母の日と父の日のプレゼントをまとめて贈るなら、いつ、何を渡す?

 母の日と父の日は約一ヶ月差。母の日と父の日のプレゼントを一緒に渡そうと考える方も多いのではないでしょうか。

 母の日と父の日のプレゼントをまとめて贈るメリット、おすすめの渡す時期やプレゼントを紹介します。

 まとめて贈るメリット

 母の日と父の日のプレゼントをまとめて贈るメリットは、

・プレゼントを選びやすい
・(送る場合)送料が安く済む
・(直接渡す場合)手間がかからない

の3つではないでしょうか。

 毎年、母の日、父の日のプレゼントをそれぞれ贈っていると、「今年は何を贈ろうか。」と悩みますよね。母の日と父の日のプレゼントをまとめて贈れば、悩むとしても一度で済みます。また、直接渡せなくて送る場合、送料が一回分で済むので、その浮いた送料をプレゼントの予算に充てることができますね。

 おすすめの渡す時期

 母の日と父の日のプレゼントをまとめて贈るなら、母の日に贈るのがベストです。母の日を過ぎて贈ると、「母の日を忘れてしまったから、父の日とまとめて贈ることにしたのかな。」と思われてしまうかもしれません。

 母の日を過ぎて贈ることになったとしても、父の日当日ではなく、父の日より前に贈りましょう。父の日当日に贈る場合は、「父の日に、母の日のプレゼントも一緒に渡すから、楽しみにしておいて。」と一言連絡しておくといいですよ。

 おすすめのプレゼント

 母の日と父の日のプレゼントをまとめて贈る場合、定番のプレゼントはペアグッズです。ペアのグラス、ペアのお皿など、夫婦揃って使えるものが定番です。ただし、食器を贈るなら、実家に帰った時に食器棚の中を確認しておきましょう。食器棚に食器がたくさん入っていれば、食器はもういらないかもしれません。結婚生活が長いと、食器に限らず、物に困っていないはず。このような場合は、夫婦で楽しい時間をゆっくり過ごせるように、お食事券旅行券をプレゼントするのもいいですよ。

 まとめ

 母の日と父の日のプレゼントをまとめて贈るメリット、おすすめの渡す時期やプレゼントを紹介しました。

 プレゼントをまとめて贈るなら、母の日に贈るのがベストです。もし、母の日を過ぎて贈ることになったとしても、父の日当日ではなく、父の日より前に贈るようにし、父の日当日に贈る場合は、父の日に母の日のプレゼントも一緒に渡すと一言連絡しておくといいですよ。

 定番のプレゼントは夫婦揃って使えるペアグッズが定番ですが、結婚生活が長いと、食器に限らず、物に困っていません。お食事券や旅行券など、夫婦でゆっくり過ごせる楽しい時間をプレゼントするのもいいですね。

 プレゼントをまとめて贈ると、手抜きしていると思われてしまうかもしれません。そう思われないように、お母さんにも、お父さんにも感謝の気持ちが伝わるように、プレゼントを選んでくださいね。

====================

あわせて読みたい記事

母の日の由来は?何故、カーネーションや紫陽花をプレゼントするの?
義母に贈る母の日のおすすめのプレゼントと注意点
初めての母の日は赤ちゃんとお父さんから!おすすめのプレゼントなど
お父さん向け 幼稚園児でも簡単!母の日の手作りプレゼント!
父の日はいつから始まった?プレゼントに適した花はある?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする