頭が日焼けすると抜け毛が増える!髪と頭皮の日焼け対策とケア方法

 肌の日焼け対策として日焼け止めを塗る方は多いと思いますが、髪や頭皮の日焼け対策はしていますか?肌が日焼けすると、ターンオーバーを経て、新しい肌に生まれ変わりますが、髪は生まれ変わらないため、日焼けして傷んだ髪は放っておくか、切るしかありません。髪は肌以上に日焼け対策を行ったり、ケアをしたりする必要があるのです。

 紫外線が髪や頭皮に与える影響と対策、ケア方法を紹介します。

 紫外線が髪や頭皮に与える影響

 帽子をかぶると帽子の中が蒸れたり、ヘアスタイルが崩れたりしますよね。日傘を差すと、風に飛ばされそうになったり、外出先で室内に入った時に荷物になったりして、帽子も日傘も使っていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。髪や頭皮が紫外線を浴びると、どのような影響があるのでしょうか。

 早速、みていきましょう。

髪色が変わる

 私達の身体が紫外線を浴びると、脳が身体に「紫外線を浴びた!」という信号が送り、紫外線から身を守るために、身体がメラニン色素をつくり始めます。髪の内部にもメラニン色素がありますが、髪の表面を覆うキューティクルにはメラニン色素がありません。髪が紫外線を浴びると、まず、キューティクルがダメージを受けて、キューティクルが剥がれた箇所から紫外線が髪の内部に到達します。髪の内部にあるメラニン色素が紫外線をある程度吸収しますが、紫外線量が多いと吸収しきれず、メラニン色素が分解されて、髪色が変わってしまいます。

 髪をヘアカラーリング剤で染めている方は、冬に比べて夏は色が抜けるのが速いと感じたことがあるのではないでしょうか。ヘアカラーリング剤で染めているのは髪の表面だけではありません。髪の内部まで液剤を染み込ませているので、髪の内部のメラニン色素が少なくなっているのです。また、ヘアカラーリング剤によってキューティクルがダメージを受けていて、紫外線が髪の内部まで届きやすくなっているので、髪が傷みやすく、色が抜けやすいのです。

枝毛や抜け毛が増える

 髪はたんぱく質の一種であるケラチンで構成されています。髪が紫外線を浴びるとケラチンが破壊され、髪のハリがなくなり、枝毛やパサつきの原因になります。また、頭皮が紫外線を浴びると、血流が悪くなったり、乾燥したりして、毛根が弱くなり、抜け毛が増えてしまいます。

 対策、ケア方法

 頭は身体の中でも太陽に一番近い部位で、紫外線を浴びやすいです。

 髪や頭皮の紫外線対策、ケア方法をみていきましょう。

日焼け止めスプレーを使う

 先述したように、髪の内部にはメラニン色素がありますが、髪を覆うキューティクルにはメラニン色素がないので、紫外線の影響を受けやすくなっています。キューティクルがダメージを受けると、髪の内部に紫外線が届きやすくなるので、髪の表面を紫外線から守ってあげましょう。

 日焼け止めはクリームタイプが一般的ですが、クリームタイプを髪に塗るわけにはいきませんよね。スプレータイプであれば髪がべたつかず、また、ムラなく均等に髪に日焼け止めをかけられます。

 スタイリングした後に、髪から15センチメートルほど離した位置から、まんべんなくスプレーしましょう。髪や頭皮は汗をかきやすく、日焼け止めが落ちやすいので、3時間おきにスプレーしてください。スプレーした後に、髪を整えられるよう、スプレーとブラシを持ち歩くといいですね。

低刺激のシャンプーを使う

 紫外線を浴びた髪や頭皮は刺激に弱くなっています。普段使っているシャンプーを使って、髪にパサつきを感じたり、頭皮にヒリヒリした痛みを感じたりする場合は、刺激が少ないシャンプーに切り替えましょう。

髪の分け目を変える

 いつも同じ位置で髪を分けていませんか?髪の分け目は日焼けしやすい箇所で、頭皮の他の箇所よりもダメージを受けています。一箇所ばかりがダメージを受けると、日焼け対策やケアをするのが難しくなるので、髪の分け目を変えましょう。髪を洗った後にすぐにブラシで分け目を変えることで、スタイリングしやすくなります。

帽子や日傘を使う

 駐車場や近場のスーパーなど、屋外にいる時間が短ければ、帽子や日傘を使うのが面倒だと思われるかもしれません。しかし、少しであっても、紫外線を毎日浴びることで、少しずつ日焼けしてしまいます。面倒がらずに、帽子や日傘を使って、髪や頭皮を紫外線から守りましょう。

 まとめ

 紫外線が髪や頭皮に与える影響と対策、ケア方法を紹介しました。

 髪や頭皮が紫外線を浴びると、髪色が変わる、枝毛や抜け毛が増えるなどの影響があります。頭は身体の中でも太陽に一番近い部位で、紫外線を浴びやすいです。日焼け止めスプレーや低刺激のシャンプー、帽子や日傘を使ったり、髪の分け目を変えたりして、髪や頭皮が受けるダメージを減らしましょう。

 髪は生まれ変わらないため、日焼けして傷んだ髪は放っておくか、切るしかありません。今以上に傷まないように、今日から頭の日焼け対策に取り組みましょう。

====================

あわせて読みたい記事

紫外線の種類やピーク、日焼け止めを使わない日焼け対策を紹介
目から日焼けするって本当!?対策とケア方法
日焼けして剥ける皮をめくるとどうなるの?めくれた後のケアは?
唇が日焼けすると老けて見える!唇の日焼け対策とケア方法
去年開封した日焼け止めは使える?使用期限はあるの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする