お宮参りの食事会はどこで何を食べるの?予算や支払いは?

 赤ちゃんが生まれて1ヶ月経った頃に行うお宮参り。お宮参りの記念として、お宮参りした後に写真館で写真撮影をしたり、食事会をしたりする方が多いですが、中には、「慣れない育児で疲れているんだけど、食事会をしないと駄目?」、「食事会をするなら、時間的な負担をできるだけ減らしたい!」と思うお母さん、お父さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

 お宮参りの食事会の場所や料理の選び方、予算や支払いについて紹介します。

 食事会では何をするの?

 赤ちゃんにとって初めてのイベントであるお宮参り。お宮参り後の食事会では、着飾った赤ちゃんをおじいちゃんやおばあちゃんにお披露目したり、お母さんやお父さんが、おじいちゃん達に「一緒にお宮参りしてくださって、ありがとうございます。」と感謝の気持ちを伝えたりします。

 食事会は必ずしなければ駄目?

 食事会を必ずしなければいけないということはありません。あるベビーメーカーの調査によると、お宮参り後に食事会をした方は約70%。つまり、しなかった方が約30%もいるのです。

 お母さん、お父さん、赤ちゃんだけでお宮参りをする場合、お披露目する相手、感謝の気持ちを伝える相手がいないので、食事会をしなくてもいいでしょう。また、生後1ヶ月の赤ちゃん、産後1ヶ月のお母さんにとって、長時間の外出は大きな負担です。赤ちゃんとお母さんの体調を考えて、食事会をするかどうかを決めましょう。

 レストランで食事会するなら、お店をどう選ぶの?

 あるベビーメーカーの調査によると、お宮参り後に食事会をしたと答えた方約70%のうち、レストランで食事会をしたという方が34%、自宅で食事会をしたという方が35%でした。

 レストランで食事会をするメリットは、食事会の準備や後片付けがない点です。また、お母さんは生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて外出する機会がなかなかないので、気分転換にもなります。では、レストランで食事会をする場合、レストランをどのように選べば良いのでしょうか?

 レストランを選ぶポイントをみていきましょう。

場所

自宅から近い

 先述したように、生後1ヶ月の赤ちゃん、産後1ヶ月のお母さんにとって、長時間の外出は大きな負担です。体調が悪くなった時に自宅に帰りやすいように、自宅から近いレストランで食事会をしましょう。

和室個室がある

 生後1ヶ月の赤ちゃんは授乳間隔が短く、また、オムツ交換の回数が多いので、完全個室があるレストランを選びましょう。個室であれば、赤ちゃんが泣き出しても、周囲の目を気にせずにあやすことができます。

 また、同じ個室でも、テーブル席より和室がおすすめです。和室であれば、座布団を並べたり、重ねたりして、赤ちゃんのねんねスペースをつくることができます。また、トイレにオムツ替えスペースがなくても、和室であれば交換しやすいですね。

(個室が)禁煙である

 妊娠前に喫煙していたお母さん、お父さんでも、妊娠中は禁煙しますよね。赤ちゃんにとって、タバコの副流煙は有害。赤ちゃんが副流煙を吸い込むことで、中耳炎や喘息を引き起こしやすくなるといわれています。レストラン全体が禁煙であれば一番いいのですが、少なくても、利用する個室やその周辺が禁煙であることを確認しておきましょう。

 自宅で食事会をするなら、どう準備するの?

 自宅で食事会をするメリットは、周囲の目を気にしなくていい点です。赤ちゃん、お母さんのペースに合わせることができます。

 ただ、食事会の準備や後片付けは必要です。準備や後片付けの負担を少しでも減らしたいなら、出前を頼むのがおすすめです。お母さんが食事を用意する場合、食材や飲み物の買い出し、調理、食器洗いなど、しなければいけないことがたくさんあります。出前を頼めば、飲み物を準備するだけでいいので、負担を減らせます。

 注意したいのは、お宮参りの時期が、花見や紅葉などの行楽シーズン、ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの連休と重なると、出前の注文がお店に殺到し、注文を断られたり、時間帯をずらしたりしなければいけない可能性があること。出前を頼むなら、早めに予約、注文するようにしましょう。

 食事会の料理はどう選ぶの?

 お宮参りは赤ちゃんにとって一度きりの特別なイベントですが、食事会で食べる料理に決まりはありません。お宮参りなど、赤ちゃんのお祝い事に適した料理を用意しているレストランであれば、その慶事メニューから選ぶといいでしょう。

 食事会の予算は?支払いは誰がするの?

 レストランや料理の内容によりますが、予算は3000円から5000円程度で考えておきましょう。

 お宮参りは赤ちゃんが主役であることを考えると、支払いはお母さん、お父さんがするべきです。その場で、おじいちゃん達が「払うよ。」と言ってくれるかもしれませんが、両家のおじいちゃん、おばあちゃんが揃っている場合、どちらがどれぐらい支払うのかなど、話し合いになって、支払いがややこしくなる場合があります。自宅で食事会をする場合は、事前に会計を済ませられるので気にする必要はありませんが、レストランで食事会をする場合は、食事が終わりに近づいた頃に、そっと席を離れて、お母さんが会計を済ませておきましょう。

 まとめ

 お宮参りの食事会の場所や料理の選び方、予算や支払いについて紹介しました。

 レストランで食事会をする場合、自宅から近い、和室個室がある、(個室が)禁煙であるレストランを選べば、自宅で食事会をするなら、出前を頼めば、お母さん達の負担を減らせます。

 お宮参りは赤ちゃんにとって一度きりの特別なイベントですが、食事会で食べる料理に決まりはありません。レストランや料理の内容によりますが、予算は3000円から5000円程度で考え、支払いはお母さん達がしましょう。

 食事会を必ずしなければいけないということはありません。生後1ヶ月の赤ちゃん、産後1ヶ月のお母さんにとって、長時間の外出は大きな負担です。赤ちゃんとお母さんの体調を考えて、食事会をするかどうかを決めてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする