眉毛を抜く、剃る、カットするメリットとデメリット、正しい整え方

 一週間に1mm伸びる眉毛。眉毛には、抜く、剃る、カットするなどの手入れ方法がありますが、どれが一番いいのでしょうか?

 眉毛を抜く、剃る、カットするメリットとデメリット、正しい整え方を紹介します。

眉毛を抜くメリットとデメリット

 眉毛を抜くメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット

剃り跡ができない

 シェーバーで剃ると皮膚がカサカサになったり、皮膚が負けたりしますが、眉毛を抜けば剃り跡ができません。

手入れの回数が減る

 私達の体毛は、皮膚の内部にある毛根と外部にある毛幹で構成されています。毛根から抜くと、毛そのものがなくなるので、再び生えてくるまで時間がかかります。この間、お手入れしなくていいので、手入れの回数が減ります。

デメリット

痛みを感じる

 眉毛の周りの皮膚が薄いので、眉毛を抜くと痛いです。

眉毛が生えないおそれがある

 毛の根元には、毛乳頭と呼ばれる毛を生み出す元があるのですが、眉毛を抜き続けることで、毛乳頭が傷つき、毛を生み出せなくなります。つまり、今後、眉毛が生えなくなるかもしれません。

まぶたが垂れる

 眉毛を抜く度に、目の周りの皮膚が引っ張られるので、皮膚にシワができたり、たるんだりし、将来、まぶたが垂れるおそれも。

眉毛を剃るメリットとデメリット

 眉毛を剃るメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット

毛根の負担を軽減できる

 眉毛の形には、毎年流行りがあります。流行りにあわせて眉毛の形を変えたいなら、眉毛が生えやすいように、毛根の負担を軽減することが大事です。

デメリット

剃り跡ができる

 シェーバーを皮膚に当てるので、角質が眉毛と共に剃れて、皮膚がカサカサになったり、皮膚が負けたり、毛穴が開きやすくなったりします。

手入れの回数が増える

 眉毛は一日に0.15mm伸びます。目の周りの肌は薄く、眉毛が0.15mm伸びただけでも目立ってしまいます。短い眉毛が気になる方は、頻繁に手入れしなければいけません。

眉毛をカットするメリットとデメリット

 眉毛をカットするメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット

安全性が高い

 先述したように、眉毛を抜いたり、剃ったりすると、皮膚に負担がかかりますが、眉毛をカットすることは、眉毛を直接手入れすることになるので、皮膚に負担が全くかかりません。

デメリット

根元からの手入れはできない

 眉毛の長さを調節できても、必要がない眉毛そのものを取り除けないので、カットだけでは、手入れに限界があります。

正しい整え方

 眉毛を抜く、剃る、カットするそれぞれメリットとデメリットがあることが分かりました。メリットしかないなら選びやすいですが、デメリットもあるとなると、どの方法を選べばいいのか悩みますよね。

 一番おすすめの手入れは、抜く、剃る、カットするの3つを組み合わせる方法です。

 普段の手入れはカットをメインにして、あとは、剃る、抜くを使い分けましょう。眉毛を剃るか、抜くか、どちらを選ぶかは眉毛の部位によって判断します。なりたい眉毛の形に対して、今後も必要がない毛は抜く、今は必要ないけれども、なりたい眉毛の形がいつか変わった時に必要になる毛は剃る、なりたい眉毛の形からはみ出ている毛は、カットするのがおすすめです。

 また、眉毛をやみくもに整えるのではなく、なりたい眉毛の形をイメージしてから整えましょう。眉毛を抜くなら、皮膚に負担をできるだけかけないようにしましょう。

 具体的な手順、眉毛の優しい抜き方を紹介します。

具体的な手順

1. なりたい眉毛の形を想像します。左右対称の眉毛を作りたいなら、眉毛テンプレートを使うのがおすすめ。眉毛テンプレートを使えば、左右非対称にはなりません。おすすめの眉毛テンプレートは「アストレア ヴィルゴ アイブロウモデル」です。
2. なりたい眉毛の形から、はみ出ている毛をカットします。先にカットすることで、剃り過ぎや抜き過ぎを防げます。
3. カットしても、なりたい眉毛の形からはみ出てしまう毛を手入れします。今後も必要がない毛は抜いて、いつか必要になる可能性がある毛は剃ります。

眉毛の優しい抜き方

1. 洗顔して、メイクを完全に落とします。メイクしたり、汚れが顔に付いたまま、眉毛を抜くと、毛根がなくなって開いた毛穴から雑菌が入ってしまいます。
2. 眉毛の周りを蒸しタオルで温めます。毛穴が閉じている状態で眉毛を抜くと、皮膚が不必要に引っ張られてしまい、毛穴と皮膚に負担がかかります。皮膚を温めることで、毛穴が広がりますよ。
3. 片手で皮膚を押さえて、眉毛を抜きます。抜く時には眉毛が生えている方向に向かって抜けば、皮膚にかかる負担、痛みを軽減できます。
4. 眉毛を抜き終わったら、保湿クリームで保湿します。

まとめ

 眉毛を抜く、剃る、カットするメリットとデメリット、正しい整え方を紹介しました。

 眉毛を抜く、剃る、カットする方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。一番おすすめの手入れ方法は、抜く、剃る、カットするの3つを組み合わせる方法です。眉毛を整える際には、なりたい眉毛の形をイメージしてから整えると、後悔しませんよ。

 目元は顔の印象を決める重要なパーツです。眉毛を正しく整えて、眉毛が細くなり過ぎないように、まぶたが垂れないようにしましょう。

====================

あわせて読みたい記事

眉を脱色、マスカラで染めるメリットとデメリット、眉の色の変え方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする