九月病の原因と症状、予防法や対策

 ゴールデンウィーク明けに、風邪をひいていないのにやる気が出ない、身体がだるいなどの症状が現れる五月病はよく知られていますが、九月病をご存じでしょうか?

 九月病の原因と症状、対策や改善方法を紹介します。

九月病の原因

 九月病はヨーロッパ人がなりやすく、海外ではよく知られています。ヨーロッパは夏休みが長く、夏休みを楽しみ過ぎた、夏休みをゆっくり過ごし過ぎた人が、夏休みが終わって仕事や学校が始まっても、やる気が出ない人が多いのです。

 日本の夏休みは長くなく、また、勤務先によって異なりますが、大人は一週間程度のお盆休みしかありませんよね。そのため、日本では九月病があまり知られていませんでした。

 しかし、最近では、日本人も九月病になりやすいといわれています。子どもが夏休みに入ると、お母さん、お父さんはお盆休みを利用して家族サービスをします。疲れを取る休みであるはずが、逆に疲れをためてしまい、お盆休み明けに仕事をする気になれない人が増えているのです。

 また、時間に余裕がある人の中には、自分の人生を振り返ってネガティブに考えてしまい、気持ちを切り替えられないまま、お盆明けを迎える人もいます。
 

九月病の症状

 先述したように、九月病は夏休みやお盆休みの過ごし方と強く関係しています。つまり、九月病が流行する時期は夏休み明けやお盆明け、8月下旬から9月上旬です。

 主な症状は、やる気が出ない、身体がだるいなどで、五月病の症状に似ています。

予防法や対策

 九月病の症状は目に見えないため、九月病になっていることに気付かなかったり、「一時的なものだ。」、「すぐに治る。」と軽く考えたりする方が多いです。九月病になることによって引き起こしやすいのが、睡眠障害です。寝つきが悪くなった、夜中に目が覚める、夜明け前に目が覚めるなど、睡眠時間が短くなるなら、九月病になっている可能性があります。

 九月病の予防法や対策をみていきましょう。

ストレスをためない

 ストレスがたまると、お酒を飲んで気分を紛らわしたり、好きな時間に好きなものを食べたりして、食生活が乱れがちです。食生活が乱れると、身体に負担がかかってしまいます。

 カラオケに行ったり、家族や友達など、気兼ねなく話せる人と食事を楽しんだりして、たまったストレスはその都度解消するようにしましょう。

しっかり睡眠をとる

 先述したように、九月病になると睡眠時間が短くなります。なかなか寝つけないからといって、テレビやスマートフォンを夜遅くまで見ることはやめて、決まった時間に布団に入るなど、規則正しい生活を送るように心がけましょう。

 寝る時間が遅くなっても、昼まで寝ずに、朝の太陽の光を浴びることが大事です。日光を浴びることで、体内時計をリセットできます。日中に眠くなったら、昼休みを使って15分程度寝ることで、午前中の疲れを取り除き、仕事のパフォーマンスを上げられます。

 寝つけない方は、日中にウォーキングやジョギングなどの運動をして、身体を適度に疲れさせることも大事です。寝る前にストレッチをすることも、身体と脳がリラックスできるのでいいですよ。

消化がいい食事を摂る

 8月は夏バテで、9月は季節の変わり目で身体に疲れがたまりやすい時期です。食欲がない方も多いと思いますが、消化がいい食事を摂って、体力の回復に努めましょう。

まとめ

 九月病の原因と症状、対策や改善方法を紹介しました。

 お盆休みに家族サービスをして疲れがたまったり、自分の人生を振り返ってネガティブに考えたりし、身体も心も疲れたまま、お盆明けを迎えると、九月病になりやすいです。 

 九月病の主な症状は、やる気が出ない、身体がだるいなどで、五月病の症状に似ています。九月病になることによって引き起こしやすいのが、睡眠障害です。睡眠時間が短くなるなら、九月病になっている可能性がありますので、早めに対策をしましょう。ストレスをためない、しっかり睡眠をとる、消化がいい食事を摂るようにして、身体と心の回復に努めましょう。

 九月を過ぎると、年末に向けて忙しくなります。年末まで突っ走れるように、体調を整えたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする