つわりを軽減するには好きに過ごすのが一番!対策を紹介

 妊娠してから胎盤が完成する16週頃まで続くつわり。つわりは仕方がないとはいえ、症状をできるだけ軽くしたいですよね。

 つわりを軽減する対策を紹介します。

 好きに過ごすのが一番

 つわりの症状は様々ですが、一番大事なのは無理をしないことです。産後は育児が始まるため、寝たい時に寝られません。また、母乳育児のお母さんは、母乳の出を良くしたり、乳腺が詰まらないように気を付けたりすることになり、好きなものを食べられません。

 今のうちに、寝たい時に寝たり、食べたいものを、食べたい分だけ、食べたい時に食べたりしましょう。

 食事で簡単にできる対策

 好きに過ごすのが一番といっても、未就園児の子どもがいたり、仕事をしていたりするお母さんは、そういうわけにいきませんよね。

 食事で簡単にできる対策を紹介します。

トマトを食べる

 吐きづわりは、血中のカリウム、マグネシウムが不足することで起こります。カリウムが豊富に含まれているワカメや椎茸、バナナやトマトを食べたり、マグネシウムが豊富に含まれているワカメやカボチャ、トマトを食べたりしましょう。特に、トマトはにおいがなく、カリウムやマグネシウムの他に、味覚を整える亜鉛、貧血を防ぐ鉄が含まれているのでオススメです。

 ミニトマトであれば、容器に入れて手軽に持ち運べるので、外出先で気持ち悪くなっても、すぐに食べられます。また、特に寝起きは吐き気を感じやすいので、枕元にミニトマトを置いておくと、寝転んだまま、簡単に頬張れます。妊婦さんを対象に調査した、つわり中でも食べられる食べ物ランキングでも、トマトは必ず上位に入ります。食べ物でつわりを和らげるなら、まずはトマトから試してみてはいかがでしょうか。

飴を舐める

 働いている妊婦さんは、職場によっては、好きなタイミングでトマトなどを食べられない場合もありますよね。飴であれば、周りに気付かれにくく、においもしません。好きな味の飴を常備しましょう。

食べる回数を増やす

空腹状態が続くと、低血糖になり、つわりを悪化させてしまいます。一食の食事量を減らして、食べる回数を増やし、血糖値が下がるのを防ぎましょう。この方法は、吐きづわりだけでなく、食べづわりの対策にもなりますよ。

常温で食べる

 食事前に調理したり、調理済みのものを温めたりすると、食べ物のいいにおいが広がります。本来は「美味しそうなにおい」のはずが、妊娠してにおいに敏感になっていると、においを嗅いだだけでお腹が満たされたり、吐き気がしたりします。においが広がらないよう、常温で食べられるものは、常温で食べましょう。

 気分転換する

 実は、つわりには精神的な要因もあります。「妊娠すると、吐き気がする」という印象が強く、なんとなく気持ち悪さを感じているという場合も。一緒にいてストレスを感じない両親や友人との会話を楽しんだり、趣味に没頭したりして、気分を紛らわせましょう。
 また、思うように食べられない日が続くと、「赤ちゃんが成長しないのでは・・・」と心配になるかもしれませんが、「つわりで食事を摂られないのは仕方がない!」と割り切ることも大事です。妊娠初期の赤ちゃんはまだまだ小さく、多くの栄養を必要としていません。また、赤ちゃんに必要な栄養は、母胎から赤ちゃんに優先的に届けられます。妊娠中に最も必要な栄養素である葉酸を摂取できているなら、他の栄養素にはあまりこだわらずに、好きなものや食べられるものを食べましょう。

 まとめ

 つわりを軽減する対策を紹介しました。

 つわりの症状は様々ですが、一番大事なのは無理をしないことです。つわり中でも食べられる食べ物ランキングでも必ず上位に入るトマトを食べたり、一食の食事量を減らして、食べる回数を増やしたりしましょう。においに敏感になっている妊婦さんは、調理によってにおいが広がらないように、常温で食べられるものを選ぶのもいいですよ。

 妊娠中はいろいろなことが気になりがちですが、深く考え込まず、上手に気分転換した過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする