お宮参りのお祝いの相場と渡し方、お返し

 赤ちゃんが生まれて1ヶ月が経った頃に行うお宮参り。お母さん、お父さん、赤ちゃんでお参りすることもあれば、両家のおじいちゃん、おばあちゃん、兄弟などの親族と一緒にお参りすることもありますが、親族からのお祝いは必要なのでしょうか?お祝いをいただいた場合、お返しは必要なのでしょうか?

 お宮参りのお祝いの相場と渡し方、お返しについて紹介します。

お宮参りのお祝いの相場

 お宮参りのお祝いの相場は、赤ちゃんからみた立場によって異なります。

おじいちゃん、おばあちゃん

 赤ちゃんからみたおじいちゃん、おばあちゃんは、お母さんの両親、義両親にあたります。一緒にお参りする場合、ご祈祷にかかる初穂料を支払う目的で5000円から10000円を贈ります。

おじさん、おばさん

 赤ちゃんからみたおじさん、おばさんは、お母さんの兄弟、義兄弟にあたります。一緒にお参りする場合であっても、出産祝いを贈っていれば、お宮参りのお祝いは不要です。

 出産祝いを贈っていて、お宮参りのお祝いも贈りたい場合は、お母さん、お父さんが気を遣わない金額(3000円から5000円)を贈りましょう。お金の代わりに、スタイやガーゼなどのベビー用品を贈るのもいいですね。

お宮参りのお祝いの渡し方

 お宮参りのお祝いは、のしと紅白の蝶結びの水引がついているご祝儀袋に包みます。「お祝い」と表書きし、水引の下に贈る人の名前を書きます。

 一緒にお宮参りするなら、当日に渡すのが一般的ですが、赤ちゃんのお宮参りの衣装代、初穂料を援助する目的で渡すのであれば、事前に渡しましょう。

 出産祝いを贈っていなくて、お宮参りのお祝いを贈ろうと考えているおじさん、おばさんは、一緒にお参りするなら当日に、一緒にお参りしないなら前日までにお祝いを贈り、赤ちゃんの誕生を祝う気持ち、赤ちゃんの成長を祈る気持ちを伝えましょう。

お宮参りのお祝いのお返し

 自分の両親や義両親、兄弟や義兄弟からお宮参りのお祝いをいただいた場合、お母さん達はお返しをする必要があるのでしょうか?

両親や義両親に対するお返し

 結論からいえば、両親や義両親に対して、お返しは不要です。ただ、出産祝いもいただいて、お宮参りのお祝いもいただくと、「いただいてばかり・・・。」と気を遣ってしまいますよね。お返しをしたいけど、気を遣わせずに自然にお返しをしたいなら、お宮参りの後に食事会を開きましょう。

 午前中にお宮参りをし、お昼ごはんを兼ねて食事会を開く流れが自然です。ただ、生後1ヶ月の赤ちゃん、産後1ヶ月のお母さんにとって、お宮参り後の食事会は負担になるかもしれません。外食するなら和室の個室を予約し、自宅で食べるなら出前を取るなど、負担をできるだけ減らしましょう。

 両親や義両親が遠方に住んでいたり、用事があったりして、食事会を開けない場合は、お宮参りの写真を渡したり、荷物にならない手土産を渡したりするのがおすすめです。

兄弟や義兄弟に対するお返し

 出産祝いを兼ねて、お宮参りのお祝いをいただいた場合も、また、出産祝いとは別に、お宮参りのお祝いもいただいた場合も、いただいた金額の半分を目安に、内祝いとしてお返しをしましょう。1ヶ月以内にカタログギフト、お菓子の詰め合わせなどを贈るのが一般的です。

まとめ

 お宮参りのお祝いの相場と渡し方、お返しについて紹介しました。

 一緒にお参りする場合、おじいちゃん、おばあちゃんは5000円から10000円を贈り、おじさん、おばさんは出産祝いを贈っていれば、お宮参りのお祝いは贈らないのが一般的です。一緒にお宮参りするなら、当日に渡してもかまいませんが、赤ちゃんのお宮参りの衣装代、初穂料を援助する目的で渡すのであれば、事前に渡しましょう。

 お宮参りのお祝いをいただいても、両親や義両親に対してお返しは不要ですが、お返しをしたいなら、お宮参りの後に食事会を開き、食事会を開けないなら、お宮参りの写真を渡したり、荷物にならない手土産を渡したりするのがおすすめです。兄弟や義兄弟に対するお返しは、いただいた金額の半分を目安に、内祝いとしてお返しをしましょう。

 お宮参りのお祝いは赤ちゃんに贈られるものですが、お返しの準備はお母さんがしなければいけません。お返しの品物について、早めにお父さんと話し合っておいてくださいね。

====================

あわせて読みたい記事

レストランでお宮参りの食事会をするメリットと選び方、料理と支払い
お宮参りとは?お宮参りする時期と準備や当日の流れ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする