つわりの症状と原因、時期とピーク、病院を受診する目安

 妊娠が判り嬉しい一方、妊娠初期はつわりに悩まされる妊婦さんも多いです。ある調査によると、つわりを経験する妊婦さんは約8割にものぼるのだとか。

 つわりの症状と原因、時期とピーク、病院を受診する目安を紹介します。

つわりの症状と原因

 妊娠中の不快な症状を、総称して「つわり」と呼びます。つわりと聞くと、吐き気に苦しむ女性を思い浮かべる方が多いと思いますが、つわりには、吐きづわり、常に口に物が入っていないと吐き気を感じてしまう食べづわり、常に眠気を感じてしまう眠気づわりなど、さまざまな症状があります。

 つわりの症状とその原因を詳しくみていきましょう。

吐き気がする

 食事をしたかどうか、何を食べたかなどに関係なく、胃がムカムカしたり、吐き気がしたりします。胃の中に食べ物がなくても吐いてしまい、飢餓状態や栄養失調になるうえに、体内の水分が失われて、脱水症になるおそれがあります。空腹になると、血糖値が低くなるので、吐き気が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

 胃がムカムカするのは、食べ過ぎが原因で起きる症状ですが、食事をしていないのに、何故、胃がムカムカするのでしょうか?

 妊娠すると、お腹の中の赤ちゃんを育てるために、血中のカリウムとマグネシウムが胎盤や子宮に優先的に運ばれます。また、ホルモンの変化により、血中のカルシウム値が高くなり、腸のぜん動運動が抑制されます。その結果、胃液の分泌が増えて、胃がムカムカするのです。

においに敏感になる

 苦手なにおいを嗅ぐと、吐き気がしたり、妊娠前は好きだったにおいが苦手になったりします。

 これは、妊娠すると、嗅覚に関わる女性ホルモン、エストロゲンが増加するためです。また、妊娠中は、身体が母胎や赤ちゃんを守ろうとして、においを含む、外からの刺激に敏感になるためともいわれています。

食の好みが変わる

 妊娠前に好きだった食べ物を食べられなくなったり、苦手だった食べ物を食べたくなったりします。

 これは、妊娠によって、ホルモンバランスが変化したり、唾液が減少して、口の中が乾燥したりして、味覚が変わるためです。また、先述したように、胃がムカムカして、サッパリしたものを食べたくなるということもあります。

眠気がする

 睡眠をちゃんととっているのに眠くなったり、身体がだるくなったりします。

 これは、妊娠すると、眠気を促す女性ホルモン、プロゲステロンが分泌されるためです。プロゲステロンには、体温を上げる作用もあり、頭がぼーっとしたり、身体がだるくなったりすることで、眠気がより強くなります。

つわりの時期とピーク

 つわりには、初期つわりと後期つわりがあります。

 先述したつわりの症状は初期つわりの症状で、初期つわりは妊娠してから10週頃にピークを迎え、胎盤が完成する16週頃まで続きます。

 後期つわりは28週頃から出産するまで続きます。後期つわりは、初期つわりのようにホルモンバランスの変化によって起きるのではなく、大きくなった子宮によって胃が圧迫されて、食欲不振などの症状が起きます。

病院を受診する目安

 妊娠初期の赤ちゃんはまだまだ小さいため、「赤ちゃんに栄養を届けなきゃ!」と思って、妊婦さんがたくさん食べる必要はありません。しかし、妊娠前の体重から2%以上減少したり、身体に不調を感じたりする場合には、病院に行きましょう。もし、貧血で倒れた場合、頭やお腹を打つことがあるかもしれません。医師に指示を仰いでくださいね。

 つわりがひどく、仕事を休みたい妊婦さんもいると思います。このような場合は、病院から発行される診断書があれば、職場の理解を得られやすいです。とはいえ、血液検査などで異常がなければ、診断書を発行してもらうことは困難です。決して無理することがないように、医師や上司と相談するようにしてくださいね。

まとめ

 つわりの症状と原因、つわりが始まる時期とピーク、病院を受診する目安を紹介しました。

 つわりには、吐きづわり、食べづわり、眠気づわりなど、さまざまな症状があります。初期つわりは妊娠してから10週頃にピークを迎え、胎盤が完成する16週頃まで続きます。また、食欲不振などの症状が表れる後期つわりは28週頃から出産するまで続きます。

 つわりがひどく、仕事を休みたい妊婦さんもいると思います。診断書があれば、職場の理解を得られやすいですが、診断書がないからといって、無理をして出勤するのはやめましょう。

 周囲に相談して、サポートや理解を得ながら、つわりを乗り越えたいですね。

====================

あわせて読みたい記事

つわりを軽減する食事の仕方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする