ノロウイルスの感染ルートや予防法は?感染したらどう対処する?

 冬が近づくと、風邪やインフルエンザなど、さまざまな病気が流行りますが、ノロウイルスによる感染性胃腸炎もその一つです。

 ノロウイルスの特徴や感染ルート、予防法や感染した場合の対処法を紹介します。

 特徴

 ノロウイルスは秋から冬にかけて流行します。というのも、ノロウイルスは湿度が低い、乾燥している環境下で、感染性の持続期間が長くなるためです。感染力が非常に強く、赤ちゃんから高齢者まで、幅広い年齢層が発症します。

 ノロウイルスの特徴をまとめると、以下のようになります。
・流行時期:秋から冬
・発症年齢:全年齢(赤ちゃんから高齢者まで)
・主な感染ルート:経口感染
・潜伏期間:1日から2日
・発症期間:数日間

 症状

 主な症状は吐き気や嘔吐、下痢、腹痛などで、症状が2日程度続いた後に治癒します。発熱しても軽度で、風邪と勘違いする人や感染しても発症しない人もいます。風邪と勘違いする、感染しても発症しないと聞くと、「ノロウイルスに感染してもたいしたことはない。」と軽く考える方もいらっしゃるかもしれませんが、抵抗力が弱い乳幼児や高齢者が感染すると、脱水症状を起こすおそれがあります。

 感染ルート

 ノロウイルスの主な感染ルートは、口からウイルスが体内に侵入する経口感染です。

 経口感染には2つのルートがあります。

人から人への感染

 ノロウイルスに感染した人の便や嘔吐物に含まれるウイルスに接触し、手指などから体内に取り込んで感染します。例えば、便や嘔吐物を処理した後の手洗いが不十分であれば、食事をした時に、ウイルスが体内に取り込まれてしまいます。また、便や嘔吐物が乾燥すると、ウイルスが空気中に浮遊し、その空気を吸い込むことで、ウイルスが体内に取り込まれてしまいます。

食べ物からの感染

 ノロウイルスに汚染された牡蠣などの二枚貝、飲料水による食中毒、また、ウイルスが付着した調理器具、手指で調理した料理による食中毒などがあげられます。給食を提供している学校、食事を提供している老人保健施設や病院などで、集団食中毒が起きるというニュースをよく耳にしますよね。このような集団感染は、後者の食中毒が原因だと考えられます。

 予防法

 経口感染の2つのルートの予防法をみていきましょう。

人から人への感染を防ぐには

 現在のところ、ノロウイルスのワクチンはありません。そのため、ノロウイルスの予防法として最も有効なのは、石鹸を使った手洗いだといわれています。トイレを利用した後、料理する前や食事する前には必ず手を洗いましょう。手のひらや甲はもちろん、指と指の間、指と爪の隙間など、洗い残しがないように30秒以上かけて洗うのが目安です。

 手首消毒用エタノールで手指を消毒すれば、手を洗う必要はないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、消毒は手洗いの代わりになりません。手洗いをした後に消毒をするなど、手洗いをメインの予防法、消毒をサブの予防法としましょう。

食べ物からの感染を防ぐには

 牡蠣などの二枚貝を食べる際には、中心部まで十分に加熱してください。加熱温度、時間は、85度から90度で90秒間以上加熱するのが目安です。包丁やまな板などの調理器具は定期的に塩素系漂白剤で浸して消毒し、野菜や果物などもよく洗ってから調理するようにしましょう。

その他の注意事項

 便や嘔吐物を処理する時は、使い捨てマスクやゴム手袋を着用し、ノロウイルスが体内に取り込まれるのを予防しましょう。また、オムツや嘔吐物を拭き取ったペーパータオルなど、ウイルスが付着した物は、ごみ箱に直接捨てるのではなく、ビニール袋に入れて密閉して捨てることで、ウイルスが空気中に浮遊するのを防ぐことができます。

 感染した場合の対処法

 ノロウイルスに特別な治療法はなく、下痢、嘔吐などの症状に対して治療を行います。下痢や嘔吐などの症状は脱水を引き起こすため、整腸剤や吐き止め薬を服用したり、経口補水液などで効果的に水分を補給したりします。ただし、下痢を無理に止めようとすると、症状が長引く場合があるので、整腸剤や下痢止め薬を服用する際には自己判断ではなく、医師の診察を受けて、指示を仰ぐようにしましょう。また、嘔吐した直後は吐きやすくなっているので、2時間から3時間は絶飲食をし、吐き気が治まってから、水分を少しずつ補給し始めてください。

 白湯やお茶よりも、塩分と糖分がバランス良く含まれている経口補水液がおすすめです。喉が渇いている乳幼児の場合、経口補水液をコップに入れて、スプーンですくって口に入れてあげましょう。一気に飲むと吐いてしまうおそれがあります。離乳食を始めて間もない乳児であれば、通常の経口補水液よりゼリータイプの経口補水液のほうが飲み込みやすいです。吐き気や下痢が治まったら、うどんやおかゆなどの消化がいい食事を与えて、症状が悪化しないかどうか様子を見ましょう。脂っこい食事やお菓子、食物繊維が多い食事は胃に負担をかけるため、症状が完全に治まるまで控えてください。

 水分を摂取できない、摂取しても吐くなど、口から体内に水分を取り込めない場合、点滴によって水分を取り込む必要があるので、病院を受診しましょう。

 まとめ

 ノロウイルスの特徴や感染ルート、予防法や感染した場合の対処法を紹介しました。

 主な症状は吐き気や嘔吐、下痢、腹痛などで、抵抗力が弱い乳幼児や高齢者が感染すると、脱水症状を起こすおそれがあります。

 主な感染ルートは、口からウイルスが体内に侵入する経口感染で、人から人への感染、食べ物からの感染の2つのルートがあります。予防法として最も有効なのは、石鹸を使った手洗いです。トイレを利用した後、料理する前や食事する前には必ず手を洗いましょう。また、牡蠣などの二枚貝を食べる際には、中心部まで十分に加熱しましょう。便や嘔吐物を処理する時は、使い捨てマスクやゴム手袋を着用し、ウイルスが付着した物はビニール袋に入れて密閉して捨ててください。

 ノロウイルスに感染した場合、下痢、嘔吐などの症状に対して治療を行います。嘔吐した直後は2時間から3時間は絶飲食をし、吐き気が治まってから、水分を少しずつ補給し始めてください。吐き気や下痢が治まったら、うどんやおかゆなどの消化がいい食事を与えて、症状が悪化しないかどうか様子を見ましょう。口から体内に水分を取り込めない場合、点滴によって水分を取り込む必要があるので、病院を受診してくださいね。

 ノロウイルスの感染対策をして、寒い冬を元気に乗り切りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする