お歳暮を贈らなければいけない期間、やめるタイミングとやめ方

 お世話になった人に一年間の感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮ですが、お歳暮を贈り始めると、いつまで贈り続ければ良いのかと悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。やめるタイミングが分からず、疎遠になっている人に何年も贈り続けていませんか?

 お歳暮を贈らなければいけない期間、やめるタイミングとやめ方を紹介します。

 お歳暮を贈らなければいけない期間

 お歳暮は日頃お世話になっている人に贈るものなので、いつまで贈り続けるべきだという期間は決まっていません。お世話になっているかどうかという判断基準も人それぞれですよね。

 お歳暮を贈る期間として一つの目安になるのが3年間といわれています。というのは、最近では仲人を立てる人が少なくなりましたが、昔は結婚する時に仲人が男性と女性の仲をとりもっていて、仲人にお歳暮を贈るなら、3年間は贈るのが一般的だったからです。

 お歳暮を贈り始めてから2年が経ったら、疎遠になっている相手にお歳暮を贈るべきかどうか、次回でお歳暮をやめるかどうか、判断してみてはいかがでしょうか。「お歳暮をやめたら、相手と連絡をとる機会がなくなる。」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、品物を贈らなくても、年賀状や暑中見舞いなどで連絡をとることはできます。また、一年に一度しかお世話になっていないなら、お歳暮ではなく「御礼」として、品物を贈るのも一つの手段です。

 お歳暮をやめるタイミング

 お歳暮をやめるタイミングとして多いのが、
・相手や相手と親しくしていた家族が亡くなった時
・引っ越ししたり、異動したりして、相手と疎遠になった時
・育児や介護などで経済的余裕がなくなった時
・相手から「次回以降、お歳暮を遠慮したい。」と連絡があった時
などです。

 相手から「お歳暮を遠慮したい。」と言われると、お歳暮をやめやすいですよね。また、引っ越しや異動などでお世話になる機会が減ると、お世話になっている人に一年間の感謝の気持ちを伝えるために贈るという、お歳暮の目的から外れるので、お歳暮をやめやすいです。

 お歳暮をやめると相手に失礼だと思われないかと心配する方もいらっしゃると思いますが、相手に一番失礼にあたるのは虚礼です。「去年も贈ったから、今年もお歳暮を贈っておこう。」、「お歳暮のやめ方が分からないから、贈りたくないけど贈っておこう。」というのは、相手に対する感謝の気持ちが込められていませんよね。「とりあえず贈っておく。」という気持ちがどこかにあるのであれば、お歳暮のやめ時かもしれません。

 お歳暮のやめ方

 お歳暮をやめるなら、相手に気を遣わせたり、不快な想いをさせたりしないやめ方をしたいですよね。

 お歳暮のやめ方は相手との関係性によります。

あなたがお歳暮を贈っていて、相手は贈っていない場合

 お歳暮を贈っても、相手からお返しがなく、御礼の電話や御礼状をいただくだけという場合です。このような場合は、何も言わずにやめても構いません。わざわざ「お歳暮を贈るのはこれっきりにしたい。」と連絡すると、相手に「何か不快に感じるようなことをしたかしら?」、「関係をやめたいのかしら?」と気を遣わせてしまうことになるかもしれません。何も言わずにやめると、相手は戸惑うかもしれませんが、「今年は贈られてこなかったな。」、「環境が変わったのかな。」と思って、お歳暮をやめることを察するでしょう。

 お歳暮を贈らなかった、お歳暮を贈らないことを連絡しなかったからといって、相手との関係を絶つ必要はありません。年賀状や暑中見舞いなどで、相手を気遣う気持ちを綴れば、ほど良い距離で相手との関係を保てるのではないでしょうか。

あなたも相手もお歳暮を贈っている場合

 お歳暮をやめるのに一番悩むのが、双方がお歳暮を贈り合っている場合です。お歳暮をやめることを連絡しなければ、相手からお歳暮が贈られてきますよね。相手が「私はお歳暮を贈ったのに、向こうから贈られてこなかった」と不快に感じたり、「何かあったのかしら?」と気を遣わせたりしてしまうかもしれません。たとえ相手と疎遠になっていたとしても、何年も贈り合い続けてきたお歳暮が突然途切れると、相手は気になります。だからといって、相手も「今年も何か贈ってくれましたか?」、「何かありましたか?」と連絡しづらいですよね。相手に気を遣わせないためにも、そして、相手との関係を良好に保つためにも、段階的お歳暮をやめましょう。

 お歳暮を最後に贈った年を一年目として、二年目は去年よりも低い金額のお歳暮を贈り、三年目にはお歳暮を贈らず、一年間の感謝の気持ちを伝える御礼状を年末に送ります。もし、お歳暮だけでなくお中元も贈っている場合は、まず、お中元をやめることから始めましょう。また、3年以上贈り続けている場合は、お歳暮の金額を減らすことから始めましょう。段階的にお歳暮をやめることで、お歳暮をやめることを、相手に間接的に伝えられます。

関連記事 → お歳暮のお返しの仕方、御礼の伝え方と贈り方

 段階的にお歳暮をやめるのではなく、スパッとやめたい方は、お歳暮に「これまでお世話になりました。」と一言添えるだけで、「今回のお歳暮が最後」だということが伝わります。

親族や友人など、気を遣わない相手の場合

 両親や義両親、親戚や友人など、普段から連絡を取り合っていて、気を遣わない相手の場合、「お歳暮をそろそろやめて、今後も気軽に付き合いたい。」と伝えるのが一番です。気を遣わない、何でも相談できる間柄であれば、ストレートに気持ちを伝えるほうが相手も嬉しいのではないでしょうか。

 まとめ

 お歳暮を贈らなければいけない期間、やめるタイミングとやめ方を紹介しました。

お歳暮は日頃お世話になっている人に贈るものなので、いつまで贈り続けるべきだという期間は決まっていませんが、一つの目安になるのが3年間といわれています。お歳暮を贈り始めてから2年が経ったら、次回でお歳暮をやめるかどうか、判断してみてはいかがでしょうか。

 お歳暮をやめるなら、相手に気を遣わせたり、不快な想いをさせたりしないやめ方をしたいですよね。あなたがお歳暮を贈っていて、相手は贈っていない場合は、何も言わずにやめても構いません。年賀状や暑中見舞いなどで、相手を気遣う気持ちを綴れば、ほど良い距離で相手との関係を保てるでしょう。

 あなたも相手もお歳暮を贈っている場合は段階的にお歳暮をやめましょう。去年よりも低い金額のお歳暮を贈り、次回はお歳暮を贈らず、一年間の感謝の気持ちを伝える御礼状を年末に送ります。段階的にお歳暮をやめるのではなく、スパッとやめたい方は、お歳暮に「これまでお世話になりました。」と一言添えるだけで、「今回のお歳暮が最後」だということが伝わります。

 親族や友人など、気を遣わない相手の場合は、「お歳暮をそろそろやめて、今後も気軽に付き合いたい。」と伝えるのが一番です。

 お歳暮をやめたからといって、相手との関係が終わるわけではありません。お歳暮をやめても良好な関係を保てるよう、相手に失礼に当たらないように気を付けましょう。

====================

あわせて読みたい記事
上司や取引先、義両親など、目上の方にお歳暮を贈る時期、のしや贈り方
取引先や義両親に喜ばれるお歳暮の選び方と注意点
お歳暮のお返しの仕方、御礼の伝え方と贈り方
お歳暮を贈ってはいけない場合と喪中の時の贈り方の注意点

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする