ダイエット効果を得られる炭酸水の飲み方

 モデルが美の秘訣を話す時に登場する「炭酸水」。炭酸水で痩せるには、炭酸水を正しく飲むことが大事です。

 炭酸水を飲んで得られる効果や飲み方、おすすめの炭酸水、炭酸水のアレンジを紹介します。

 得られる効果

満腹感を得られる

 ダイエットすると決めたら、まず取りかかるのが食事制限ではないでしょうか?食事制限をするうえで大事なのは、低カロリーな食事で満腹感をしっかり得ること。お腹がすぐに空くような食べ方では、食事の回数が増えたり、次の食事で食べ過ぎてしまいます。

 食事する前に炭酸水を飲めば、炭酸ガスが胃を膨らませるので、少量の食事で満腹感を得られます。食べ過ぎを防ぐことができますね。また、小腹が空いた時に炭酸水を飲めば、おやつを食べなくて済みますよ。

便秘を改善する

 便秘の原因には、腸の蠕動(ぜんどう)運動が低下することの他、腸内の水分が不足して硬くなった便が腸内をスムーズに移動できないことが挙げられます。

 炭酸ガスによって胃が膨らむことで、胃腸が刺激されて、腸の蠕動運動が活発になり、腸にたまった便が体外に排出されやすくなります。

血行を促進する

 血液には身体の隅々まで酸素や栄養素を運ぶ役割があり、血行が悪くなると、身体全体に酸素や栄養素が届かず、身体が冷えたり、体内に老廃物がたまったままになったりします。

 血行を促進するためには、太い血管を温めたり、筋肉量を増やしたりすることが必要なのですが、筋肉量を増やすには時間がかかりますよね。すぐに血行を促進したいなら、炭酸水を飲みましょう。何故、炭酸水を飲むことで血行を促進できるのでしょうか?炭酸水の炭酸は二酸化炭素でできているので、炭酸水を飲むことで、体内に二酸化炭素が取り込まれます。血中の二酸化炭素濃度が上がると、身体は酸素が不足したと判断し、血管を拡張して酸素を送り出します。血管が拡張されると、流れる血液の量も増えますよね。結果、血行が促進されるというわけです。

 血行が促進されると、代謝が上がって運動の消費カロリーが高まったり、体内の老廃物を体外に排出したり、身体が温まってむくみや肩こりを改善したりすることができます。

 炭酸水の飲み方

 炭酸水が美容にいいからといって、飲み過ぎるのはよくありません。また、炭酸水に限らず、冷たい飲み物は身体を冷やしてしまいます。

 炭酸水の飲み方を紹介します。

炭酸水は無糖のものを選ぶ

 当たり前ですが、炭酸が入っている飲み物であれば、何でもいいというわけではありません。コーラやビールなど、カロリーや糖質の高い炭酸水は痩せません。必ず無糖の炭酸水を選びましょう。

効果が高まる飲み方

 炭酸水はいつ飲んでもいいですが、効果をしっかり得るためには飲む時間帯や飲む量が大事です。

起床後に飲む

 就寝中は腸も休んでいます。朝一番に身体に入れる食べ物や飲み物で、腸が起きるのです。中でも、朝一番の炭酸水は腸の蠕動運動をより活発にすることができます。また、炭酸水に含まれているマグネシウムが腸内に水分を届けてくれるので、便意を促すことができます。便秘に悩む方は、起床後に炭酸水を飲みましょう。

食前に、500ml飲む

 炭酸水を食前に飲むことで満腹感を得られやすくなりますが、500ml以上飲むようにしましょう。100ml程度の量では、胃と脳の中枢神経が刺激されるため、食欲がわいてしまい、食べ過ぎてしまいます。飲む時は、炭酸を味わうようにゆっくり飲んでください。一気飲みすると、ゲップが出やすくなったり、胃腸に負担をかけたりしてしまいます。

入浴する30分前に飲む

 湯船に浸かるだけで血行を促進できますが、入浴する前に炭酸水を飲むことで、血管が拡張しやすくなり、血行をより促進することができます。水分を摂取してから体内に取り込まれるまで30分程かかるといわれているので、入浴する30分前に炭酸水を飲みましょう。

 おすすめの炭酸水

安いのは「サンガリア 伊賀の天然水 炭酸水

 三重県伊賀市で採水した天然水を使用した炭酸水です。軟水に炭酸を加えたものなので、お腹を壊しやすい日本人にピッタリです。価格も一本あたり60円前後。毎日飲むなら、安全でリーズナブルな炭酸水がいいですよね。

美味しいのは「ペリエ

 日本のレストランのメニューでも見かけるペリエ。南フランスのヴェルジェーズという町で採水した鉱泉水です。硬度400.5mg/Lの硬水で、カルシウムやマグネシウムを豊富に含んでいます。硬水には便を柔らかくする効果があるので、頑固な便秘の方におすすめです。

 レモン炭酸水

 炭酸水は味がないので、たまには味がついている炭酸水を飲みたいと思う方もいらっしゃると思います。このような場合は、レモンで炭酸水をアレンジしましょう。

レモンのダイエット効果

 レモン果汁のカロリーは、大さじ一杯あたり4kcalです。4kcalなら、コーラやビールなどの他の炭酸飲料よりも低カロリーですよね。レモンに含まれているクエン酸には、疲労回復効果の他、脂肪の燃焼や老廃物の排出を促す働きがあります。また、ヘスペリジン、エリオシトリンという成分は脂肪の吸収を抑えてくれるのだとか。炭酸水にレモン果汁を加えることで、ダイエットにより効果を期待できそうですね。

作り方

 炭酸水200mlに対して、レモン果汁を大さじ一杯入れるだけです。レモンを搾ってもいいですが、お金も手間もかかりますよね。市販のレモン果汁でも同じ効果を得られるので、上手く活用しましょう。

 まとめ

 炭酸水を飲んで得られる効果や飲み方、おすすめの炭酸水、炭酸水のアレンジを紹介しました。

 炭酸水を飲むと、少量の食事で満腹感を得られたり、便秘を改善したり、血行を促進したりするなどの効果が得られ、食べ過ぎや身体の冷えを防止することができます。無糖の炭酸水を、朝一番や食事する前、入浴する前に飲めば効果的ですよ。炭酸水にレモン果汁を加えれば、レモンに含まれているクエン酸やヘスペリジン、エリオシトリンがダイエットの効果を高めてくれます。お気に入りの炭酸水を見つけて、楽しく無理なくダイエットしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする