ハロウィンに仮装やかぼちゃが欠かせない理由は?由来を紹介

 今や日本で欠かせないイベントになったハロウィン。ハロウィンに仮装したり、かぼちゃを使ってパーティーを楽しんだりする人が多いですが、ハロウィンに何故仮装するのか、かぼちゃを使うのかご存じですか?

 ハロウィンに仮装する理由、かぼちゃを使う理由を、ハロウィンの由来を交えながら紹介します。

 ハロウィンとは

 日本では仮装イベントが目立つハロウィンですが、もともとハロウィンは秋の収穫を祝い、悪霊を祓って、ご先祖様をお迎えするキリスト教のお祭りです。ご先祖様をお迎えするという点では、日本のお盆に当たりますね。ハロウィンは10月31日の1日限定で行われるイメージがありますが、本来は10月31日から11月2日までの3日間行われます。ちなみに、ハロウィンはアメリカではなく、ヨーロッパで始まったお祭りです。

 どうして仮装するの?

 ハロウィンに仮装を楽しむ人が多いですが、ハロウィンに仮装するようになった理由をご存じでしょうか。

 昔、ヨーロッパに居住していた古代ケルト人は11月1日を新年としていました。つまり、10月31日を大晦日としていたのです。当時、古代ケルト人の間では、大晦日にご先祖様が家族に会いに家に帰ってくるといわれていました。まさに、日本のお盆ですね。ところが、家にやってくるのはご先祖様だけではない、ご先祖様についてきた悪霊が家に上がり込んで、家族にいたずらをしたり、畑を荒らしたりするという噂が広がったのです。

 どのようにして悪霊を祓うべきか、古代ケルト人は考え、悪霊が驚くような仮装をすることを思いついたのです。ハロウィンの仮装の定番といえば、魔女やドラキュラ、お化けやゾンビなどですが、これは悪霊を怖がらせるための仮装だったのです。

 現在では、ハロウィンが近付くと、100円均一やディスカウントストアなどで、仮装の定番である魔女やドラキュラ、お化けなどの衣装が売られますね。仮装が本格化して、その年に流行したキャラクターや映画の登場人物になりきろうと、衣装を手作りする人もいます。当初は悪霊を祓うために行っていた仮装ですが、時を経て、現在のように年齢を問わず、衣装を問わず、仮装して楽しむようになったのです。

 どうしてかぼちゃを使うの?

 ハロウィンが近付くと、お店に仮装の衣装と共に並ぶのがかぼちゃをモチーフにしたグッズです。グッズだけでなく、かぼちゃを使った料理もハロウィン料理の定番ですね。何故、ハロウィンとかぼちゃはこのように結びつきが強いのでしょうか。

 目と口を切り抜き、中に火を灯すかぼちゃをジャック・オー・ランタンといいます。ランタンは提灯、ジャックは男性の名前ですが、ジャックとは一体何者なのでしょうか。

 ジャックはアイルランドの物語の登場人物で、悪いことばかり繰り返して生きていました。日本の昔話では、悪いことばかり繰り返していると地獄に堕ちるといわれていますが、ジャックはなんと悪霊をも騙したため、地獄に堕ちることも許されず、亡くなった後、ランタンを片手にこの世をさまよい続けたそうです。

 ランタンを作る材料として、最初は蕪を使っていたようですが、ヨーロッパからアメリカにハロウィンが伝わり、アメリカでかぼちゃを使うようになりました。確かに、蕪よりもかぼちゃのほうが怖い顔に仕上がりそうですよね。仮装と同じ目的で、かぼちゃを怖い顔に仕上げて、玄関や窓に置くと、悪霊が怖がって、家に上がり込まないといわれています。

 まとめ

 ハロウィンに仮装する理由、かぼちゃを使う理由を、ハロウィンの由来を交えながら紹介しました。

 日本では、ハロウィンといえば仮装するイメージが強いですが、ハロウィンは秋の収穫を祝い、ご先祖様をお迎えするお祭りです。仮装したり、ジャック・オー・ランタンを飾ったりするのは、家に帰ってくるご先祖様についてくる悪霊を祓うためてす。

 今年のハロウィンは悪霊が驚くような仮装をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする