戌の日とは?安産祈願の日の選び方、2019年の戌の日も紹介

 日本で昔から行われている安産祈願ですが、戌の日に神社にお参りする方が多いのをご存じですか?私は妊娠するまで戌の日を知らず、妊娠期に読む雑誌で戌の日について知りました。

 戌の日の意味、安産祈願する日の選び方を紹介します。

 戌の日とは?

 「戌」といえば、十二支を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?年が十二に分けられているように、日も干支に基づいて十二に分けられており、戌の日は十二日に一度巡ってきます。十二支の中でも戌(犬)は子どもをたくさん産むこと、また、お産が軽いことから、昔から安産の象徴とされてきました。当然昔は今のように医療技術が発展していません。少しでも出産を安全に、楽にしたいという気持ちが、犬にあやかって戌の日に安産祈願する風習を生み出したのでしょう。

 安産祈願する日の選び方

 一般的には、妊娠五ヶ月目に入った最初の戌の日に安産祈願するのが良いといわれています。安産に限らず、交通安全や合格などお願い事をするなら、大安の日を選びたいですよね。しかし、先述したように、戌の日は十二日に一度しかなく、戌の日と大安が重なる日はとても少ないです。

 2019年の戌の日と六曜を照らし合わせてみましょう。
・3月 → 2日(友引)、14日(先負)、26日(先負)
・4月 → 7日(大安)19日(大安)
・5月 → 1日(大安)、13日(赤口)、25日(赤口)
・6月 → 6日(友引)、18日(友引)、30日(友引)
・7月 → 12日(先負)、24日(先負)
・8月 → 5日(大安)17日(大安)29日(大安)
・9月 → 10日(先勝)、22日(先勝)
・10月 → 4日(友引)、16日(友引)、28日(仏滅)
・11月 → 9日(仏滅)、21日(仏滅)
・12月 → 3日(大安)15日(大安)、27日(先勝)
となっています。

 戌の日は26日あるにもかかわらず、戌の日と大安が重なっているのは8日間しかなく、戌の日と大安が重なる日に安産祈願するのは難しい場合が多いです。

 そこで気になるのは、戌の日と大安のどちらを優先すれば良いのかということ。結論からいえば、大安にこだわる必要はなく、実際に、戌の日を優先してお参りする妊婦さんが多いです。旦那さんやお母さん、お父さんなど、一緒にお参りする方の中に、六曜にこだわる方がいれば、大安の他、友引や先勝などの戌の日にお参りすれば良いと思いますが、六曜にこだわらないのであれば、妊婦さんの予定や体調を優先してお参りしましょう。

 また、戌の日と大安が重なる日にお参りできるとしても、その日に雨が降っていたら、別の日に変更するのを検討することも大事です。雨の日は地面が滑りやすく、また、気温が下がりやすいので、身体を冷やして風邪をひきやすいです。安産祈願しにお参りするのに、濡れた地面で滑って怪我をしたり、風邪をひいたりしては本末転倒。このようなリスクも考えて、安産祈願する日を選びましょう。

 私は数年前に戌の日と大安が重なる日にお参りしましたが、良い日取りだったせいか参拝者が多く混雑していました。休憩できるスペースが多い神社だったので助かりましたが、長時間待つことは妊婦さんにとって大きな負担ですよね。混雑が予想される場合は、神社に休憩できるスペースがあるかどうかを確認しておくと安心ですよ。

 まとめ

 戌の日の意味、安産祈願する日の選び方を紹介しました。

 戌(犬)は子どもをたくさん産むこと、また、お産が軽いことから、昔から安産の象徴とされており、犬にあやかって戌の日に安産祈願する風習が生まれました。

 戌の日は十二日に一度巡ってきますが、戌の日と大安が重なる日はとても少なく、大安にこだわらずに戌の日を優先してお参りする妊婦さんが多いです。一緒にお参りする方の中に、六曜にこだわる方がいれば、大安の他、友引や先勝などの戌の日にお参りするようにし、六曜にこだわらないのであれば、妊婦さんの予定や体調を優先してお参りするようにしましょう。

 また、お参りする日を決めても、その日に雨が降っていたら、別の日に変更するのを検討することも大事です。安産祈願しにお参りするのに、濡れた地面で滑って怪我をしたり、風邪をひいたりしては嫌ですよね。天気予報などを見て、臨機応変に対応しましょう。

 妊娠中はホルモンの影響などで気持ちが不安定になりやすいですが、戌の日に安産祈願をすることで気持ちが落ち着きます。身体と相談して、無理のない範囲でお参りしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする