除湿器の効果的な置き場所と使い方、お手入れ方法

 除湿器をどこに置いて、どのように使っていますか?どのぐらいの頻度でお手入れしていますか?答えに詰まった方は、除湿器がもつパワーを活かしきれていないかもしれません。

 除湿器の効果的な置き場所と使い方、お手入れ方法を紹介します。

除湿器の効果的な置き場所

 除湿器の置き場所をみていきましょう。

低い位置に置く

 水分を含んだ湿った空気は下にたまります。床から近い場所、つまり、低い位置に除湿器を置きましょう。

部屋の中央に置く

 除湿器には、湿った空気を吸い込む吸気口、乾燥した空気を送り出す送風口があります。壁際や家具の横などに置くと、吸気口や送風口が塞がってしまいます。部屋の中央に置くのが一番ですが、中央に置くと邪魔だという方もいると思います。吸気口と送風口の位置を確認し、塞がないように、壁から少し離して置くなど工夫しましょう。

人の出入りが少ない場所に置く

 ドアや窓の近くなどは人の出入りが多く、ドアや窓を開け閉めする度に、外から部屋に湿気が取り込まれてしまいます。ドアや窓の近くに除湿器を置くと、取り込まれた湿気を除湿するので、部屋全体を除湿できません。人の出入りが少ない場所に置きましょう。

除湿機の効果的な使い方

 除湿機の機能を使えば、部屋の湿度を下げることができますが、他にどのような使い方があるのでしょうか。

 除湿機の効果的な使い方をみていきましょう。

洗濯物を効率的に乾かす方法

 晴れた日に洗濯物を外干しするとあっという間に乾きますが、雨が降っている日は洗濯物を部屋干しするしかなく、乾くのに時間がかかりますよね。乾かすのに時間がかかると、洗濯物に嫌なにおいがついてしまいます。汗やにおいを落とすために洗濯したのに、嫌な別のにおいがついては、洗濯した意味がありません。

 しかし、除湿器を使えば、洗濯物を効率的に乾かすことができます。

① 洗濯物と洗濯物の間を15cm程度空けて、洗濯物を干します。
② 洗濯物の下に除湿器を置いて、運転を開始します。
 除湿器と洗濯物の距離が近ければ近いほど、洗濯物の水分を除湿器が吸い取ってくれます。しかし、近付け過ぎると火災の原因になりかねません。除湿器と洗濯物は50センチメートル以上離すようにしましょう。

クローゼットの湿気を取る方法

 クローゼットに服をたくさん収納している方は、クローゼットの湿気が気になりますよね。ウォークインクローゼットなら、除湿器をクローゼットの中に置いて除湿できますが、一般的なクローゼットには除湿器を置くスペースもコンセントの差し込み口もありません。

 クローゼットを除湿したい場合は、

① 部屋の扉を閉めます。
② クローゼットの扉を開けて、クローゼットの近くに除湿器を置きます。
③ クローゼットに向けて、扇風機やサーキュレーターを動かし、風を送ります。
 これで、クローゼットの中の空気が循環しやすくなり、クローゼットから出た湿気を除湿器が吸い取ってくれます。

 梅雨は週に1回、クローゼットの湿気を取ることで、服に嫌なにおいがつくのを防げますよ。

除湿器のお手入れ方法

 高い位置に取り付けているエアコンのお手入れは大変ですが、除湿器のお手入れは楽ですね。

 除湿器のお手入れをする際には、コンセントを必ず抜きましょう。お手入れをしている最中に、誤って運転を開始してしまうと、故障するおそれがあります。

 製品によりますが、除湿器でお手入れが必要な箇所はタンクと吸気口の2つです。

タンク

① タンクを引き出して、たまっている水を捨てます。
② 水筒などを洗う取っ手付のスポンジで、タンク内を優しくこすって、汚れを落とします。
*汚れが落ちない場合は、薄めた台所用中性洗剤を使います。
③ タンクを水洗いし、水分を拭き取れる箇所は拭き取って、しっかり乾かします。
 月に1度はタンクをお手入れしましょう。カビが発生する原因になります。

吸気口

① カバーを外し、丸洗いできるカバーなら丸洗いを、できないカバーなら固く絞った布巾で汚れを拭き取ります。 ② フィルターを外し、掃除機で汚れを吸い取ります。
 月に1度は吸気口をお手入れしましょう。特にフィルターが汚れで目詰まりすると、除湿能力を弱めたり、故障したりする原因になります。

まとめ

 除湿器の効果的な置き場所と使い方、お手入れ方法を紹介しました。

 除湿器は部屋の中央で、人の出入りが少ない低い場所に置きましょう。

 また、洗濯物を早く乾かしたい場合は、洗濯物の下に除湿器を置くことで、除湿器が水分をどんどん吸い取ってくれます。クローゼットを除湿したい場合は、クローゼットの扉を開けて、クローゼットの近くに除湿器を置き、扇風機でクローゼットに風を送ることで、クローゼットから出た湿気を除湿器が吸い取ってくれます。

 カビの発生や故障を防ぐために、月に1度はタンクと吸気口をお手入れしてくださいね。除湿器を適切に使って、快適な生活を送りましょう。

====================

あわせて読みたい記事
除湿器とドライ機能の違い、3種類の除湿器の特徴と選び方
梅雨に洗濯物を部屋干しすると乾きにくい理由、早く乾かす方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする