端午の節句の兜や五月人形は誰が買う?いつからいつまで飾る?

 迫力があり、力強い印象を与える兜や五月人形。どちらも端午の節句に欠かせないアイテムですが、誰が買って、いつから飾って、いつ片付けるのでしょうか?

 兜や五月人形の用意の仕方、飾り始める時期と片付ける時期を紹介します。

 誰が買うの?

一般的には父方の祖父母

 女の子の初節句は母方の祖父母が用意し、男の子の初節句は父方の祖父母が用意するのが一般的です。しかし、これは一般的な話であって、そうしなければ何か不吉なことが起きるということではありません。祖父母との関係や経済状況はもちろん、上に女の子や男の子がいる場合は誰が初節句を用意したかなど、様々な面から考えましょう。兜と五月人形のどちらかだけを買うのか、どちらも買うのかによって、予算も変わります。

 また、性格によっては、五月人形を含めて、人形を怖いと感じる子どももいます。五月人形を買うなら、祖父母に任せるのではなく、お父さん、お母さんも一緒に買いに行くのがいいです。兜も五月人形も毎年飾るものなので、買った後に「可愛い五月人形が良かったのに!」と後悔しないように気を付けましょう。

注意点

自分で買うなら、事前連絡を

 祖父母にとって、兜や五月人形は大切な孫への贈り物。誕生月によっては、初めてのプレゼントかもしれませんね。自分達で買う場合は、祖父母にその旨を伝えておきましょう。

飾る場所を決めて事前計測を

 兜と五月人形どちらも飾るとなると、大きなスペースが必要です。兜や五月人形を買う前に、飾る場所を決めて、どのぐらいの広さが必要なのか測っておきましょう。祖父母に買ってもらう場合、祖父母に計測結果を伝えてくださいね。

 お下がりは駄目?

 お父さんが赤ちゃんの頃に買ってもらった兜や五月人形。実家に保管しているという方も多いのではないでしょうか?お父さんが使っていたものを赤ちゃんに引き継ぐのはいいのでしょうか?

 昔の日本には、武家社会という言葉がありました。武家社会では、武道を大切にする気持ち「尚武」が重んじられました。今は武家社会では当然ありませんが、男の子が困難に果敢に立ち向かい、乗り越えて、健康的に成長してほしいという親心はいつの時代も同じ。兜は身を守るための象徴であり、五月人形は赤ちゃんの代わりに厄や災いを受けてくれるとされています。そのため、赤ちゃん一人に対して、兜を一つ、五月人形を一体用意するべきだといわれています。しかし、これは昔の話で、最近では、お父さんが使っていたものを赤ちゃんに引き継ぐ方も増えています。お父さんが赤ちゃんの頃から親しんできたものを、自分の子どもに引き継ぎ、更に孫に引き継がれていくというのも素敵ですよね。

 いつからいつまで飾る?

 兜も五月人形も、春分の日(3月20日、21日のどちらか)から4月中旬頃までに飾り始めましょう。

 また、5月5日以降で天気がいい日に片付けてください。人形は湿気に弱く、天気が悪い日に片付けると、人形にカビが生えてしまうおそれがあります。子どもの代わりに厄や災いを受けてくれる人形にカビが生えるのは縁起が悪いですよね。5月下旬になると雨の日が多くなり、やがて梅雨が始まります。節句が終わったら早めに片付けるようにしましょう。

 まとめ

 兜や五月人形の用意の仕方、飾り始める時期と片付ける時期を紹介しました。

 男の子の初節句は父方の祖父母が用意するのが一般的ですが、最近では、お父さんが使っていたものを赤ちゃんに引き継ぐ方も増えています。赤ちゃん一人に対して、兜を一つ、五月人形を一体用意するべきだといわれていますが、お父さんが赤ちゃんの頃から親しんできたものを子どもに引き継ぐというのも素敵なお話ですよね。

 兜も五月人形も、春分の日から4月中旬頃までに飾り始め、5月5日以降で天気がいい日に早めに片付けてください。5月下旬になると雨の日が多くなり、やがて梅雨が始まります。人形は湿気に弱いので、節句が終わったら早めに片付けるようにしましょう。

 風習やしきたりにとらわれず、端午の節句を過ごしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする