妊娠中の便秘の原因と解消法、放置するリスク

 男性に比べて、悩む女性が多い便秘。食事量が低下したり、水分が不足したりすると、便秘になりやすいのですが、妊娠すると、食生活に気を付けていても便秘になりやすいといわれています。

 妊娠中の便秘の原因と解消法、放置するリスクを紹介します。

 便秘の原因

 妊娠すると便秘になりやすい原因は4つあります。

プロゲステロンの分泌

 妊娠すると、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌が増えます。妊娠週数が進むにつれて、子宮が大きくなりますよね。プロゲステロンには筋肉や靭帯を緩めて、子宮が大きくなりやすい環境を整える働きがあります。

 しかし、筋肉や靭帯を緩めると同時に、腸の蠕動(ぜんどう)運動も緩めてしまうため、妊娠すると便秘になりやすいのです。

食事量の低下

 妊娠初期に多くの方が悩まされるつわり。つわりにも種類がありますが、吐きづわり、においづわりなどで、妊娠前のように食事を摂れない妊婦さんは食事量が低下し、便秘になりやすいです。

子宮による腸の圧迫

 妊娠週数が進むにつれて、大きく、重くなる子宮。子宮は上下左右に大きくなり、腸を圧迫して、腸の動きを鈍らせます。大きくなる子宮によって腸が圧迫されるのは自然なこと。妊娠中に便秘になるということは、妊娠の経過が順調だとプラスに捉えることもできますね。

腹筋の低下

 妊娠前は腹筋を鍛えたり、排便時にお腹に力を入れたりしていた方でも、妊娠すると腹筋を鍛えたり、お腹に力を入れたりできませんよね。腹筋が低下すると、排便に必要な力が減ってしまい、便秘になりやすいです。

 便秘の解消法

 便秘になったら、おへそ周りをマッサージして腸を刺激したり、下剤を飲んだりして解消する方が多いと思いますが、妊娠中にお腹を強く刺激したり、下剤を飲んだりはできないですよね。

 妊娠中でもできる便秘の解消法をみていきましょう。

水分を摂る

 羊水や胎児に届ける血液をつくるために、妊娠中は妊娠前より多くの水分が必要になります。水分が不足すると、腸内の水分が減り、腸内にたまっている老廃物(便)が動きません。

 一日に1リットル以上の水分をこまめに摂りましょう。また、私達が寝ている間は腸も休んでいます。起床後に水分を摂ることで、腸が目覚めて、腸の動きが活発になります。枕元に水を置いて、目が覚めたらすぐに、水を飲みましょう。

食物繊維を摂る

 便秘解消に欠かせない栄養素が食物繊維です。ゴボウやレンコン、サツマイモなどの根菜類を、食事に取り入れましょう。また、みかんは、筋に食物繊維が豊富に含まれているだけでなく、硬くなった便を柔らかくしてくれます。みかんなら、デザートやおやつに気軽に食べられますね。

 つわりで食事を摂ることができない妊婦さんは、1食の量を減らし、食事の回数を増やして、一日の食事量、必要な栄養素を摂りましょう。

乳酸菌を摂る

 ヨーグルトやキムチ、納豆などに含まれる乳酸菌は腸内環境を整える働きがあります。腸内環境を整えることは、便秘に悩んでいない妊婦さんにとっても大事。便秘に悩む妊婦さんも、悩んでいない妊婦さんも、乳酸菌を積極的に摂取しましょう。

適度に運動する

 妊娠中は腹筋したり、お腹に力を入れたりできませんが、お腹は上半身とも下半身とも繋がっているので、お腹以外の部位を動かすことで、腸の蠕動運動を促せます。近所をウォーキングするだけでもかまいません。お腹が張ったら休憩するようにし、身体をこまめに、適度に動かしましょう。

毎朝トイレに座る

 忙しい朝は便をもよおしても我慢しがち。食後に身体と心を落ち着かせられるように、時間に余裕をもって起床しましょう。便をもよおさなくても、トイレに座ることで、排便のリズムをつけられます。

酸化マグネシウムを飲む

 産婦人科で便秘の相談をした時に処方されるのが酸化マグネシウムやラキソベロンです。ラキソベロンは液体の下剤で赤ちゃんにも処方されるほど安全性が高い薬ですが、服用量によっては腹痛を引き起こします。酸化マグネシウムはお腹が痛くならない便秘薬として有名です。

 酸化マグネシウムはドラッグストアでも手に入ります。産婦人科で一度処方されたことがある妊婦さんは、ドラッグストアで購入して、引き続き服用してもいいですね。

 便秘を放置するリスク

 妊娠をきっかけに便秘になった妊婦さんの中には、「出産したら、便秘を解消できるんだから気にしなくていい。」と軽く考える妊婦さんもいるかもしれません。しかし、便は身体に不要な老廃物です。老廃物を身体にためこんだままにしていると、腸内に悪玉菌が発生し、口臭や肌荒れを引き起こします。

 また、排便のペースが落ちることで、便が硬くなります。硬くなった便を出そうと気張った時に、を引き起こすおそれがあります。特に妊娠中は大きくなった子宮が肛門を圧迫し、痔になりやすいです。痔になると、出産時に痛みを感じて、分娩に集中できなくなるかもしれません。

 妊娠中の便秘を軽く考えず、便が一日でなければ便秘を疑い、早めに解消しましょう。

 まとめ

 妊娠中の便秘の原因と解消法、放置するリスクを紹介しました。

 妊娠すると便秘になりやすい原因には、プロゲステロンの分泌、食事量の低下、子宮による腸の圧迫、腹筋の低下などが挙げられます。

 便秘になったかもしれないと思ったら、水分、食物繊維や乳酸菌を摂ったり、適度に運動したりして、腸の蠕動運動を促したり、腸内環境を整えたりしましょう。毎朝トイレに座って、排便のリズムをつけることも大切です。お腹が痛くならない便秘薬である酸化マグネシウムを飲むのもいいですね。

 硬くなった便を出そうと気張った時に、痔を引き起こすおそれがあります。特に妊娠中は大きくなった子宮が肛門を圧迫し、痔になりやすいです。妊娠中の便秘を軽く考えず、便が一日でなければ便秘を疑い、早めに解消しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする