大人もかかる急性中耳炎の原因、予防法と治療法

 中耳炎と聞くと、5歳頃までの幼児がなりやすい病気だというイメージをもっていらっしゃる方が多いと思います。確かに、年齢を重ねるにつれて、中耳炎になる可能性は低くなりますが、大人になったからといって100%中耳炎にならないわけではありません。むしろ、大人が中耳炎になると、子どもに比べて治療が長引く場合があります。

 急性中耳炎の症状や原因、予防法と治療法を紹介します。

急性中耳炎の症状

 耳は外耳(耳たぶから鼓膜の手前まで)、中耳(鼓膜からアブミ骨まで)、内耳(蝸牛と前庭)の3つの部分から構成されています。

 急性中耳炎とは、鼻の奥から中耳を繋いでいる耳管から風邪のウイルスや細菌が侵入し、中耳に炎症が起きている状態を指します。

 急性中耳炎の症状として、痛み、耳がつまっているような閉塞感、難聴などが挙げられます。数日以内に自然に治ることもありますが、中耳から内耳に炎症が広がって、中耳炎から内耳炎に悪化することもあります。内耳には蝸牛と前庭があり、炎症を起こすと内耳性難聴や耳鳴り、めまいを引き起こします。また、内耳に傷がついた場合、難聴や耳鳴りなどがずっと残ってしまう可能性があるため、できる限り早く治療を始める必要があります。

急性中耳炎の原因

 急性中耳炎の主な原因は風邪です。先述したように、耳管から風邪のウイルスや細菌が侵入し、中耳に炎症が起きて、急性中耳炎を引き起こします。特に疲れやストレスがたまって免疫力が低下している大人、仕事や子育てに追われて病院を受診できず、風邪が長引いている大人は、急性中耳炎を引き起こしやすいです。

 また、風邪をひいている状態で飛行機を利用すると、急性中耳炎を引き起こす可能性が高まります。というのも、鼻がつまっていると、うまく耳抜きをできないからです。離着陸時に耳に違和感があって、なんとなく耳抜きをしていらっしゃる方が多いかもしれませんが、耳抜きをする目的をご存じですか?離着陸時の気圧の変化にともなって、耳の中で空気が膨らみます。そこで、耳抜きをして、耳の中の空気を外に出すのですが、耳抜きをできなければ、鼓膜が空気で押され、鼓膜の血管が切れたり、痛みを感じたりするのです。

急性中耳炎の治療法と予防法

 急性中耳炎の症状を知って、急性中耳炎の怖さをお分かりいただけたと思います。それでは、万が一、急性中耳炎になった場合、どのような治療を行うのでしょうか?また、急性中耳炎にならないために、どうすれば良いのでしょうか?

 急性中耳炎の治療法と予防法をみていきましょう。

急性中耳炎の治療法

 子どもが急性中耳炎になると、抗生物質を投与しなくても治ることが多いのですが、大人が急性中耳炎になると、耳管が細く曲がっているため、中耳に炎症が起きると治りにくいです。症状が軽ければ、痛み止めを服用して治癒を目指しますが、症状が重ければ、抗生物質を投与したり、鼓膜が炎症を起こして発熱している場合は、鼓膜を切開して膿を出したりする処置が必要になるケースが多いです。鼓膜が回復し、聴力が元に戻るまでに3週間程度はかかるといわれています。

 また、中耳から内耳に炎症が広がって内耳障害を引き起こしている場合、抗生物質の他、ステロイドやビタミン剤、循環改善剤による治療が必要となります。忙しい方の中には、通院する時間がないうえに、服用する薬の量が増えるため、病院を受診することを面倒くさいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、重症化すると薬だけでは治療できず、入院が必要になることもあります。できるだけ早めに病院を受診し、治療を開始してください。

急性中耳炎の予防法

 仕事や子育てに追われて疲れやストレスがたまっていると、急性中耳炎に限らず、突発性難聴など、さまざまな耳のトラブルが起きやすくなります。普段から疲れやストレスをためこまないことが大事です。仕事に追われて、子どもと遊べない日々が続いてストレスがたまっているなら、休日に子どもと一緒にはしゃいだり、子育てに追われてストレスがたまっているなら、一時預かり事業などを活用したりして、自分の時間を楽しみましょう。そして、子どもが寝る時間に一緒に寝て、睡眠時間をしっかり確保し、疲れを取り除きましょう。

 また、風邪をひいたら耳鼻科を受診して、できるだけ早めに治療を開始したり、耳鼻科を受診する時間がない、近くに耳鼻科がない場合には、市販薬で症状を抑えたりするなど、風邪を長引かせないことも大事です。

 喉の痛み、咳など、風邪の症状はさまざまですが、特に鼻水は他の症状が治まっても長く続きます。鼻をかむのが面倒くさい、人前でかむのが恥ずかしいからといって、鼻水をすするのはやめましょう。だからといって、鼻を何度もしっかりかめばいいというわけではありません。鼻を勢いよくかむと鼻の中の圧力が一気に上がって、中耳炎を引き起こす原因になります。鼻をかむ時には落ち着いて、片方の鼻の穴をしっかり押さえてかみましょう。

 また、風邪で旅行をキャンセルしたり、出張を延期したりする方は少ないと思います。やむを得ず飛行機を利用する場合は、機内で水分をこまめに摂ったり、キャンディを舐めたりして、唾液の分泌を促し、耳抜きしやすい環境を整えましょう。もちろん、水分であれば、何でも摂取していいというわけではありません。アルコールを摂取すると耳管が腫れて、耳がつまりやすくなってしまいます。旅行目的で飛行機に乗ると、テンションが上がって、アルコール飲料を飲みたくなるかもしれませんが、機内で飲酒するのは控えてくださいね。

まとめ

 急性中耳炎の症状や原因、予防法と治療法を紹介しました。

 急性中耳炎の症状には、痛み、閉塞感、難聴などが挙げられ、中耳炎が悪化すると、内耳が傷つき、難聴や耳鳴りなどがずっと残ってしまうおそれがあります。大人の耳管は細く曲がっているため、中耳炎になると治りにくく、重症化すると入院が必要になることもあります。

 急性中耳炎の主な原因は風邪です。「ただの風邪だから」と軽く考えず、風邪をひいたらできるだけ早く病院を受診したり、市販薬を服用したりして治療を開始しましょう。また、疲れやストレスがたまっていると、急性中耳炎や突発性難聴など、さまざまな耳のトラブルを引き起こしやすくなります。ストレスを解消したり、よく寝て疲れを取り除いたりできるように心がけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする