梅雨に洗濯物を部屋干しすると乾きにくい理由、早く乾かす方法

 梅雨に入ると、毎日のように雨が降り、洗濯物を部屋に干しますよね。洗濯物が乾いてくれたらいいのですが、翌朝になっても完全には乾いておらず、洗濯物がどんどんたまっていく、干し場がないという方も多いのではないでしょうか。

 梅雨に洗濯物を部屋干しすると乾きにくい理由、部屋干しで早く乾かす方法を紹介します。

梅雨に洗濯物を部屋干しすると乾きにくい理由

 帰宅時間が遅く、洗濯物をなかなか取り込めない方の中には、雨が降っていなくても部屋に洗濯物を干している方もいらっしゃると思います。梅雨以外の時期に洗濯物を部屋干しすると乾くのに、何故、梅雨の時期には乾かないのか、気になったことはありませんか?これには部屋の湿度が大きく関係しています。

 日本の梅雨は高温多湿といわれているとおり、湿度がとても高いです。部屋でエアコンを使っている、除湿器を使っている場合、部屋の湿度は低くなりますが、エアコンも除湿器も使っていない場合、湿度が自然と高くなります。梅雨に加湿器を使う方が少ないことからもわかりますよね。

 水分は空気中に逃げ込むことで蒸発、乾燥するのですが、一定の空気量に逃げ込める水分量が決まっているため、湿度が高いと、水分が空気中に逃げられず、蒸発、乾燥できないのです。梅雨の空気には水分がもともとたくさん含まれているので、洗濯物の水分の逃げ場がなく、洗濯物が乾きにくいのですね。

 部屋干しで早く乾かす方法

 先述したように、梅雨の空気には水分がもともとたくさん含まれているので、洗濯物の水分が空気中に逃げられず、乾きにくくなります。これは言いかえれば、水分がたくさん含まれている空気から水分を逃がし、洗濯物の水分の逃げ場をつくれば、洗濯物が乾きやすくなるということです。

 洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法を具体的にみていきましょう。

お風呂場、洗面所に干す

 「洗濯物をお風呂場に干すの!?お風呂場って湿度が高いのでは!?」と驚いた方もいらっしゃると思います。確かに、入浴後のお風呂場や洗面所は湿度が高いですが、建築会社は「お風呂場や洗面所は湿度が高くなる場所だ」と想定して建築しています。湿気をため込まない構造になっているのですね。

 また、お風呂場や洗面所はほかの部屋に比べて狭く、つっぱり棒などを使って、物干しスペースを簡単につくることができます。換気扇を回して、湿気をどんどん逃がしながら、洗濯物を乾かすのに適した場所なのですよ。

洗濯物の間を15cm以上あける

 洗濯物が密集していると、洗濯物の水分の逃げ場がなくなり、乾きにくくなります。洗濯物の間を15cm以上あけるようにしましょう。

洗濯物に向けて扇風機を使う

 エアコンを使えば、空気が乾燥するので洗濯物が乾きやすくなりますが、梅雨は気温差が激しく、エアコンで冷房やドライ機能を使うと寒い日もありますよね。このような場合には、扇風機を使いましょう。洗濯物に向けて扇風機を使うことで、空気中の水分を対流させ、洗濯物の水分が空気中に逃げやすくなります。

洗濯物の下に新聞紙を敷く

 雨の日に履いた靴の中に、新聞紙を入れると靴が乾きやすいですよね。新聞紙は水分をよく吸い取ってくれます。洗濯物を干し終わったら、床に新聞紙を敷きましょう。新聞紙をこまめに取り換えることで、洗濯物が早く乾きますよ。

太めのハンガーで干す

 針金のハンガーは細く、服の表と裏の間に空気が入りにくいです。プラスチックのハンガーなど、太めのハンガーで干すことで、服の間に空気が入りやすくなり、水分が逃げやすくなります。

長い洗濯物はW字型に干す

 タオルやズボン、シーツなどの長い洗濯物はとても乾きにくいです。つっぱり棒やハンガー、洗濯ばさみをうまく活用して、W字をつくるように干せば、洗濯物全体が空気に触れるので乾きやすくなります。

まとめ

 梅雨に洗濯物を部屋干しすると乾きにくい理由、部屋干しで早く乾かす方法を紹介しました。

 水分は空気中に逃げ込むことで蒸発、乾燥するのですが、一定の空気量に逃げ込める水分量が決まっています。梅雨の空気には水分がもともとたくさん含まれているので、洗濯物の水分の逃げ場がなく、乾きにくいです。つまり、洗濯物の水分の逃げ場を空気中につくれば、洗濯物が乾きやすくなるということで、早く乾かす6つの方法を紹介しました。

 洗濯物は翌朝までに乾かし、洗濯物をためこまないようにしましょう。

====================

あわせて読みたい記事
除湿器とドライ機能の違い、3種類の除湿器の特徴と選び方
除湿器の効果的な置き場所と使い方、お手入れ方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする