五月病になりやすい人の特徴は?症状や原因、対策も紹介

 毎年、ゴールデンウィークが明けるとよく耳にする五月病。五月病は一過性の心の病だと思っていませんか?五月病を軽くみていると、病院に通うことになるかもしれません。

 五月病の症状、原因やなりやすい人、対策を紹介します。

 五月病の症状

 五月病を発症する時期はゴールデンウィークの連休明け、つまり5月上旬といわれています。

 主な症状は、風邪をひいていないのに身体がだるい、やる気が出ない、気分が落ち込みやすいなどです。鼻水や咳など、目に見えるような症状ではないので、気付かないうちに症状が進行するおそれがあります。「身体がだるいのは今だけだ。」と思って放置していると、やがてうつ病になり、中には、外出するのが億劫になって、引きこもりになる人もいます。

 五月病の原因となりやすい人

 五月病には原因があります。また、先述したように、五月病は目に見えない症状ばかりで、自己判断しづらいですが、五月病になりやすい人には特徴があります。順にみていきましょう。

原因

 五月病の主な原因はストレスです。4月は学生にとって進学の時期、社会人にとって就職、異動の時期です。進学や就職、異動に伴って、引っ越しする方もいますよね。また、自分自身が異動しなくても、部署に新入社員が入ってきたり、上司が代わったり、新たなプロジェクトを任されたりなど、自分を取り巻く環境が変化します。4月は新年度の始まりで、新しい出会いにワクワクする時期であるとともに、新しい環境に慣れようと、身体も心も頑張っている時期なのです。

 また、ストレスの次に挙げられる原因がストレスからの解放です。ストレスからの解放が原因になるなんて意外に思われるかもしれませんが、燃え尽き症候群という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?3月まで勉強を頑張っていた受験生、連休に入る前にたくさん残業をした社会人などは、連休に入ると「やりきった!」という気持ちが強くなり、連休明けの生活に対してやる気を失いやすいのです。

なりやすい人

 先述した五月病の原因から、次の項目に当てはまる方は五月病になりやすいといわれています。

・進学、就職、異動、引っ越しした
・人間関係に変化があった
・責任感をもつ仕事が増えた
・連休に入る前に、たくさん残業した

 一つでも当てはまるなら、五月病になる可能性があるということを頭の片隅において、連休を迎えるといいですね。

 対策

 五月病の原因を読んで気付いた方も多いと思いますが、五月病になるかならないかは、連休前の過ごし方次第です。五月病にならないよう、事前にできる対策をみていきましょう。

ストレスを解消する

 五月病の主な原因はストレスなので、ストレス解消が五月病を予防する、改善することに繋がります。好きなものを、好きな人と食べたり、身体を適度に動かしたりして、ストレスを発散しましょう。

セロトニンを生成する食事を摂る

 セロトニンは脳内にある神経伝達物質で、心を落ち着かせる働きがあります。セロトニンの分泌量は摂る食事によって変わります。セロトニンの分泌を促す栄養素が含まれている乳製品や大豆製品、バナナを積極的に摂りましょう。

 一方、カフェインを摂取すると寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりして、睡眠時間が短くなり、疲れやストレスがたまりやすくなります。寝る前にコーヒーなどを飲むのはやめましょう。どうしてもコーヒーを飲みたい場合は夕方までに飲むようにしてください。

 まとめ

 五月病の症状、原因やなりやすい人、対策を紹介しました。

 五月病の症状は、身体がだるい、やる気が出ない、気分が落ち込みやすいなどで、目に見えない症状ばかりなので、気付かないうちに症状が進行するおそれがあります。五月病の原因はストレスです。春に環境が大きく変わった方は、五月病になる可能性があるということを頭の片隅においておきましょう。五月病を予防、改善するためには、ストレスをためこまない、定期的にストレスを解消することが大事です。また、心を落ち着かせる働きがある脳内物質セロトニンの分泌を促す食事を摂りましょう。

 「五月病になったら・・・」と心配することもストレスに繋がります。物事にいつもより気楽に取り組むぐらいの気持ちで、連休前を過ごすといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする