マタニティウェアは必要?着る期間は?

 妊娠してお腹が大きくなると、今まで着ていた服を着られなくなったり、着られたとしてもフォルムが変わったりします。そこで活躍するのがマタニティウェアですが、マタニティウェアは着る期間が短そうですよね。マタニティウェアは買うべきなのでしょうか?

 マタニティウェアの必要性、マタニティウェアを着る期間を紹介します。

 マタニティウェアの必要性

 マタニティウェアは、その名のとおり、妊婦さんを対象に作られた服です。妊娠週数が進むにつれて、妊婦さんのお腹はどんどん大きくなります。また、産後に備えて、胸も大きくなります。妊婦さんの大きなお腹、胸を優しく包み込み、身体に負担をかけないように作られた服がマタニティウェア。

 季節にあわせたファッションはもちろん、その年の流行りを押さえたマタニティウェアもあり、妊娠中でもオシャレを楽しむことができます。犬印本舗などの老舗のマタニティブランドの商品、西松屋やトイザらスなどのベビー用品のオリジナル商品の他、OLIVE des OLIVEやLEPSIM LOWRYS FARM、H&Mなど、女性に大人気のブランドもマタニティウェアを取り扱っていますよ。

 マタニティウェアを着る期間

 マタニティウェアは、お腹が大きくなる妊娠5ヶ月頃から着るのがおすすめです。しかし、つわりに悩んでいる妊婦さんやお腹が張っている妊婦さんは、妊娠前と同じ服を着ていてはリラックスできないと思います。また、二人目以降の妊娠である経産婦さん、多胎妊娠の妊婦さんは、妊娠初期からお腹が大きくなりやすい傾向があります。このような場合は、お腹が大きくなっていなくても、マタニティウェアを活用するといいですよ。

 また、妊娠すると、産後に備えて乳腺が発達するので、バストアップする妊婦さんが多いです。胸を締め付ける下着では、乳腺が発達しにくくなってしまい、産後に母乳が出づらくなります。胸が締め付けられているように感じたら、マタニティブラをつけましょう。

 妊娠5ヶ月頃からマタニティウェアを着たり、マタニティブラをつけたりするというのはあくまで目安。お腹や胸が大きくなるスピード、体調の変化には個人差があります。着たい、つけたいと思った時に着ましょう。

 まとめ

 マタニティウェアの必要性、マタニティウェアを着る時期を紹介しました。

 マタニティウェアは妊婦さんの大きなお腹や胸を優しく包み込み、身体に負担をかけないように作られています。つわりに悩んでいる妊婦さんやお腹が張っている妊婦さんは、お腹や胸が大きくなっていなくても、マタニティウェアを活用しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする