生理前ニキビよ、さらば!予防法と対策法を紹介!

 生理前はニキビに悩む女性が多いのですが、これは女性ホルモンが影響しています。ホルモンの影響ということは、諦めるしかないのでしょうか?

 今回は、生理前にニキビができる原因、予防法や対策法、おすすめのスキンケア用品を紹介します。

 生理前にニキビができる原因

 生理前にニキビができるのは、女性ホルモンが影響しています。

女性ホルモンと生理周期

 女性の身体には、卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンという2つの女性ホルモンがあります。このホルモンの分泌量は生理周期によって変化します。

 生理周期ごとにみていきましょう。

生理中

 エストロゲン、プロゲステロン共に減少し、肌がホルモンの影響を受けにくくなります。

生理後

 肌の水分量やコラーゲンを増やすエストロゲンが多く分泌され、肌の状態が良くなります。

生理前

 エストロゲンが減り、皮脂の分泌を促すプロゲステロンが多く分泌されます。ニキビができやすくなります。

プロゲステロンの働き

 プロゲステロンは妊娠や出産に必要なホルモンで、女性にとって大切なホルモンです。一方、先述したように、皮脂の分泌を促進させる働きがあります。皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が皮脂で詰まってしまいます。そして、常在菌であるアクネ菌が皮脂や垢と混ざって炎症を起こし、ニキビを作ってしまうのです。

 生理前だけニキビができる方は、プロゲステロンの影響を受けていると考えていいでしょう。

 予防法と対策法

 プロゲステロンの影響によるニキビを予防するには、自分の生理周期を把握し、生理前は特に念入りにスキンケアすることが大事です。

 また、ホルモンバランスとストレスは密接に関係しています。ストレスを解消することで、ホルモンバランスが整うので、リラックスすることも大事です。ぬるめの湯船にゆっくり浸かったり、好きなアロマを焚いたりして、リラックスタイムをつくりましょう。

 食生活で皮脂の分泌を抑制するのも有効です。ビタミンB2は皮脂の分泌を抑える働きがあるので、ビタミンB2を含む納豆や青魚を積極的に摂りましょう。

 おすすめのスキンケア用品

オルビス 薬用クリアローション

 年齢を問わず人気の化粧品ブランドであるオルビス。肌を保湿する紫草エキス、ニキビの悪化を防ぐ甘草由来のグリチルリチン酸ジカリウムが毛穴の奥まで浸透し、繰り返す周期ニキビを集中的にケアします。

クレンジングリサーチ クリアローション

 5種類のAHA(フルーツ酸)と3種類の保湿成分を配合した拭き取り化粧水。化粧水を染みこませたコットンで拭き取るだけで、古い角質や角栓、黒ずみを除去できます。グリコール酸がニキビのできにくい肌に整えてくれますよ。

まとめ

 生理前や妊娠中にニキビができる原因、予防法や対策法、おすすめのスキンケア用品を紹介しました。

 生理前にニキビができるのは、皮脂の分泌を促すプロゲステロンが多く分泌されるためです。皮脂や垢とアクネ菌が混ざって、ニキビができやすくなります。自分の生理周期を把握し、生理前は特に念入りにスキンケアしたり、リラックスしたり、ビタミンB2を摂取したりしましょう。

 ニキビはコンプレックスになりがちです。生理周期に左右されないスベスベの肌を手に入れましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする