妊婦健診に行く時の服装と注意事項

 前回の記事で、妊婦健診の検査内容や持ち物を紹介しましたが、検査内容や持ち物がわかっても、何を着て行けばいいのか悩みますよね。

 妊婦健診に行く時の服装、注意事項を紹介します。

 服装

 妊婦健診に行く時の服装は、健診の内容によって変えるといいですよ。

 服装別に詳しくみていきましょう。

ボトムス

 超音波検査には、経膣エコーと経腹エコーの2種類があります。

経膣エコーの場合

 妊娠初期や臨月は経膣エコーで胎児の様子を確認します。経膣エコーは、下半身に何も身につけずに、内診台に上がります。そのため、パンツやレギンス、タイツを穿いている場合は下半身が丸見えに。内診台の隣に、膝上にかけるタオルケットを用意してくれている産婦人科ならいいのですが、用意されていない産婦人科では、下半身を隠すことができません。下着を脱いでも裾で隠せるスカートがいいですよ。

経腹エコーの場合

 妊娠中期、後期は経腹エコーで胎児の様子を確認します。経腹エコーは経膣エコーとは違って服を脱ぐ必要がありません。ただ、お腹にジェルを塗って行うため、ワンピースを着ている場合は、お腹まで下からまくることになり、下着が丸見えに!

 お腹だけ出せる服装、つまり、トップスとボトムスが別になっている服装がいいですよ。

トップス

 妊婦健診では血圧測定があります。また、血液検査を行う回もあります。そのため、腕まで袖を簡単にまくり上げられるトップスがいいですよ。

 また、妊婦さんにとってお腹の冷えは大敵です。服装を調節しやすいように、カーディガンやパーカーなどを羽織りましょう。

 注意事項

 妊婦健診では体重測定があります。服を着たまま測定しますが、服の重量を差し引くことはありません。冬はコートやジャケットなど、重いアウターを着ていると思いますが、アウターは必ず脱いで測定してください。また、健診には、前回の健診と同じぐらいの重さの服装で行けば、体重の増減を比較しやすいですよ。体重が大幅に増加している場合、医師から指導されることがあります。正しい指導を受けられるように、服の重さには注意したいですね。

 まとめ

 妊婦健診に行く時の服装、注意事項を紹介しました。

 妊婦健診に行く時の服装は、健診の内容によって変わります。

 経膣エコーの場合、下半身に何も身につけずに内診台に上がるので、下半身を裾で隠せるスカートがいいです。

 経腹エコーの場合、お腹にジェルを塗って行うので、お腹だけ出せる服装がいいです。

 また、妊婦健診では血圧測定や血液検査があるので、腕まで袖を簡単にまくり上げられるトップスが楽です。体重測定の際には、服の重量を差し引くことがないので、コートやジャケットなど、重いアウターは必ず脱いで測定してくださいね。

 気をつけることがいっぱいありますが、お腹が冷えない服装で妊婦健診を受けに行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする