ひな人形は誰が買う?いつからいつまで飾る?

 桃の節句に欠かせないひな人形。初節句で、赤ちゃんとひな人形を一緒に写すのが楽しみな親御さんも多いと思いますが、ひな人形は誰が買って、いつ飾って、いつ片付けるのでしょうか?

 ひな人形の用意の仕方、飾り始める時期と片付ける時期を紹介します。

 誰が買うの?

一般的には母方の祖父母

 男の子の初節句を父方の祖父母が用意するように、女の子の初節句は母方の祖父母が用意するのが一般的です。しかし、あくまでもこれは「一般的」であって、必ずそうしなければいけないということではありません。祖父母との関係や経済状況(年金暮らしに入っていると、経済的余裕はないかもしれません!)を含めて話し合って決めるといいでしょう。

 ひな人形の買い方も様々です。祖父母がひな人形を買ってくれる場合、祖父母とお母さんが一緒に買いに行ってもいいですし、お母さんがお金を立て替えて買って、祖父母から後でお金を受け取ってもいいですし、祖父母が選んで買ってもいいです。ただし、ひな人形は毎年飾るものなので、買った後に「あっちのひな人形が良かったのに!」ともめたり、後悔したりしないようにだけ気を付けましょう。ひな人形の顔、着物は一体一体違いますからね。

注意点

自分で買うなら、事前連絡を

 祖父母にとって、ひな人形は大切な孫への贈り物。ひな人形を買うことを楽しみにしているかもしれません。祖父母に買ってもらうのではなく、自分達で買う場合は、祖父母にその旨を伝えておきましょう。

飾る場所を決めて事前計測を

 豪華なひな人形を買っても、ひな人形を飾る場所がなかったら宝の持ち腐れです。ひな人形を買う前に、飾る場所を決めて、どのぐらいの大きさのひな人形なら飾れるかを測っておきましょう。計測したら、祖父母に伝えることを忘れずに。

 お下がりは駄目?

 お母さんが赤ちゃんの頃に買ってもらったひな人形。実家に保管しているという方も多いのではないでしょうか?お母さんのひな人形を赤ちゃんに引き継ぐのはいいのでしょうか?

 昔から、ひな人形は赤ちゃんの代わりに厄や災いを受けてくれるとされており、赤ちゃん一人に対してひな人形を一体用意するべきだといわれています。しかし、これは昔の話で、最近では、お母さんのひな人形を赤ちゃんに引き継ぐ方も増えています。お母さんが赤ちゃんの頃から親しんできたひな人形を、自分の子どもに引き継ぎ、更に孫に引き継がれていくというのも、ロマンチックですよね。

 いつから飾る?

 ひな人形は立春から雨水にかけて飾り始めるのがいいといわれています。

どうして立春なの?

 ひな祭り(桃の節句)は春の節句で、立春は暦の上で春が始まる日なので、立春は区切りが良いとされています。また、立春は節分の翌日。豆まきをして厄をはらった翌日にひな人形を迎えるという流れはとても自然ですね。

どうして雨水なの?

 立春に比べて聞き慣れない雨水。雪が雨水に変わり、草木が芽吹き始める日とされています。草木を育てる雨水は、子宝の神様とされてきました。雨水にひな人形を飾ることで、良縁を結べるといわれています。

 つまり、立春である2月4日から、雨水である2月18日、19日までに飾り始めるのがいいのです。雨水はその年によって日にちが変動するので、気になる方は調べてみてください。

 いつまで飾る?

 ひな祭りである3月3日を過ぎたら片付けるのが一般的ですが、3月中旬までの天気がいい日に片付けるようにしましょう。ひな人形の素材は湿気に弱いので、カラッと晴れた日に片付けることで、ひな人形を傷めずに済みます。先述したように、ひな人形は代わりに厄や災いを受けてくれます。ひな祭りが終わったから片付けるという考えだけではなく、ひな人形に負担をかけないように片付けるという考えももってくださいね。

 まとめ

 ひな人形の用意の仕方、飾り始める時期と片付ける時期を紹介しました。

 ひな人形は母方の祖父母が買うのが一般的ですが、あくまでも一般的な話。関係や経済状況などを考慮して、よく話し合って決めましょう。ひな人形は厄や災いを代わりに受けてくれるといわれており、一人に対して一体用意するのが理想ですが、お母さんのひな人形を赤ちゃんに引き継ぐのもロマンチックです。

 ひな人形は、2月4日から2月18日、19日までに飾り始め、3月中旬までの天気がいい日に片付けましょう。ひな人形の素材は湿気に弱いので、晴れた日に片付けることで、ひな人形を傷めずに済みます。

 風習やしきたりにとらわれず、ひな人形と一緒に楽しいひな祭りを過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする