目から日焼けするって本当!?対策とケア方法

 紫外線量が多くなる5月になると、肌に日焼け止めを塗って、日焼け対策をする方が増えますが、肌に日焼け止めを塗るだけでは、十分に日焼け対策をできていないことをご存じでしょうか?実は、目が紫外線を浴びると、肌が日焼けしてしまうのです。

 紫外線が目に与える影響と対策、ケア方法を紹介します。

 紫外線が目に与える影響

 私達の肌が日焼けする原因は主に2つあります。1つは肌が紫外線を浴びるため、もう1つは目が紫外線を浴びるためです。肌が紫外線を浴びると日焼けすることは多くの人が知っているので、日焼け止めを塗ったり、日傘を差したりして予防しますよね。しかし、目が紫外線を浴びることで、肌が日焼けすると知っている人は多くありません。

 目が紫外線を浴びると、目から脳に「紫外線を浴びた!」という信号が送られ、紫外線から身体を防御しようとメラニン色素をつくり始めるのです。メラニン色素は身体を紫外線から守るのに必要なものですが、過剰につくられると、シミそばかすの原因になってしまいます。肌を紫外線から守りたいなら、肌だけでなく、目の紫外線対策もする必要があるのです。

 また、紫外線が目に与える影響は、肌の日焼けだけではありません。角膜が炎症を起こすことで、目が充血したり、視力が低下したり、白内障になったりします。

 対策、ケア方法

 歳を重ねるにつれて、身体に紫外線が蓄積されやすくなります。紫外線が目に与える影響を知った今日から、目の紫外線対策に取り組みましょう。

サングラスをかける

 紫外線から目を守るアイテムとして、一番に思い浮かぶのはサングラスですね。しかし、サングラスであれば、何色のレンズでも、どんな形のレンズでもいいわけではありません。サングラスのレンズ選びのポイントをみていきましょう。

色が薄いレンズを選ぶ

 サングラスといえば、黒や茶色のレンズが多いですが、色が濃いレンズは目の紫外線対策には逆効果です。私達の目は光が当たると瞳孔が小さくなり、暗い場所では瞳孔が大きくなります。黒や茶色のレンズを通して見るということは、瞳孔が大きくなり、浴びる紫外線の量が増えてしまうのです。サングラスのレンズは薄い色を選びましょう。

UVカット率が高いレンズを選ぶ

 サングラスのレンズにはUVカット効果がありますが、UVカット率はレンズによって異なります。UVカット率は数値が高いほど効果がありますが、紫外線透過率で記されている場合があります。紫外線透過率は数値が低いほど効果があるので、見間違えないように気をつけましょう。

 また、UVカット率や紫外線透過率の他に確認したいのが可視光線透過率です。可視光線透過率は光を通す割合を表していて、数値が低いほど光を通さず、高いほど光を通します。「光を通さないなら、数値が低いものを選ぼう!」と考える方が多いと思いますが、光を通さないぶん見えづらくなります。

 例えば、可視光線透過率が8%以下のレンズは運転時に使えません。普段使いには、可視光線透過率が40~70%のレンズが適しています。シーンにあわせて、必要な可視光線透過率を考えましょう。

大きなレンズを選ぶ

 紫外線は目の四方から降り注ぎます。紫外線は地面に反射するので、目の上、左右はもちろん、目の下も含めてしっかり覆う大きなレンズを選びましょう。

 小さなレンズのサングラスしか持っていない場合は、サングラスをかけたうえで、帽子をかぶったり、日傘を差したりして、紫外線が目に届かないようにしましょう。

目薬をさす

 目が紫外線を浴びると、角膜がダメージを受けます。ダメージを受けた角膜を放っておくと、眼病を引き起こしてしまう可能性があります。角膜を修復する作用があるビタミンB2、保護する作用があるコンドロイチンが含まれている目薬をさして、紫外線を浴びた目をケアしましょう。

 まとめ

 紫外線が目に与える影響と対策、ケア方法を紹介しました。

 目が紫外線を浴びると、紫外線から身体を防御しようとメラニン色素をつくり始めます。メラニン色素が過剰につくられると、シミやそばかすの原因になるので、日焼けしたくないなら、肌だけでなく、目の紫外線対策もする必要があります。また、目が紫外線を浴びると、角膜が炎症を起こし、目が充血したり、視力が低下したり、白内障になったりします。

 歳を重ねるにつれて、身体に紫外線が蓄積されやすくなるので、色が薄いレンズ、UVカット率が高いレンズ、大きなレンズのサングラスを選び、今日から目の紫外線対策に取り組みましょう。また、角膜を修復する作用があるビタミンB2、保護する作用があるコンドロイチンが含まれている目薬をこまめにさして、紫外線を浴びた目をケアしましょう。

====================

あわせて読みたい記事

紫外線の種類やピーク、日焼け止めを使わない日焼け対策を紹介
去年開封した日焼け止めは使える?使用期限はあるの?
日焼けして剥ける皮をめくるとどうなるの?めくれた後のケアは?
頭が日焼けすると抜け毛が増える!髪と頭皮の日焼け対策とケア方法
唇が日焼けすると老けて見える!唇の日焼け対策とケア方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする