寒天を食べるメリット、簡単なレシピや効果的な食べ方

 食物繊維がたっぷり含まれているのに、カロリーが低い寒天は、便秘に悩む方やダイエットに励む方の強い味方。しかし、食べ方を間違うと、便秘を悪化させてしまう可能性があります。

 寒天を食べるメリット、簡単なレシピや効果的な食べ方を紹介します。

寒天を食べるメリット

 寒天はテングサという赤紫色の海藻から作られています。テングサは水深1~5メートル程度の岩に付着しており、容易に採取できることから、昔から親しまれてきた食材です。海藻といえば、ダイエット食材の定番であるワカメやヒジキを思い浮かべますよね。

 同じように、食物繊維が豊富で、低カロリーである海藻からできている寒天を食べると、身体にどのようなメリットがあるのでしょうか。

便秘を解消できる

 食物繊維は胃の中で膨らむため、少量で満腹感を得られます。また、腸で膨らむことによって、腸を内側から刺激して、腸にたまった便を体外に排出しやすくします。

美肌効果を得られる

 便秘が解消され、身体に不要な老廃物や水分が体外に排出されると、吹き出物や肌荒れが解消され、肌の調子が良くなります。

長く続けられる

 カロリーを制限するダイエットは空腹を感じたり、甘いものを食べたくなったりして、ストレスがたまりやすいですよね。中には、ダイエットしても三日坊主になってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 寒天を使った料理は満腹感を得られるだけでなく、アレンジがたくさんあるので飽きません。味を楽しみながらダイエットすることができるので、ストレスがたまりにくく、長く続けられます。

簡単なレシピ

 寒天を使った簡単なレシピを紹介します。

寒天ゼリーの作り方

 寒天を使う料理はたくさんありますが、ゼラチンではなく寒天で作るゼリーが定番料理です。とても簡単に作ることができるので、寒天を使うのが初めてだという方は、まず、寒天ゼリーを試してみましょう。

【作り方】
1. 鍋に水を入れて、沸騰させます。
2. 鍋に粉寒天を加えて、よく溶かします。
3. 容器に移し替えて、味付けします。
4. 粗熱をとって、冷蔵庫で冷やして完成です。
※加える粉寒天の量はメーカーによって異なるので、パッケージを確認してください。

 味付けに使う材料は牛乳やジュースなど何でもいいですが、カロリーと糖分が少ない飲み物を選びましょう。例えば、ジュースを使う場合は100%ジュースを選ぶといいですね。

 鍋を洗うのが面倒くさいので、私は鍋を使わずに寒天ゼリーを作っています。沸騰させたお湯を耐熱容器に入れて、粉寒天を加え、よく溶かします。あとは上記の工程(味付けして、粗熱をとって、冷蔵庫で冷やす)と同じです。

豆乳ゼリーの作り方

 定番の寒天ゼリーを作ることができたら、さまざまな食材を使って、レパートリーを増やしていきましょう。せっかく作るなら、ダイエット効果や便秘解消効果が高い寒天ゼリーを作りたいですよね。寒天を使った豆乳ゼリーのレシピを紹介します。

【作り方】
1. 鍋に水(100ミリリットル)を入れて、沸騰させます。
2. 鍋に粉寒天を加えて、よく溶かします。
3. 容器に移し替えて、豆乳(400ミリリットル)を加えます。
4. 粗熱をとって、冷蔵庫で冷やして完成です。
※加える粉寒天の量はメーカーによって異なるので、パッケージを確認してください。

 缶詰のみかんを加えて冷やせば、杏仁豆腐にそっくりの寒天ゼリーができます。

 また、豆乳だけでは味がありませんが、ハチミツときな粉をかければ、和風スイーツのように寒天ゼリーを楽しむことができます。豆乳には肌のターンオーバーを促す大豆イソフラボンが、ハチミツには肌荒れを改善するビタミンB群が、きな粉には食物繊維が含まれています。女性に嬉しい効果がいっぱいのゼリーですね。ただし、ハチミツは低カロリーではないので、かけ過ぎないように注意してください。

効果的な食べ方

 寒天をただ食べるだけでは、高いダイエット効果や便秘解消効果を得られません。

 寒天の効果的な食べ方をみていきましょう。

食前に食べる

 低カロリーでありながら満腹感を得られる寒天ですが、食事の直前に寒天を食べると、満腹感を得られる前に食事を迎えることになるので、食事の量が変わらない可能性があります。寒天は食前1時間前に食べ、満腹感を得られた状態で食事を迎えましょう。

低カロリーの味付けをする

 寒天の特徴である低カロリー。当たり前ですが、寒天を使って料理しても、糖分を加えると、高カロリーってしまいます。紹介した寒天ゼリーの他、ご飯を炊く時に炊飯器に粉寒天を入れるなど、食事が高カロリーにならないように工夫しましょう。

水分を摂取する

 腸内に水分が十分になければ、食物繊維が腸内にたまりやすくなり、便秘を悪化させてしまう可能性があります。食物繊維が腸内を移動しやすいように、水分を意識して摂取するようにしましょう。

 まとめ

 寒天を食べるメリット、簡単なレシピや効果的な食べ方を紹介しました。

 寒天には、便秘を解消できる、美肌効果を得られる、長く続けられるなどのメリットがあります。まずは簡単な寒天ゼリーを作ることから始めて、慣れたらさまざまな食材を使って、レパートリーを増やしていきましょう。豆乳やハチミツ、きな粉など、美肌効果や便秘解消効果を高めるような食材を組み合わせて寒天ゼリーを作るのもいいですね。

 また、寒天をただ食べるだけでは、高いダイエット効果や便秘解消効果を得られません。食前に食べる、低カロリーの味付けをする、水分を摂取するなど、寒天の特徴(低カロリー、豊富な食物繊維)を活かしてくださいね。

 カロリーを制限するダイエットはストレスがたまりやすいですが、寒天を使った料理は簡単に作ることができるうえに、アレンジがたくさんあるので飽きません。ダイエットが長続きしないという方は、寒天を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする