七夕の由来は?短冊や笹を飾る理由、片付け方

 七月七日が近づくと、学校やショッピングモールに笹が飾られますね。また、全国各地で七夕祭りが行われ、七夕は子どもから大人まで楽しめる行事ですが、七夕がどのようにして生まれたのか、いつから笹や短冊を飾るようになったのかご存じですか?

 七夕の由来、笹や短冊を飾る理由、片付け方を紹介します。

 七夕の由来

 七夕といえば、織姫と彦星が年に一度天の川を越えて会える日ですが、何故、二人は年に一度しか会えないのでしょうか。また、今では「七夕」と書いて「たなばた」と読むのが一般的ですが、もともと「しちせき」と読まれていました。七夕は七月七日の夕方を指すのですが、何故、「たなばた」と読まれるようになったのでしょうか。

 織姫と彦星の伝説、七夕を「たなばた」と読む由来をみていきましょう。

織姫と彦星の伝説

 天の川の西側に、織姫が住んでいました。織姫は機織りがとても上手で、織り上げた布をお父さんである帝に渡し、帝を喜ばせていました。帝は織姫にいい人と出会って幸せになってほしいと考え、天の川の東側に住む彦星を織姫に紹介し、二人は結婚することになったのです。

 織姫の幸せを願って結婚を認めた帝でしたが、夫婦仲がとても良い二人は二人で過ごす時間を何よりも優先し、全く働かなくなりました。このままではいけないと考えた帝は天の川を挟んで、二人を離しました。仕事をせずに二人の時間をずっと過ごしてきた二人は悲しみに暮れました。

 自分が決めたことだとはいえ、二人を可哀想に思った帝は、七月七日の夜にだけ二人が会うことを認めました。こうして、帝から指示を受けたカササギが天の川の橋渡しをし、織姫と彦星は年に一度会うようになったのです。

 小学校の理科の授業で習う夏の大三角形であること座、わし座、白鳥座はこの伝説を表しています。こと座の一等星ベガを織姫、わし座の一等星アルタイルを彦星、白鳥座の一等星デネブをカササギに模しているのです。七月七日に、夏の夜空を見上げて、夏の大三角形を探してみるのもいいですね。

七夕を「たなばた」と読む由来

 昔、日本では機織機でつくった布を神様にお供えしたり、税として納めたりしていました。また、お盆前には祖霊を迎える準備として、水辺の機屋で、乙女が棚を用意して機を織っていました。棚を用意して機を織るというこの行為は「棚機(たなばた)」と呼ばれており、先述した七夕のストーリーとあわさって、七夕を「たなばた」と読むようになったのです。

 笹や短冊を飾る理由

 七夕といえば、短冊に願い事を書いて笹に飾りますが、この風習はいつ、どのようにして生まれたのでしょうか。

笹を飾る理由

 まず、笹を飾る風習が生まれたのは短冊飾りが生まれるよりもずっと前です。空に向かってぐんぐん伸びていく笹には厄除けの力があり、昔から神聖なものとして扱われてきました。

 室町時代には、織姫と彦星にお供え物をし、機織の上達を祈願する風習があったのですが、お供え物の横に「お供え物があります。」という目印として笹を飾っていました。

 やがて、お供え物を笹に掛けるようになり、七夕飾りが生まれました。

短冊に願い事を書く理由

 短冊に願い事を書く風習が生まれたのは江戸時代。寺子屋で学んでいた子ども達が、サトイモの葉っぱにたまった水で墨をすって、文字の上達を願って、短冊に文字を書いていました。サトイモの葉っぱにたまった水は神様からの頂きものだと考えられており、この水を使って墨をすり、文字を書くことで、文字が上手になるといわれていたのです。文字の練習をしながら、文字が上手になるように願い事をしていたのですね。

 やがて、文字の上達を願うだけでなく、豊作や大漁を願ったり、長寿を願ったりと、願い事の幅が広がっていきました。

七夕に願い事をする由来

 中国では、機織りが上手な織姫のように機織りが上手になりたいと祈る「乞巧奠(きっこうでん)」というお祭りが行われていました。乞巧奠が中国から日本に伝わり、日本で昔から行われていた棚機とあわさって、七夕に願い事をするという風習が生まれ、やがて、短冊に願い事を書く風習とあわさったのです。

 このような経緯を考えると、短冊に書く願い事は「おもちゃが欲しい。」というような願い事よりも、習い事や仕事、健康に関する願い事を書くほうが適しているのかもしれませんね。

 笹や短冊の片付け方

 七夕が終わったら、笹や短冊を片付けなければいけませんが、いつ、どのように片付けたら良いのでしょうか。

 七夕は七月七日の夜の行事なので、翌日の八日には片付けるようにしましょう。昔は笹を川に流していましたが、今同じように流すと不法投棄になります。川に流さず、ごみ袋に入る大きさまで切るなどして、ごみの日に出してください。願い事を書いた短冊をごみとして出すのに抵抗がある方が多いと思います。お寺や神社に持参すれば、焚き上げしてもらえるので、焚き上げを受け付けているかを問い合わせてみてください。

 まとめ

 七夕の由来、笹や短冊を飾る理由、片付け方を紹介しました。

 昔短冊に書かれていた願い事は、文字の上達、豊作や大漁、長寿などでした。短冊に書く願い事は「おもちゃが欲しい。」というような願い事よりも、習い事や仕事、健康に関する願い事を書くほうが本来適しているのかもしれません。

 七夕は七月七日の夜の行事なので、翌日の八日には笹や短冊を片付けるようにし、笹はごみの日に出し、短冊はお寺や神社に持参して、焚き上げしてもらってくださいね。

 七月七日は、夏の夜空を見上げて、織姫と彦星のストーリーを思い浮かべながら、願い事を天に届けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする