健康体に近づく!免疫力が低下する原因とNK細胞の働きを高める方法

 毎年流行る風邪やインフルエンザ。私達の身体には免疫が備わっていますが、免疫力は年々低下します。

 免疫力が低下する原因、NK細胞の働きを高める方法を紹介します。

 免疫力が低下する原因

免疫力とは

 私達の身体には、鼻や口、目などの粘膜から体内に取り込まれるウイルスをやっつける機能が備わっています。また、体外から取り込むウイルスだけでなく、体内で発生したがん細胞などをやっつける機能も備わっています。これらの機能を免疫と呼び、ウイルスやがん細胞などをやっつける力を免疫力と呼びます。

免疫力が低下する原因

 免疫力が低下する原因を一言でいうと、悪い生活習慣です。バランスの悪い食生活や運動不足、睡眠不足やストレス、喫煙や飲酒などです。

 また、年を重ねるにつれて、免疫力は低下します。50歳になると、20代の免疫細胞が半分以下になるのだとか。加齢による免疫力の低下は避けられないとしても、悪い生活習慣による免疫力の低下なら、私達の心がけ次第で避けられますよね。

 免疫力が低下すると、風邪などの感染症にかかりやすくなったり、花粉症などのアレルギー症状が出やすくなったり、身体が疲れやすくなったりします。生活習慣を早く見直すことが大事です。

 NK細胞の働きを高める方法

 私達の身体にある数多くの免疫細胞が活発に動いて、免疫力を発揮しています。免疫細胞の中でも、注目したいのがNK細胞(ナチュラルキラー細胞)。体内に取り込まれたウイルスや体内で発生したがん細胞を見つけ次第やっつけられるように、常に体内をパトロールしています。NK細胞は血液中にあるリンパ球の30%を占めています。つまり、NK細胞を活発化させることが、免疫力の向上に繋がるのです。

 NK細胞を活発化させて、免疫力を高める簡単な方法をみていきましょう。

体温を上げる

 体温が1度下がれば、免疫力が30%低下するといわれています。逆に、1度上がれば、免疫力が5倍も高まるのだとか。運動したり、半身浴したりして、身体を温め、平熱を上げましょう。夏場は冷たい飲み物を飲みたくなりますが、体温より冷たい飲み物を飲むと、身体の熱が奪われます。常温、もしくは、温かい飲み物を飲むようにし、どうしても冷たい飲み物を飲みたい場合は、冷たい飲み物を飲んだ後に温かい飲み物を飲むようにしましょう。

 また、免疫細胞の45%が腸やその周辺に集中しています。腹巻などでお腹を温めると、免疫細胞が活発になり、全身の免疫力を高められますよ。

腸内環境を整える

 先述したように、免疫細胞の45%が腸やその周辺に集中しています。私達が食べたものが腸に運ばれるように、私達が吸い込んだ空気に含まれるウイルスなども腸に運ばれます。腸内環境を整えることが大事です。

 腸内環境を整えるのに必要な栄養素は乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維、タンパク質です。乳酸菌はヨーグルトやキムチなどに、食物繊維は根菜類やキノコ類、海藻類などに、タンパク質は肉類や大豆などに多く含まれています。野菜には食物繊維が多く含まれていますが、ナスやトマト、キュウリなどの夏野菜はお腹を冷やします。夏野菜の食べ過ぎには注意しましょう。

 食卓に簡単に取り入れられるメニューはヒジキご飯。ヒジキ、ニンジン、水煮大豆を白米と一緒に炊飯器に入れて炊くだけなのでおすすめです。

 また、カロリーが気になるので肉類を控えたいという方には、ヘルシーな鶏ひき肉を使ったメニューがおすすめです。おからと鶏ひき肉を混ぜて焼くおからハンバーグなら、低カロリーなうえに、食物繊維でお腹も膨らむので、ダイエット中の方も気にせずに食べられますよ。

声を上げて笑う

 ある研究結果によると、笑うことで脳内ホルモンが活性化し、血流が良くなって、免疫細胞が活発になるのだとか。

 笑うことはストレスの解消にも繋がります。家族や友達など、一緒にいてリラックスできる相手と過ごして笑ったり、好きなテレビ番組などを見て笑ったりしましょう。

 まとめ

 免疫力が低下する原因、NK細胞の働きを高める簡単な方法を紹介しました。

 免疫力が低下する原因は、バランスの悪い食生活や運動不足、睡眠不足やストレス、喫煙や飲酒などの悪い生活習慣です。

 免疫力を高めるには、体温を上げること、腸内環境を整えること、笑うことが大切です。運動したり、お腹を温めたりして体温を上げ、乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維やタンパク質を摂取して腸内環境を整えましょう。一緒にいてリラックスできる相手と過ごして笑ったり、好きなテレビ番組を見て笑ったりすることでも、免疫力を高められますよ。

 年を重ねるにつれて、免疫力は低下しますが、加齢による免疫力の低下は避けられないとしても、悪い生活習慣による免疫力の低下なら、私達の心がけ次第で避けられます。心当たりのある方は生活習慣を早く見直しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする