隠れ新型栄養失調が急増中!原因は?症状や対策は?

 最近耳にするようになった「新型栄養失調」という言葉。「お金があればほぼ何でも手に入るこのご時世に、栄養失調になる人がいるの!?」と驚く方が多いと思いますが、戦時中の栄養失調とは違うようです。

 新型栄養失調の原因、症状、予防と対策を紹介します。

 原因

 先述したように、新型栄養失調と栄養失調は異なります。新型栄養失調は日本人女性や70歳以上の高齢者がなりやすいといわれています。

 原因は一言でいうと食生活の乱れです。食生活の乱れといっても、一日3食摂っているのに新型栄養失調になる方もいて、隠れ新型栄養失調患者が急増しているそうです。

 原因を詳しくみていきましょう。

タンパク質の不足

 タンパク質は、肉や魚などの食事のメインになる食材に多く含まれています。日本人女性はダイエットに励む方が多く、野菜だけを食べるダイエットをしたり、食事量を減らしたりするなどの食事制限をしがちです。また、お年寄りになると、硬い物を食べられなくなり、肉を避けてしまいがちです。

 タンパク質は英語でprotein(プロテイン)ですね。プロテインは筋肉づくりに欠かせない栄養素です。肉や魚を食べなければ、タンパク質が不足して、筋肉量が低下します。筋肉量が低下すると、体力がなくなって疲れやすくなったり、基礎代謝が落ちて、痩せにくくなったりしますよ。

炭水化物の過剰摂取

 飲み会の後にラーメンが欠かせないという方や定食のご飯を大盛りにするという方は、炭水化物を必要以上に摂取しているかもしれません。炭水化物は糖質と食物繊維が合わさったもの。食物繊維と聞くと、炭水化物をたくさん摂ったほうが身体にいい気がしますが、もれなく糖質がついてきます。糖質は体内で脂肪としてたまってしまいます。脂肪は肥満のもとですね。

脂質の過剰摂取

 駅前でも郊外でも、今やどこにでもあるファーストフード店。注文してすぐに受け取れることやリーズナブルな価格で食べられることから、朝ごはんや昼ごはんをファーストフードで済ませる方が増えています。しかし、ファーストフードには脂質が含まれています。

 脂質を必要以上に摂取すると、糖質と同じように、体内で脂肪としてたまってしまいます。

 一日3食摂っていたとしても、その食事内容が野菜だけでは多くの栄養素が不足しますし、ファーストフードだけでは脂質ばかりになってしまいます。物を食べられなくて、全体的に栄養素を摂取できない栄養失調に対して、新型栄養失調は食事内容に偏りがあって、特定の栄養素しか摂取していないのです。

 症状

むくみ

 むくみを解消するにはふくらはぎにある筋肉が必要です。
(関連記事:「足がむくむ原因、予防や対策法とおすすめグッズ」)

 しかし、先述したように、タンパク質が不足すると、筋肉量が低下します。また、運動しても筋肉がつかないので、身体がむくんでしまいます。

疲れやすくなる

 先述したように、タンパク質や脂肪を必要以上に摂取することによって、体内で脂肪としてたまってしまいます。私達が活動するうえで、ある程度の脂肪量は必要ですが、脂肪がエネルギーとして燃焼されなければ、免疫力が落ちたり、筋力が低下したりし、身体が疲れやすくなります

 予防と対策

 新型栄養失調の原因は食生活の乱れ、具体的にいえば、食事内容に偏りがあり、特定の栄養素しか摂取していないことでしたね。

 では、新型栄養失調にならないために、何をすればいいのでしょうか?答えは簡単。バランスのいい食事を摂ればいいのです。言うのは簡単ですが、バランスのいい食事を摂るって意外と難しいんですよね。

 朝は忙しくて朝ごはんを食べられなかったり、昼も忙しくてコンビニのおにぎりやファーストフードのセットを選んでしまったり、夜は付き合いで飲み会やラーメン屋に行ったり・・・

 バランスのいい食事のイメージが湧かない方は、
・主食(ご飯やパンなど)、主菜(肉や魚など)、副菜(野菜など)を食べること
・主食と主菜を食べ過ぎないこと
の2つを念頭において食事しましょう。もし、主食と主菜を食べ過ぎたと感じたら、次の食事では主食と主食を減らして副菜を多めに食べるなど、1食ではなく3食でバランス良く食べることを心がければ難しくありませんよ。

 まとめ

 新型栄養失調の原因、症状、予防と対策を紹介しました。

 新型栄養失調の原因は食生活の乱れです。タンパク質が不足したり、炭水化物や脂質を過剰摂取したりすることで、身体がむくんだり、疲れやすくなったりします。新型栄養失調を予防、改善するためには、バランスのいい食事を摂る事が大事です。難しく考えずに、主食、主菜、副菜を食べること、主食と主菜を食べ過ぎないことを念頭において食事すれば大丈夫。バランスのいい食事を摂って、むくみや疲れ知らずの身体をつくりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする