。

 来客がない時はクローゼットの扉を開けて、空気が対流しやすいようにしておきましょう。また、服を敷き詰めるように収納していると、服が湿りやすく、カビが生えやすくなります。除湿剤を置いて、服の湿気をとるようにしましょう。

 まとめ

 カビが生えやすい条件、放置することでかかる病気、場所別に生やさない対策を紹介しました。

 カビが生えやすい条件は、高温、多湿、栄養素、酸素の4つですが、この4つのうち1つでも欠ければ、カビは生えにくくなります。栄養素と酸素は家に常にあるものなので、こまめな掃除の他、温度と湿度を調整することがカビを生やさないためには重要です。空気と共に湿気が対流しやすいように、窓を開けたり換気扇を回したりしてください。水分をこまめに拭き取るのも有効です。電気代が多少高くなってもいいなら、除湿機エアコンのドライ機能を使って、室内の湿度を下げるのが手っ取り早いですよ。

 カビが生えていることに気づかずに過ごしていると、肺炎などの病気を引き起こします。しっかり対策して、梅雨を乗り切りたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする