妊娠中に貧血が起こりやすい理由、赤ちゃんに与える影響、対策と改善法

 妊娠中に、突然視界が真っ暗になったり、ふらついたりしたことはありませんか?妊娠すると、貧血を起こしやすくなっています。

 妊娠中に貧血が起こりやすい理由、赤ちゃんに与える影響、対策と改善法を紹介します。

 妊娠中に貧血が起こりやすい理由

貧血の基準

 貧血は「血が貧しい」と書きますが、血液の量が不足しているのではなく、血液の濃度が薄い状態をいいます。具体的には、ヘモグロビンの濃度ヘマトクリット値(血球の割合)の2点から判断します。

 赤血球の一種であるヘモグロビン。赤血球は私達の血液の大半を占めていて、ヘモグロビンには、血液を通じて、酸素を身体の隅々まで運ぶ役割があります。つまり、ヘモグロビンが不足すると、酸素が身体の隅々まで運ばれず、動悸や息切れを引き起こしてしまいます。

 また、ヘモグロビンの濃度と血球の割合を示すヘマトクリット値が低ければ、血液の濃度が薄い(貧血)状態であり、貧血の症状が出やすくなります。

 貧血の基準は、
・妊娠していない場合の貧血の基準は、ヘモグロビンの濃度が12グラム/デシリットル未満、ヘマトクリット値が35%未満、
・妊娠している場合の貧血の基準は、ヘモグロビン濃度が11グラム/デシリットル未満、ヘマトクリット値が33%未満
と、妊娠しているかしていないかによって、貧血の基準が少し異なります。

 先述したように、妊娠しているかしていないかによって、貧血の基準が少し異なります。妊娠している場合の貧血の基準が、妊娠していない場合の貧血の基準よりも低いのは、妊娠中に貧血が起こりやすいためです。何故、妊娠中は貧血が起こりやすいのでしょうか?

 妊娠中に貧血が起こりやすい理由は2つあります。

赤ちゃんに優先的に栄養を届けるため

 妊娠中は栄養をたくさん摂るように言われますよね。お母さんの身体に取り込まれた酸素や栄養は、お母さんの身体と赤ちゃんの身体に均等に配分されません。赤ちゃんに優先的に酸素や栄養が届けられるため、お母さんの身体は酸素や栄養が不足しやすくなってしまいます。特に赤ちゃんの成長が加速する妊娠中期から後期に、貧血を起こしやすくなるといわれています。

 また、赤ちゃんに酸素や栄養を届けるために、お母さんの血液の量が増えるのですが、血液の量は増えても、血液に含まれる赤血球の数は増えないため、血液の濃度が薄くなってしまうのです。

つわりによる栄養不足

 ほとんどのお母さんが悩まされるつわり。吐きづわり、食べづわり、眠りづわり、においづわりなど、つわりの種類は様々ですが、吐きづわりやにおいづわりであれば食べ物を食べられず栄養不足になります。また、食べづわりで、食べ物をたくさん食べていても、食事に偏りがあると、栄養が不足してしまいます。

 貧血がお母さんと赤ちゃんに与える影響

 妊娠中に貧血だと診断されるお母さんは7割にも上るといわれています。貧血がお母さんと赤ちゃんに与える影響は貧血の重さによって異なります。

軽い貧血の場合

 軽い貧血であれば、赤ちゃんに栄養がしっかり届いているので、お母さんが少しつらいだけで、お母さんと赤ちゃんに大きな影響はありません。

重い貧血の場合

 頻繁にめまいや立ちくらみを起こしてしまうような重い貧血は、お母さんが転倒して頭やお腹をぶつけてしまうおそれがあります。妊婦健診で受ける血液検査の結果をよく見ることはもちろん、自分の体調を客観的に判断して、気になる点があれば、医師に相談して指示を仰ぎましょう。

 貧血の対策と改善方法

 貧血を予防したり、改善したりするためには、鉄分を積極的に摂取することが大事です。鉄分を効果的に摂取する方法をみていきましょう。

食事から摂取する

 一番気軽に取り組めるのは、毎日摂る食事から鉄分を摂取することですよね。鉄分が豊富に含まれている食材を献立に取り入れるのはもちろん、鉄分を効果的に吸収できるようサポートする栄養素を含む食材も取り入れるようにしましょう。

 鉄分は豚肉や鶏肉のレバー、ひじき、ハマグリやアサリなどに豊富に含まれています。また、鉄分を効果的に吸収できるようサポートする栄養素として、タンパク質やビタミンC、ビタミンB群が挙げられます。肉や魚にレモン汁をかけるなど、調味料を取り入れて、毎日の食事から鉄分を積極的に摂取しましょう。妊娠中に積極的に摂取するように推奨される葉酸にも、ヘモグロビンの生成を促す働きがあるので、葉酸も欠かさずに摂取するといいですね。

 一方、妊娠中に飲まないほうがいいといわれているコーヒー、紅茶、緑茶やウーロン茶には、鉄分の吸収を妨げるタンニンが含まれています。鉄分を摂取した後、30分以内にタンニンが含まれている飲み物を飲むのは控えましょう。

サプリメントから摂取する

 鉄分が豊富に含まれているレバーですが、レバーの歯ごたえやにおいが苦手な方も多いのではないでしょうか。食材から鉄分を摂取することが難しければ、サプリメントに頼りましょう。ドラッグストアなどで、妊娠中の貧血予防を目的としたサプリメントを販売しています。

 まとめ

 妊娠中に貧血が起こりやすい理由、対策と改善法を紹介しました。

 妊娠中に貧血が起こりやすい理由は、赤ちゃんに優先的に栄養を届けたりつわりによって栄養が不足したりするためです。貧血には、動悸や息切れ、めまいや立ちくらみ、吐き気などの症状があり、軽い貧血であれば、お母さんと赤ちゃんに大きな影響はありませんが、重い貧血であれば、お母さんが転倒して頭やお腹をぶつけてしまうおそれがあります。

 貧血を予防したり、改善したりするためには、食事やサプリメントから鉄分を積極的に摂取することが大事です。

 血液検査の結果はもちろん、自分の体調を客観的に判断して、貧血を起こしている可能性があると感じたら、医師に相談して指示を仰いでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする