歯周病の原因と症状、引き起こす病気、歯磨きのポイントと予防法

 日本メーカーの化粧品や日用品は、品質が良く海外でも大人気ですが、品質が良いデンタルケア用品が充実しているにもかかわらず、日本人は歯周病ケアの後進国だとご存じですか?

 歯周病の原因と症状、引き起こす病気、歯磨きのポイントと予防法を紹介します。

歯周病の原因と症状

 歯周病は歯茎の間に細菌(歯石歯垢)が生息することによって起きます。症状は口臭歯茎の腫れなどです。

 歯周病は症状が現れにくく、自分では気付きにくい病気です。

 次のような症状が現れていないか、チェックしてみましょう。

・起床時に口内がネバネバする
・歯を磨くと出血する
・冷たいものを食べると、歯肉がしみる
・歯茎が腫れている
・歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい
・口臭がある
・歯茎が下がっている
・硬い食べ物を噛むのが大変
・歯がぐらついている

 チェックが複数ある方は既に歯周病になっている可能性があるので、歯医者で検査してもらいましょう。

引き起こす病気

 日本人の歯周病の有病率は、高齢になればなるほど高くなるといわれています。60代では90%、30~50代では80%、20代では70%が歯周病なのだとか。高齢になれば有病率が上がるのは想像できますが、20代の70%が歯周病だというのは驚きですよね。

 歯周病と聞くと、歯の病気だというイメージがありますが、歯周病が引き起こすのは歯のトラブルだけではありません。

 例えば、歯周病は認知症を悪化させたり、心筋梗塞脳梗塞のリスクを2.8倍も高めたりすることが研究で判っています。歯と歯茎の間にできる歯周ポケットから、歯周病菌や毒素が血管に入り、血中に悪玉コレステロールが増えると、脂肪の塊ができて、血管が狭くなります(動脈硬化)。動脈硬化が進行すると、認知症、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすのです。

歯磨きのポイント

 歯周病を予防するのが一番ですが、先述したように、20代でさえも70%が歯周病になっています。歯周病をケアする歯磨きのポイントをみていきましょう。

 歯周病菌は歯と歯茎の境目コンタクトポイント(歯と歯が接触している箇所)の二箇所に棲んでいます。この二箇所を特に丁寧に歯磨きすることが大事です。

★歯と歯茎の境目のブラッシングのポイント
歯と歯茎の境目に歯ブラシを45度の角度で当てて、15秒程度、小刻みに動かします。

★コンタクトポイントのブラッシングのポイント
歯間ブラシ、デンタルフロスを使って、歯間の汚れを取り除きます。歯間ブラシを使う場合は、針金を曲げて、歯間に入れやすい角度に調整しましょう。ブラシの太さは歯間より少し細めを選んでください。

 歯間ブラシ、デンタルフロスは消耗品ですが、1本を何日も使い続けていませんか?衛生面を考慮して、1ヶ月に1度は交換し、針金がぐらつきやすくなったら、1ヶ月経過していなくても、その都度交換するようにしてください。

 ちなみに、歯ブラシを交換する目安も1ヶ月に1度です。1ヶ月よりも短い期間で、歯ブラシの毛先がばらつくようなら、歯ブラシを歯に当てる力が強いかもしれません。当てる力が強いと、歯茎を傷つける可能性があるので、力を加減しましょう。

予防法

 歯周病を含めて、歯のトラブルを予防するためには、年齢が小さいうちから正しく歯磨きすること、定期的に歯科検診を受けることが大事です。

年齢が小さいうちから歯磨きする

 歯磨きは乳歯が生えてから始めればいいと思っていませんか?小学校に入る前に、子どもに正しく歯磨きする習慣を身につけてもらいたいなら、乳歯が生えていない頃からデンタルケアをすることが大事です。

 授乳後やミルクを飲ませた後には、柔らかい歯ブラシを口に入れて、赤ちゃんに「食後は歯磨きする」という行動を覚えてもらいましょう。歯が生えていなくても、食後に歯磨きをするという行動を繰り返すことで、将来的に歯磨きのトレーニングがスムーズに進みます。

定期的に歯科検診を受ける

 歯科検診は費用がかかるので、歯のトラブルがなければ受けない方が多いと思います。歯のトラブルがないのにお金を払うのは躊躇われるかもしれませんが、歯のトラブルが起きてから歯医者に通うとなると、お金をもっと払うことになります。予防を兼ねて、定期的に歯科検診を受けましょう。

まとめ

 歯周病の原因と症状、引き起こす病気、歯磨きのポイントと予防法を紹介しました。

 歯周病になると、歯茎の間に細菌(歯石や歯垢)が生息することによって、口臭がしたり、歯茎が腫れたりします。歯周病菌は歯と歯茎の境目、コンタクトポイント(歯と歯が接触している箇所)の二箇所に棲んでいます。この二箇所を特に丁寧に歯磨きすることが大事です。また、歯周病を含めて、歯のトラブルを予防するために、年齢が小さいうちから正しく歯磨きしたり、定期的に歯科検診を受けたりしましょう。

 忙しい朝、寝る直前などの歯磨きは適当になりがちです。ちゃんと歯磨きしているつもりでも、歯の汚れを落としきれていないかもしれません。大人も子どもも、今日から正しく歯磨きする習慣を身につけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする