紫外線の種類やピーク、日焼け止めを使わない日焼け対策を紹介

 ドラッグストアやCMなどで日焼け止めを見ると、「日焼け対策しないと!」と焦る方が多いと思いますが、一方で日焼け止めを塗るのが面倒だという方も多いのではないでしょうか。日焼け止めを使わずに日焼け対策できるなら、肌に負担がかからないし、何より楽ですよね。

 季節や時間帯別の紫外線量のピーク、日焼け止めを使わない日焼け対策を紹介します。

 紫外線とは

 紫外線にはUVAと呼ばれる紫外線A波、UVBと呼ばれる紫外線B波、UVCと呼ばれる紫外線C波の3種類があります。この中でC波だけはオゾン層が吸収してくれるので、私達が注意しなければいけないのはA波、B波の2種類ということになります。

 A波とB波それぞれの違いをみていきましょう。

紫外線A波

 紫外線量は4月から8月にかけてピークを迎えますが、それ以外の時期であっても、ピーク時の2分の1以上の量があるので、一年を通して予防する必要があります。

 A波の大きな特徴は、家や車の中にいても、窓ガラスを通じて到達するという点です。A波は肌の黒ずみ、シワ、たるみの原因になります。

紫外線B波

 紫外線量は5月から8月にかけてピークを迎え、10月から3月にかけては量がグッと減ります。

 屋内にいても浴びる可能性があるA波とは異なり、B波は屋外でのみ浴びる紫外線です。B波は肌に炎症を起こし、シミの原因になります。夏に海水浴や屋外プールで遊ぶと、肌がすぐに日焼けしますよね。これがB波の特徴だと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

 紫外線が強い季節と時間帯

季節

 先述したように、紫外線には種類があり、紫外線A波のピークは4月から8月、B波のピークは5月から8月です。紫外線量が多い季節といえば、本格的な夏である7月、8月を思い浮かべる方が多いですが、紫外線量は春から夏にかけて特に多くなるということです。

 ちなみに、同じ季節でも地域に気温差があるように、地域によって紫外線量も異なります。沖縄県の紫外線量は北海道の紫外線量の1.5倍もあるそうです。

時間帯

 一日の間でも時間帯によって、紫外線の量は変動します。紫外線量が多い時間帯といえば、昼間のイメージが強いですよね。実際に、10時から14時の4時間が紫外線のピークで、一日の紫外線量の60%に当たります。ただ、ピークが始まる10時よりも前から、紫外線は降り注ぎ始めています。具体的には、紫外線は朝7時から降り注ぎ始めます。また、夕方には紫外線量が減るとはいえ、降り注いでいます。

 日焼け止めを使わない日焼け対策

 日焼け対策といえば日焼け止めを使っている方が多いと思いますが、日焼け止めを塗るのが面倒だと思っている方も多いのではないでしょうか。

 日焼け止めを塗ったからといって、その効果が一日中続くわけではありません。汗をかいたり、手を洗ったりすると、日焼け止めが落ちてしまうので、3時間おきに塗り直す必要があります。例えば、朝、昼、夕方に日焼け止めを塗り直した場合、3重にも塗り重ねした日焼け止めを、入浴で洗い流さなければいけません。日焼け止めを落とせていないと感じて、身体を何度も洗う方もいらっしゃると思います。

 そこで、日焼け止めを使わない日焼け対策を紹介します。

室内では窓の近くに座らない

 先述したように、紫外線A波は家や車の中にいても窓ガラスを通じて到達します。遮光カーテンを閉めっぱなしにすれば、室内に紫外線が入ることはありませんが、いい天気の日はカーテンを開けたいですよね。窓の近くにいる時間を短くするだけで、肌が浴びる紫外線量を減らすことができます。

紫外線量が多い時間帯に外出しない

 紫外線のピークである10時から14時に外出するのを避けましょう。薄暗くなってしまいますが、17時以降に外出すると、肌が浴びる紫外線量を減らすことができます。

 やむを得ず、日中に外出しなければいけない場合、屋外にいる時間をできるだけ短くしてください。屋外であっても日陰にいれば、日光が当たらないので日焼けしないと考える方がいますが、紫外線は空から降り注ぐものもあれば、地面に反射して肌に届くものもあります。屋外にいる時間を短くするのが一番です。

日傘や帽子を使い、カーディガンを羽織る

 日傘を差していれば、露出度の高い服を着ても日焼けしないと思っていませんか?先述したように、紫外線は地面に反射して肌に届きます。空から降り注ぐ紫外線は日傘や帽子で、地面に反射する紫外線はカーディガンを羽織って対策しましょう。スカートなど、足を出す服装をする場合、UVカット効果のあるストッキングを履くといいですよ。

 まとめ

 季節や時間帯別の紫外線量のピーク、日焼け止めを使わない日焼け対策を紹介しました。

 紫外線量は春から夏にかけて特に多くなります。また、一日の間では10時から14時の4時間が紫外線のピークで、一日の紫外線量の60%に当たります。

 日焼け止めを塗っても、汗をかいたり、手を洗ったりすると、日焼け止めが落ちてしまうので、3時間おきに塗り直す必要があります。日焼け止めを使わずに日焼け対策をしたい方は、室内では窓の近くに座らない、紫外線量が多い時間帯に外出しない、日傘や帽子を使い、カーディガンを羽織るなどして、紫外線から肌を守りましょう。

====================

あわせて読みたい記事

目から日焼けするって本当!?対策とケア方法
去年開封した日焼け止めは使える?使用期限はあるの?
日焼けして剥ける皮をめくるとどうなるの?めくれた後のケアは?
頭が日焼けすると抜け毛が増える!髪と頭皮の日焼け対策とケア方法
唇が日焼けすると老けて見える!唇の日焼け対策とケア方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする