未開封、開封済み、タイプ別の日焼け止めの使用期限

 毎年紫外線対策として使う日焼け止めですが、日焼け止めをワンシーズンで使い切れず、去年や数年前の日焼け止めが余っているという方も多いのではないでしょうか?

 未開封、開封済み、タイプ別の日焼け止めの使用期限を紹介します。

未開封の日焼け止めの使用期限

 日焼け止めの容器や説明書を見ても、使用期限の記載はありません。日本には薬機法(平成26年に薬事法から改正)という、医薬品や医薬部外品、化粧品などの安全性の確保を目的とした法律があります。薬機法によると、3年以内に品質が変化せず、使用しても問題が生じない場合、使用期限の記載を義務付けられていません。つまり、使用期限の記載がない日焼け止めは製造してから3年間は安全に使用できるということになります。

開封済みの日焼け止めの使用期限

 では、一度開封した日焼け止めの使用期限も未開封の日焼け止めの使用期限が同じなのかというと、同じではありません。というのも、日焼け止めには乳液が含まれており、空気に触れることで酸化が進み、開封から時間が経つにつれて、品質がどんどん落ちてしまいます。日焼け止めには防腐剤やアルコールも含まれていますが、乳液のほうが占める量が多いので、酸化を止められません。開封後は1年で使い切るようにしましょう。

 開封してから1年以上経った日焼け止めを使いたい場合は、日焼け止めを要らない容器に出し、色やにおいなどを観察してください。もとの色から変わっていたり、変なにおいがしたりすれば、品質が落ちている証拠です。また、日焼け止めの容器をよく振っても、日焼け止めが分離していれば、酸化が進んでいる証拠です。

日焼け止めのタイプ別の使用期限

 日焼け止めには、乳液タイプ、ジェルタイプ、スプレータイプなど、さまざまな種類があり、タイプによって使用期限が異なります。

・乳液タイプ、ジェルタイプ
未開封 → 3年、開封後 → 1年
・スプレータイプ
未開封、開封後 → 3年
・無添加タイプ
未開封 → 1年、開封後 → 6ヶ月

 無添加タイプの日焼け止めには不要な成分が含まれていないので、品質の劣化が早いです。開封後は早めに使い切りましょう。

まとめ

 未開封、開封済み、タイプ別の日焼け止めの使用期限を紹介しました。

 日焼け止めは、開封すると、品質がどんどん落ちてしまいます。日焼け止めには防腐剤やアルコールも含まれていますが、開封後は1年で使い切るようにしましょう。

====================

あわせて読みたい記事

紫外線の種類やピーク、日焼け止めを使わない日焼け対策
日焼けすると皮が剥ける理由、めくるデメリット、めくれた後のケア方法
紫外線が髪や頭皮に与える影響と対策、ケア方法
紫外線が唇に与える影響、対策とケア方法
紫外線が目に与える影響と対策、ケア方法
日焼け止めの保管場所、方法、古い日焼け止めを使うリスク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする