上司や取引先、義両親など、目上の方にお歳暮を贈る時期、のしや贈り方

 お世話になった方に、一年間の感謝の気持ちを伝えるお歳暮。お歳暮は「年の暮れ」と書くように年末に贈るものですが、頭では「年末に贈るものだ。」と分かっていても、忙しさのあまり、毎年お歳暮を慌てて準備する方が多いのではないでしょうか。

 上司や取引先、義両親など、目上の方にお歳暮を贈る時期、のしや贈り方を紹介します。

 お歳暮を贈る時期

 年末に贈るお歳暮ですが、具体的にはいつからいつまでに贈れば良いのでしょうか?また、贈る時期を逃してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

 順にみていきましょう。

お歳暮はいつからいつまでに贈る?

 お歳暮を贈る時期は12月13日から12月20日までといわれています。贈り始める日が12月13日である理由は、12月13日が「正月事始め」といって、正月を迎える準備をし始める日だから、また、贈り終える日が12月20日である理由は、20日を過ぎるとどの企業もどの家庭も、年越しや正月事始めで忙しくなるからです。

 しかし、最近では11月末に贈り始める方も増えています。これは、百貨店や通信販売などで、お歳暮商戦が始まり、早くにお歳暮を購入、手配すると、早期割引が適用されるという影響があるためだと考えられます。

 12月13日から12月20日までに贈るお歳暮ですが、地域によって時期が少し異なります。関東では12月上旬から12月31日まで、関西では12月13日から12月31日までに贈ります。

 12月31日までに贈るといっても、仕事納めの翌日に実家に帰省する家庭が多く、中には、12月28日頃以降受け取ることができない家庭もあります。正月に食べてほしい生鮮食品を贈る場合は年末に届くようにし、それ以外のものを贈る場合は12月20日までに贈るように心がけましょう。

贈る時期を逃したらどうする?

「お歳暮を贈りたかったのに、時期を逃してしまった!」という方は、「お年賀」や「寒中見舞い」として贈ってください。

 「お年賀」は、関東では1月1日から1月7日まで、関西では1月1日から1月15日までに贈ります。

 1月7日や1月15日を過ぎて贈る場合は、立春である2月4日までに「寒中見舞い」として贈ります。

 のし紙の表書きには、くれぐれも注意しましょう。

 のし

 百貨店でお歳暮を購入すると、店員が準備してくれるのし。店員に任せる方が多いと思いますが、店員からのしについて尋ねられた時に答えられるよう、のしについて確認しておきましょう。

のし紙とは?

 

 百貨店で贈答品を購入すると、店員から「のし紙はどうしますか?」ときかれますよね。

 「のし」は鮑を削いで干したものを指します。昔、神様にお供えする生ものが新鮮で、穢れのないものであることをお知らせする目的で、生ものにのしを添えてお供えしていました。贈り物を和紙で包み、水引で結んで、のしを添えるのが正式なマナーですが、現在では、右上に付いている飾り(のし)と飾り紐(水引)がプリントされたのし紙を使うのが一般的になっています。

内のしと外のしの違いは?

 贈答品を購入すると、店員から「内のしと外のし、どちらにしましょうか?」と尋ねられ、「どちらでもいいです。」、「どう違うんですか?」と答えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 内のしは、品物にのし紙を直接かけて、その上から包装する方法で、相手に控えめに贈りたい場合に選びます。

 一方、外のしは、品物を包装して、その上からのし紙をかける方法で、相手に贈り物を強調したい場合に選びます。相手を訪問して、お歳暮を直接渡す場合は外のしが一般的です。

 贈り方

 お歳暮の贈り方には、直接手渡す、送るという2つの方法があります、

直接手渡す場合

 相手を訪ねる前に必ずアポイントメントを取りましょう。お歳暮を渡す年末は、自分だけでなく相手も忙しい時期です。アポイントメント無しに突然訪ねると、相手が不在だったり、相手の時間を奪ったりすることになり、失礼に当たります。

 お歳暮を相手に渡す時には、紙袋からお歳暮を出して、相手が表書きを読みやすいように向きを整えて渡します。

お歳暮を送る場合

 お歳暮は相手の元に出向いて、直接会って渡すのがマナーですが、最近ではお歳暮を通信販売で手配できるため、宅配業者を利用する方が多いです。しかし、宅配業者を利用するなら、顔が見えないぶん、マナーにより一層気を付けたいですよね。

 お歳暮を送るなら、送り状、配達日時に気を付けましょう。

送り状

 送り状はお歳暮に同封してもかまいませんし、お歳暮が相手に届く前に送ってもかまいません。

 送り状はこの品物がお歳暮であること、もしくは、お歳暮を後日送ることを伝える文書です。

 具体的には、
・時候の挨拶
・感謝の気持ち
・この品物がお歳暮であること、もしくは、お歳暮を後日送ること
・結語
・日付と著名
を記載します。

 パソコンなどで文書を打ち込むより手書きが、また、ハガキより封書が丁寧で望ましいです。

配達日時

 宅配業者に頼んで、お歳暮を配達してもらうなら、曜日と時間を指定しましょう。

 相手が取引先なら、月曜日から金曜日の営業時間に届くように指定します。営業時間外に届くと、相手が受け取れませんよね。相手が受け取れなければ、再配達の手配をさせてしまうことになり、相手に手間をとらせてしまいます。

 また、相手が共働きの夫婦なら、月曜日から金曜日の夜間や土曜日、日曜日などの休日に届くように指定します。冷蔵物や冷凍物は、土曜日や日曜日の夕方に届くように指定すれば、その日の食卓に早速並べられるかもしれませんね。

 まとめ

 上司や取引先、義両親など、目上の方にお歳暮を贈る時期、のしや贈り方を紹介しました。

 お歳暮を贈る時期は12月13日から12月20日までといわれています。「お歳暮を贈りたかったのに、時期を逃してしまった!」という方は、「お年賀」や「寒中見舞い」として贈ってください。のし紙の表書きには、くれぐれも注意しましょう。

 また、内のしは、品物にのし紙を直接かけて、その上から包装する方法で、相手に控えめに贈りたい場合に選びます。一方、外のしは、品物を包装して、その上からのし紙をかける方法で、相手に贈り物を強調したい場合に選びます。のし紙のかけ方に悩んだら、店員に相談してください。

 お歳暮を直接手渡す場合は相手を訪ねる前に必ずアポイントメントを取ります。お歳暮を送る場合は送り状を添えて、取引先に送るなら月曜日から金曜日の営業時間内に届くように、共働きの夫婦に送るなら、月曜日から金曜日の夜間や土曜日、日曜日などの休日に届くように配達日時を指定しましょう。

 お世話になった方に、一年間の感謝の気持ちを伝えるお歳暮。早めにお歳暮を手配して、ゆったりした気持ちで、年末を迎えましょう。

====================

あわせて読みたい記事
取引先や義両親に喜ばれるお歳暮の選び方と注意点
お歳暮を贈らなければいけない期間、やめるタイミングとやめ方
お歳暮のお返しの仕方、御礼の伝え方と贈り方
お歳暮を贈ってはいけない場合と喪中の時の贈り方の注意点

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする