ダイエットやむくみの解消に。目的別の効果的な入浴方法や入浴剤

 シャワーで済ませずに、湯船にゆっくり浸かると身体を温められることは、皆さんもご存知だと思いますが、入浴には他の効果もあることをご存知ですか?

 今回は、入浴の効果、目的別の効果的な入浴方法、おすすめの入浴剤を紹介します。

 入浴の効果

 湯船にゆっくり浸かることで、美容や健康の増進、リラックス、ストレス解消などの効果を得られるといわれています。これは、温熱、水圧、浮力という3つの物理作用が身体に働くためです。
 それぞれの作用を詳しくみていきましょう。

温熱作用

 湯船の温度によって、得られる効果が変わることをご存知ですか?
 お風呂の温度には、次のような効果があります。

35~38度

 筋肉の緊張を解きほぐすと同時に、休息の神経とも呼ばれる副交感神経が働き、血行を促進したり、リラックスしたりすることができます。

38~42度

 日本人が最も好む温度だといわれています。血行が促進されます。

42度以上

 交感神経を刺激するため、新陳代謝を高めたり、疲労物質である乳酸を取り除いて、筋肉の疲れを解きほぐしたりします。心身共に興奮状態になるため、睡眠の質を低下させるおそれがあります。

水圧作用

 湯船に浸かると、身体に水圧がかかり、身体が小さくなります。具体的には、胴回りが3~6cm、胸回りが1~3cmも小さくなるのだとか。この水圧によって、横隔膜が押し上げられ、肺の容量が少なくなって、空気の量が減少します。体内から空気がなくなることで、呼吸数が増え、静脈の血液やリンパ液が心臓に戻り、心臓の動きが活発になります。

 また、湯船から上がると、それまで身体にずっとかかっていた水圧がなくなるので、身体の隅々まで血液が一気に流れ、全身の血行が良くなります。

浮力作用

 湯船に浸かると、アルキメデスの原理で、身体に浮力が働くため、身体が軽くなります。空気中に比べて、水中での体重は約9分の1程度の重さになるのだとか。この浮力により、身体を支えている筋肉や関節の負担が減り、筋肉の緊張がほぐされます。

 また、関節の痛みがあって動かしにくい部位も、水中では動かしやすくなります。痛みがあって筋力トレーニングをできない方は、毎日の入浴中で少しずつ筋力をつけていきましょう。

 また、身体が軽くなるとリラックスでき、ストレス解消にも繋がります。副交感神経が優位になり、血管が拡張して、血行が良くなるという効果もありますよ。

 目的別の効果的な入浴方法

 入浴の効果が分かったところで、その効果を高める入浴方法を目的別にみていきましょう。

疲れを取りたい時

 40度以下のお湯を、肩が浸かる深さまでためて、15分程度、湯船に肩まで浸かりましょう。血行が良くなり、緊張している筋肉が解きほぐされて、疲れを取ることができます。

安眠したい時

 38度以下の湯船にゆっくり浸かりましょう。平熱より少し高い湯船は副交感神経が優位に働き、心を落ち着かせて、睡眠の質を高めます。就寝前に入浴すると、入浴後に不要な刺激を受けずに済むので効果が高まりますよ。

やる気を出したい時

 42度以上の熱めの湯船に短時間浸かることで、日中に働く交感神経が刺激され、心身が興奮状態になります。眠気が飛び、活動的な気分になりますよ。

足のむくみを取りたい時

 40度の湯船にゆっくり浸かりましょう。肩まで深く浸かることで、水圧を身体にしっかりかけられます。

ダイエットの効果を高めたい時

 半身浴は一般的な入浴よりも汗をたくさんかくことができます。身体がしっかり温まるので、血行が促進され、脂肪の燃焼スピードが高まります。

 入浴前にコップ一杯の水を飲みます。そして、38度以下のお湯を胸の下の深さまでためて、30分程度、湯船にゆっくり浸かりましょう。入浴を終える前に、かいた汗を洗い流してください。また、入浴後は水分を補給してくださいね。

筋肉の疲れを取りたい時

 42度以上の熱めの湯船に浸かりましょう。疲労物質である乳酸を取り除いて、筋肉の疲れを解きほぐすことができます。湯船に浸かった後に身体や髪を洗い、湯船に再び浸かると、より高い効果を得られますよ。

肌を美しくしたい時

 40度の湯船に短時間浸かりましょう。長時間浸かると肌がふやけたり、40度を超える熱い湯船に浸かると、皮膚から保湿成分が溶け出してしまい、皮膚が乾燥する原因になります。入浴後は、保湿クリームを塗って、肌に潤いを閉じ込めましょう。

 おすすめの入浴剤

ヒマラヤ岩塩バスソルト3kg

 バスソルトとして人気が高いヒマラヤ岩塩のピンクソルト。ヒマラヤ山脈で採掘した天然の岩塩で、無着色、無香料、防腐剤無添加なので、赤ちゃんのいる家庭でも安心して使うことができます。このピンクソルトを原料に、天然重曹や好きなエッセンシャルオイルと組み合わせて、入浴剤を手作りすることもできます。

 私も使っていますが、このバスソルトを入れて入浴するのと、入れないで入浴するのとでは、汗の出方が全然違います。汗がたくさん出てスッキリするので、入浴して、髪を洗って、入浴して、身体を洗って、再び入浴して・・・と、入浴をついつい繰り返してしまいます。汗をかいて老廃物が出るのか、肌がとてもスベスベになります。

バスクリン薬湯すっきり発汗浴

 バスクリン薬湯シリーズの共通成分である生薬「センキュウ」を20%増量した入浴剤です。温泉ミネラル成分(乾燥硫酸ナトリウム、炭酸水素Na)や保湿成分である植物エキスを配合し、温浴効果を高めて、疲れや肩こりを解消します。

 まとめ

 入浴の効果、目的別の効果的な入浴方法、おすすめの入浴剤を紹介しました。

 入浴することで、温熱、水圧、浮力の3つの物理作用が身体に働き、美容や健康の増進、リラックス、ストレス解消などの効果を得られます。この3つの物理作用をうまく活用することで、これらの効果を高めたり、ダイエットや足のむくみを解消したりすることに繋がります。

 その日の身体の悩みに合わせて、入浴方法を変えてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする