七夕にそうめんを食べる由来、込められた意味

 桃の節句にちらし寿司を、端午の節句に柏餅やちまきを食べるように、七夕にも行事食があることをご存じですか?なんと、その定番の食べ物はそうめん!何故、そうめんなのでしょうか?

 七夕にそうめんを食べる由来、込められた意味を紹介します。

七夕にそうめんを食べる由来

 7月7日は何の日かと尋ねられたら、多くの方が「七夕」と答えますよね。しかし、7月7日はそうめんの日でもあります。全国乾麺協同組合連合会が7月7日をそうめんの日に設定しているのです。2月9日が肉の日というのは分かりますが、7月7日とそうめんはどのような関係があるのでしょうか。

 七夕にそうめんを食べるかどうかは、地域によって異なりますが、北海道や東北地方では七夕にそうめんを食べるのが定番です。しかし、七夕にそうめんを食べる風習が生まれる前に、索餅(さくべい)というお菓子を食べる風習があったのだとか。

 索餅は小麦粉とお餅の粉を混ぜて練り、縄の形にして揚げたお菓子です。昔から中国で親しまれてきたお菓子で、今でも中国のスーパーやお土産屋で売られています。

 索餅を食べる風習、そうめんを食べる風習が生まれた背景を順番にみていきましょう。

索餅を食べる風習が生まれた背景

 七夕に索餅を食べる風習が生まれたのは、中国の宋の時代にまで遡ります。7月7日に、宋の皇帝の子どもが疫病で亡くなりました。子どもが亡くなって以降、世間で病が流行しました。子どもの祟り(たたり)が原因で病が流行しているのだと考えた民は、子どもの怒りを鎮めようと、子どもが大好きだった索餅をお供えしました。すると、病の流行がおさまったのです。それ以降、中国では、無病息災を祈って、7月7日に索餅を食べるようになりました。

 やがて、7月7日に索餅を食べる風習が日本に伝わり、日本でも七夕に索餅をお供えするようになりました。最初は宮中のみで行われていた風習でしたが、時を経て庶民にも広まり、多くの人々が7月7日に索餅を食べるようになりました。

そうめんを食べる風習が生まれた背景

 索餅を実際に食べてみると分かるのですが、索餅はせんべいのように硬いです。噛む力が弱い子どもやお年寄りは索餅を食べにくく、同じ小麦粉からできている食べやすいそうめんを食べるようになったといわれています。

 また、中国では、機織りが上手な織姫のように機織りが上手になりたいと祈る「乞巧奠(きっこうでん)」というお祭りが行われていました。機織りで使う糸にそうめんを見立てて、七夕にそうめんを食べるようになったという説、天の川をそうめんに見立てたという説もあります。

そうめんに込められた意味

 そうめんは生地を引っ張って延ばすことを何度も何度も繰り返し、麺を細くします。うどんは生地を伸ばして切るので、伸ばした生地よりも長くなることはありませんが、そうめんは生地を伸ばして、麺を細くするので、うどんよりも遥かに長い麺になります。

 長い麺を食べると聞くと、そうめんに込められた意味が想像できますね。そう、そうめんを食べると長生きするといわれているのです。もともと、無病息災を祈って索餅を食べる風習が変化して食べるようになったそうめん。長生き、無病息災という2つの願いがそうめんに込められているのです。

まとめ

 七夕にそうめんを食べる由来、込められた意味を紹介しました。

 七夕にそうめんを食べる風習が生まれる前、そうめんではなく、索餅という小麦粉を使った硬いお菓子が食べられていました。噛む力が弱い子どもやお年寄りは索餅を食べにくかったので、同じ小麦粉からできている食べやすいそうめんを食べるようになったといわれています。また、織姫が機織りで使う糸にそうめんを見立てて、七夕にそうめんを食べるようになったという説、天の川をそうめんに見立てたという説もあります。

 そうめんは長いので、そうめんを食べると長生きするといわれています。もともと、無病息災を祈って索餅を食べる風習が変化して食べるようになったそうめん。長生き、無病息災という2つの願いがそうめんに込められているのです。

 7月7日は既に暑い時期。喉越しが良くサッパリしたそうめんは七夕に食べるにはピッタリですね。長生き、無病息災を願って、そうめんを食べましょう。

====================

あわせて読みたい記事
七夕の由来、笹や短冊を飾る理由、片付け方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする