腹帯の必要性は?おすすめの腹帯、妊婦帯も紹介

 戌の日の安産祈願を終えてから、お腹に巻く腹帯。腹帯は必ずしなければいけないのでしょうか?腹帯をしないとどうなるのでしょうか?

 腹帯のメリットやデメリットと必要性、腹帯の種類、おすすめの腹帯や妊婦帯について紹介します。

 腹帯とは?

 腹帯はその名のとおり、お腹に巻く帯です。腹帯は日本独自の風習で、海外にはありません。戌の日の安産祈願を終えてからお腹に巻くように、妊娠五ヶ月目に入ってから腹帯をするのが一般的です。

 腹帯のメリットとデメリット

 腹帯にはメリットとデメリットがあります。それぞれみていきましょう。

メリット

正しい姿勢を保ちやすい

 妊娠初期は目立たないお腹ですが、週数が進むにつれて、どんどん大きくなります。お腹の中で赤ちゃんが育っているので、お腹は当然重くなりますよね。重いお腹を抱える妊婦さんは猫背になったり、逆にお腹を前に突き出すように上体をそらしたりして、姿勢が崩れやすいです。腹帯は大きくて重いお腹を下から持ち上げるように支えてくれるので、正しい姿勢を保ちやすくなります。

お腹を温める

 妊娠すると身体に栄養や水分をためこむようになるため、身体がむくみやすくなります。身体がむくむと、血行が悪くなり、身体全体がえ、お腹が張りやすくなります。

 お腹周りには血管がたくさんあるので、お腹を温めることで、血行を促せます。もちろん、腹巻などでお腹を温めてもいいですが、素材によっては、伸縮性がなく、お腹をキツく締め付けてしまうことも。腹帯は妊婦さんのお腹を考えて作られたものなので、妊婦さんがお腹を温めるには腹帯が適しています。

デメリット

血行が悪くなる

 「血行を促してお腹を温めるメリットがあるのに、血行が悪くなるってどういうこと?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、これは腹帯を使い方によります。腹帯をきつく巻くと、お腹の血行が悪くなります。腹帯を適度な強さで巻けば問題ないので安心してくださいね。

蒸れる

 夏に腹帯を巻くと、お腹が蒸れて、肌がかぶれるおそれがあります。通気性がいい綿の腹帯を巻いて、それでも暑いと感じた時や寝る時には腹帯を外すようにすると、肌トラブルを避けられます。

 腹帯は必ずつけなければいけないものではありません。出産するまで腹帯をずっとつけている妊婦さんもいれば、全くつけない妊婦さんもいます。腹帯をつけて身体が楽に感じるならつけて、苦しく感じるならつけないなど、体調にあわせて選びましょう。

 腹帯の種類

 腹帯にはさらしタイプ、妊婦帯とも呼ばれる腹巻タイプ、パンツタイプなど、いくつか種類があります。

 それぞれの特徴をみていきましょう。

さらしタイプ

 「岩田帯」とも呼ばれています。細くて長い白いさらしで、お腹にぐるぐると巻きつけて、お腹を固定します。神社の安産祈願でいただける腹帯は、さらしタイプが多いです。

 昔から使われているタイプですが、お腹をしっかり支えるように巻くのにはコツが必要なです。また、巻き方によっては、トイレに行く度に巻き直さなければいけないので、慣れていない方は面倒だと感じるかもしれません。

腹巻きタイプ

 腹巻と腹帯が一体化しているタイプ。上腹部から恥骨あたりまでの長さのものもあれば、足の付け根までの長さのものもあります。トイレに行っても脱ぎ着する必要がないので楽ですが、柔らかい生地のものが多く、支える力が弱めです。

パンツタイプ

 パンツと腹帯が一体化しているタイプ。トイレに行く度に脱ぎ着する必要はありますが、他のタイプに比べてお腹をしっかり支えてくれます。サイズ選びを間違えるとお腹が圧迫されるので、注意が必要です。

 おすすめの腹帯・妊婦帯

 さらしタイプ、腹巻タイプ、パンツタイプの特徴を紹介しましたが、私が一番使いやすかったのはパンツタイプ、続いて、腹巻きタイプです。さらしタイプも鏡の前でチャレンジしましたが、全然うまく巻けませんでした。

 私は妊娠前から臨月まで5キログラムしか体重が増えなかったのですが、増えた体重の割にはお腹が大きくなり、下からしっかり支えてくれるパンツタイプが一番合いました。パンツタイプを洗濯している間は腹巻きタイプを使いました。

 私が使っていたのは犬印のパンツタイプ腹巻きタイプです。

 洗濯することを考えると、腹帯は二着以上用意しておくといいです。どのタイプを買うか悩んでいる方は2タイプ買って試してみましょう。

 まとめ

 腹帯のメリットやデメリットと必要性、腹帯の種類、おすすめの腹帯や妊婦帯について紹介しました。

 腹帯には、正しい姿勢を保ちやすい、お腹を温めるというメリットが、また、巻き方によっては血行が悪くなる、蒸れるというデメリットがあります。腹帯は必ずつけなければいけないものではありません。体調にあわせて、腹帯をつけるかつけないかを選びましょう。

 腹帯にはさらしタイプ、妊婦帯とも呼ばれる腹巻タイプ、パンツタイプなどがあります。私が一番使いやすかったのはパンツタイプ、続いて使いやすかったのは腹巻きタイプです。洗濯することを考えると、腹帯は二着以上用意しておくのがいいので、どのタイプを買うか悩んでいる方は2タイプ買って試してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする