習い事している子どもの割合や始めたきっかけ、内容等先輩ママの意見

 0歳児を対象とした習い事のチラシを見たり、保育園や幼稚園のクラスメイトが習い事に通っているのを小耳に挟んだりして、「自分の子どもにも、習い事に通わせるべき?」、「通わせるなら、どんな習い事がいいの?」と考えているお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

 習い事をしている子どもの割合、習い事をしている1歳から3歳の子どもを育てているお母さんの
①習い事を始めたきっかけ
②習い事の内容
③これからさせたい習い事
④お母さん自身がしていて良かったと思った習い事
をまとめました。

習い事をしている子どもの割合

 1歳から3歳の子どもを育てているお母さんを対象としたあるアンケートによると、習い事をしている子どもは23%、習い事をしていない子どもは77%で、習い事をしていない子どものほうが圧倒的に多いです。

 しかし、習い事をしていない子ども77%のうち、今後習い事をさせる予定、習い事をさせるかどうか悩んでいると回答したお母さんは67%、今後習い事をさせる予定はないと回答したお母さんは10%で、子どもの習い事に関心をもっているお母さんが多いです。

習い事を始めたきっかけ

 最近では0歳児から通い始められる英会話レッスン、音楽教室などが増え、「何歳から、習い事をさせたらいいの?」と悩むお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

 習い事を始めたきっかけとして、
・家で何をすればいいか分からなかったから
コミュニケーション力を身につけさせたかったから
・教室が近くにあって、通いやすそうだったから
・お友達が習い事をしていて、興味をもち始めたから
などの回答が多く、子どもとの関わり方に悩むお母さん、友達がしていることを真似したがる1歳から3歳の子どもならではの考えが影響しています。

 習い事を始める年齢に決まりはありませんが、習い事を始めるなら、お母さんに、子どもの習い事に付き合ったり、送迎したりする余裕があること、子どもが習い事に興味を持ち始めていることを前提条件にしましょう。

習い事の内容

 子どもに習い事をさせると決めても、どんな習い事が子どもに適しているのか分かりませんよね。「習い事をしている」と回答した子どもはどんな習い事をしているのかというと、幼児教室(21%)、水泳、英語・英会話(いずれも19%)、ピアノ、リトミック、体操(いずれも7%)となっています。

 幼児教室は小学校に入学する前の幼児(0歳から6歳まで)を対象にレッスンを行っています。レッスンの内容は言葉や数字、英語や音楽などですが、幼児は長時間集中することができないですよね。友達や先生と遊んだり、会話したりしながら、学ぶことに慣れていくことを目的としたレッスンを開講している幼児教室が多く、幼稚園や小学校に入る前に集団生活に慣れてほしいという考えで、幼児教室に子どもを通わせるお母さんもいます。

これからさせたい習い事

 子どもに既に習い事をさせているお母さんの中には、「習い事が楽しそうだから、もう一つ通わせたい。」と考えるお母さんもいらっしゃるかもしれませんね。

 これからさせたい習い事として、水泳(27%)、ピアノ(19%)、英語・英会話(11%)と、「習い事をしている」と回答した子どもがしている習い事の人気が高く、習字(9%)、サッカー、ダンス(いずれも4%)と続きます。

 水泳を習わせたい理由は、心肺能力が高まると聞いたから、体力をつけられそうだから、体が丈夫になり、精神的にも鍛えられそうだからなどで、子どもに対して「健康的に育ってほしい」というお母さんの気持ちが表れています。

 英語・英会話を習わせたい理由は、子どもの将来に必要だから、英語に早く慣れさせたいから、外国人と抵抗なく話せるようになってほしいからなどで、現代を生きるお母さんならではの考えが表れています。

お母さん自身がしていて良かったと思った習い事

 水泳や英語・英会話、ピアノなどが人気の習い事だということが分かりましたが、実はこの3つはお母さんが子どもの頃から人気の習い事です。子どもの頃を振り返って、お母さんはこの3つの習い事について、「習っていて良かった!」と思うことはあるのでしょうか?

 水泳を習っていたお母さんからは、身体が丈夫になった、学校の水泳の授業で困らなかった、水泳を本当に大好きになり国体選手にまでなったなど、健康面の向上はもちろん、将来の可能性を見出せたという意見が挙がりました。

 ピアノを習っていたお母さんからは、大きくなっても趣味として楽しめるので習って良かった、音楽を好きになった、毎日練習するという習慣が身についたなど、楽しいという気持ちの他、忍耐力が上がったという意見が挙がりました。

 一方、英語を習っていたお母さんからは、英語が全く身につかなかったという意見も。自宅で練習するピアノとは異なり、教室でしか英語を使わないのであれば、身につかないのは当たり前なのかもしれませんね。

まとめ

 習い事をしている1歳から3歳の子どもを育てているお母さんの
①習い事を始めたきっかけ
②習い事の内容
③これからさせたい習い事
④お母さん自身がしていて良かったと思った習い事
を紹介しました。

 習い事を始める年齢に決まりはありませんが、子どもに習い事をさせるなら、お母さんが習い事に付き合ったり、送迎したりしなければいけません。また、子どもが習い事に興味を持っていなければ長続きしません。子どもに習い事をさせているお母さんの意見を柔軟に受け止めて、習い事をさせるかどうか、どんな習い事をさせるのかを考えてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする