身体が冷える原因と身体に及ぼす影響、身体をすぐに温める方法

 毎年寒さが増す冬。冬が近付くと、ダウンジャケットのCMをよく見かけますが、太って見えるから着ないという女性も多いのだとか。確かに、服を着こめば着こむほど、太って見えてしまいますよね。しかし、おしゃれを楽しみたいからといって、寒いのを我慢していると身体が冷えてしまいます。

 身体が冷える原因と及ぼす影響、身体をすぐに温める方法を紹介します。

 身体が冷える原因

 冷えとは、身体の隅々まで血液が巡っていない状態をいいます。身体が冷えると、何故血液が巡らなくなるのでしょうか?それは、心臓や脳など、身体の中でも重要な臓器に、血液を優先的に巡らせるため。手足など、身体の末端に血液を巡らせるのは後回しになるのです。

 つまり、冷えは血行が悪くなることで起きるのですが、他にも理由があります。血行が悪くなる理由も含めて、詳しくみていきましょう。

筋肉量の低下

 交通網が発達し、歩く機会や走る機会が減っています。また、食事制限だけを行い、運動をしないダイエットに励む方も多く、筋肉量が低下する人が増えています。筋肉が少ないと、血行が悪くなり、身体が冷えてしまいます。

シャワーで済ませる

 忙しいからといって、湯船に浸からずにシャワーだけで入浴を済ませていませんか?シャワーだけでは血流が悪くなり、身体が冷えてしまいます。

体温調節機能の低下

 私達の身体は、暑いと感じたら汗をかいて体温を調節しますが、夏は冷房で、冬は暖房で室温が一定に保たれた空間にいることが多く、体温調節する機会が減っています。昔に比べて、体温調節機能が低下しているのです。

自律神経の失調

 夏は暑いから、冬は寒いからといって、エアコンを屋外の気温と大きくかけ離れた温度に設定すると、自律神経のバランスが崩れます。自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症になると、暑い夏でも手足が冷えてしまいます。

冷たい飲み物を飲む

 暑い夏は冷たい飲み物を飲んだり、寒い冬は暖房の利いた部屋でアイスクリームなどを食べたりしていませんか?体温より低い温度のものを摂取すると、身体が冷えやすくなります。

 昔に比べて、私達は体温が下がりやすい体質だそうです。これらの理由から考えると、私達の生活習慣に原因があるといえそうですね。

 冷えが身体に及ぼす悪影響

 身体が冷えると、血行が悪くなり、血液がドロドロになるので、酸素や栄養素が身体の隅々まで運ばれなくなります。老廃物も体内にたまるので、疲疲労や肩こり、胃腸の不調など、様々な症状を引き起こします。また、体温が一度下がると13%も代謝が低下するそう。代謝が低下すると、免疫力まで低下し、風邪をひきやすくなります。

 身体をすぐに温める方法

 血行が悪いと身体が冷えるということは、血行が良ければ身体が温まるということ。しかし、筋肉量を増やそうと運動し始めたり、体温調節機能を高めようとエアコンの設定温度を調整したりしても、その効果が現れるまで長い日数がかかります。

 そこで、身体をすぐに温める方法を紹介します。

首回りを温める

 首には太い血管があり、首回りを温めることで、身体の隅々まで血液が運ばれやすくなります。重い頭を支えている首は、筋肉が緊張して、血行が悪くなりがち。首をゆっくり回すと筋肉がほぐれます。

 また、身体と服の間に発生している熱を逃がさないように、首元の開いた服を控えて、タートルネックのトップスを着たり、首元が開いた服を着るなら、マフラーを巻いたりしましょう。冬にマフラーを巻いたり、春や秋にストールを巻いたりするのには、オシャレ以外に理由があったんですね。

太ももと下腹部を温める

 太ももは下半身の中で一番大きな筋肉です。また、下腹部には血管がたくさんあります。血液の70%が下半身に集中しているのだとか。膝掛けや湯たんぽ、腹巻やカイロを使って、太ももと下腹部を温めることで、血行が良くなります。

足先を温める

 先述したように、身体が冷えると、身体の中でも重要な臓器に血液を優先的に巡らせるため、身体の末端に血液を巡らせるのは後回しになります。中でも、足先は心臓から最も離れているので、血行が悪くなりやすいです。タイツやレッグウォーマーなどでしっかり温めましょう。

 外出先で靴を脱ぐ機会がない場合や自宅で過ごす場合は、五本指のソックスがおすすめです。指と指の間にかいた汗を吸い取ってくれるので、冷えを防ぐことはもちろん、快適に過ごせます。

温かい飲み物を飲む

 冷たいペットボトル飲料を飲んでいた方は、温かいペットボトル飲料に切り替えましょう。それだけで、身体の冷えを防ぐことができます。

冷えを防ぐ素材の服を着る

 保温性に優れている素材は、カシミヤ、ウール、ポリエステル、シルク、そして、ヒートテックなどです。シルクは吸湿性にも優れているので、重ね着するのに適しています。

 厚めのトップスに厚めのコートを羽織って、冬を過ごしていませんか?厚めのトップスを1枚着るのではなく、薄い服を含めて3枚以上重ね着して、身体とアウターの間に複数の空気の層をつくりましょう。一層目で発生した熱が外に逃げるのを、二層目、三層目が防いでくれます。身体にピッタリ張りつくような服よりも、少しゆとりのある服を着ると、空気の層をつくりやすくなりますよ。

 アウターはダウンジャケットがおすすめです。ダウンジャケットそのものに空気の層があるので、熱を服の中にしっかり溜め込んでくれます。

 人間は真冬でも汗をかきます。いくら厚着をして暖めても、その汗を放置するとかえって体が冷え悪循環になります。着替えられるなら、インナーだけでも着替えましょう。

 まとめ

 身体が冷える原因と及ぼす影響、身体をすぐに温める方法を紹介しました。

 身体が冷える原因には、筋肉量の低下やシャワーだけで入浴を済ませることによる血行不良、体温調節機能の低下、自律神経の失調などがあります。身体が冷えると、免疫力まで低下し、風邪をひきやすくなります。首回り、太ももや下腹部、足先を温めることで、今すぐに身体を温められます。また、3枚以上重ね着することで、身体とアウターの間に発生した熱が外に逃げるのを防げます。

 身体を温めながらオシャレを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする