お歳暮のお返しの仕方、御礼の伝え方と贈り方

 お歳暮を贈ったことがある方なら分かると思いますが、お歳暮を選ぶのは大変ですよね。毎年贈り続けていると、「去年はあれを贈ったけど、今年は何を贈ろう。」と品物に悩むもの。自分が贈っていない相手からお歳暮が届いたら、相手に失礼に当たらないように御礼をしたいですね。

 相手別に、お歳暮のお返しの仕方、御礼の伝え方と贈り方を紹介します。

 お歳暮にお返しは必要なの?

 バレンタインデーでプレゼントをもらったら、ホワイトデーでお返しをしますが、お歳暮をもらったら、お返しは必要なのでしょうか?

 結論からいうと、お歳暮にお返しは不要です。お歳暮はお世話になった人に一年間の感謝の気持ちを込めて贈るもの。お歳暮には御礼の意味合いが含まれているので、御礼に対してお返しする必要はありません。

 御礼するなら御礼状?それとも電話?

 お歳暮にお返しは必要ないからと言って、「何もしなくていい」ということではありません。お歳暮をいただいたら、できるだけ早く御礼をするのが礼儀です。御礼には、御礼状を送る、電話をかけるという2つの手段がありますが、どちらが良いのでしょうか?

 相手別に、お歳暮をいただいた場合の御礼の仕方をみていきましょう。

相手が目上で、面識が少ない場合

 普段会わない、面識が少ない目上の方からお歳暮をいただいたら、お歳暮をいただいてから3日以内御礼状を出します。お歳暮が届くのは12月ですよね。年末に御礼状を出すと、年賀状と重なってしまいます。だからといって、年賀状に「お歳暮を受け取りました。」、「ありがとうございました。」と書くのは失礼です。年賀状と御礼状の目的は全く異なるので、年賀状と重ならないように、お歳暮をいただいたらすぐに御礼状を送るようにしましょう。

 御礼状はハガキで送っても構いませんが、封書で送るほうがハガキに比べて手間がかかるので、相手に感謝の気持ちが伝わりやすいです。御礼状の中身は、ただ「ありがとうございました。」で済ませるのではなく、いただいたお歳暮に対する感想や相手を気遣う気持ちを綴ってください。御礼状の中身を考えるのが苦手で、定型文を使う方もいらっしゃると思いますが、毎年定型文を使って御礼状を送っていると、相手に感謝の気持ちが伝わらないどころか、「毎年同じことを書いている。」と思われて失礼に当たりかねません。お歳暮に対する感想を綴れば、御礼状の中身は毎年異なるものになります。もし、毎年同じようなお歳暮をいただいているなら、お歳暮に対する感想と共に、いつ、誰と食べた(使った)などの感想を綴ると、相手も「贈った甲斐があった。」と感じるのではないでしょうか。

 中には、「お歳暮が届いてすぐに御礼するなら、御礼状より電話がいいのでは?」と思う方もいらっしゃると思いますが、こちらからかけた電話に相手を出させるということは、相手の大切な時間を奪うこと。御礼を伝えるのに、相手を呼び出すのは、電話であっても失礼に当たるとされています。よほど親しい間柄でない限り、電話で御礼を伝えるのは控えましょう。

親族や友人など、普段から連絡を取り合っている場合

 普段から連絡を取り合っているような親族や友人であれば、かしこまった御礼状より、電話で御礼を伝えるほうが自然です。相手の近況を聞いたり、こちらの近況を知らせたりしがてら、御礼を伝えましょう。

 品物を贈って御礼したい

 先述したように、いただいたお歳暮にお返しは不要です。しかし、中には、お歳暮の贈り主に品物を贈って御礼がしたいという方もいらっしゃると思います。このような場合は、「お返し」ではなく、こちらも「お歳暮」を贈りましょう。お歳暮をいただいてからお歳暮を贈る場合、注意したいのが、お歳暮を贈る時期に当てはまっているかどうか、また、お歳暮の金額です。

 お歳暮の時期に贈ることができるなら「お歳暮」で構いませんが、時期を過ぎて贈るなら「お年賀」で贈ります。のしの表書きには気を付けましょう。

 お歳暮の金額は、いただいたお歳暮の金額の程度を目安にします。いただいたお歳暮より高いお歳暮を贈ると、相手が「『今後はお歳暮を贈るのを控えてほしい。』と、間接的に言っているのかもしれない。」と考え、失礼に当たったり、勘違いしたりしてしまうからです。もし、お歳暮を贈るのを控えてほしいなら、これっきりにしたいことが伝わる言葉(例えば、「どうぞ、今後は気を遣わないでください。」など。)を添えて、いただいたお歳暮の金額の2倍程度のお歳暮を贈りましょう。

 まとめ

 相手別に、お歳暮のお返しの仕方、御礼の伝え方と贈り方を紹介しました。 

 お歳暮には御礼の意味合いが含まれているので、御礼に対してお返しする必要はありません。しかし、お歳暮をいただいたら、できるだけ早く御礼をするのが礼儀です。

 普段会わない、面識が少ない目上の方からお歳暮をいただいたら、お歳暮をいただいてから3日以内に御礼状を出します。お歳暮が届くのは12月。年賀状と重ならないように、お歳暮をいただいたらすぐに御礼状を送るようにしましょう。

 普段から連絡を取り合っているような親族や友人であれば、かしこまった御礼状より、電話で御礼を伝えるほうが自然です。相手の近況を聞いたり、こちらの近況を知らせたりしがてら、御礼を伝えましょう。

 お歳暮の贈り主に品物を贈って御礼がしたい場合、お歳暮を贈る時期、お歳暮の金額の2点に注意しましょう。お歳暮の時期に贈ることができるなら「お歳暮」で構いませんが、時期を過ぎて贈るなら「お年賀」で贈ります。また、お歳暮の金額は、いただいたお歳暮の金額の半分程度を目安にします。もし、お歳暮を贈るのを控えてほしいなら、これっきりにしたいことが伝わる言葉を添えて、いただいたお歳暮の金額の2倍程度のお歳暮を贈りましょう。

 相手はあなたの顔を思い浮かべながらお歳暮を選んでいます。相手に失礼に当たらないように、感謝の気持ちを伝えましょう。

====================

あわせて読みたい記事
上司や取引先、義両親など、目上の方にお歳暮を贈る時期、のしや贈り方
取引先や義両親に喜ばれるお歳暮の選び方と注意点
お歳暮を贈らなければいけない期間、やめるタイミングとやめ方
お歳暮を贈ってはいけない場合と喪中の時の贈り方の注意点

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする