妊娠中のカフェイン摂取が胎児に与える影響とノンカフェインコーヒー

 妊娠中や授乳中はカフェインを控えるべきだと聞いたことはありませんか?妊婦さんと赤ちゃんに、カフェインはどのような影響を与えるのでしょうか?

 妊娠中や授乳中にカフェインを控えるべき理由、カフェインの一日の上限摂取量とおすすめのノンカフェインコーヒーを紹介します。

 カフェインの働き

 コーヒーや茶葉などに含まれる、天然の食品成分のカフェイン。苦みなどを加える食品添加物として、コーラにも使用されています。

 カフェインには、脳を興奮状態にさせる神経伝達物質のノルアドレナリンの生成を促す作用があります。このノルアドレナリンによって交感神経が活発になると、眠気が覚めたり、集中力や作業効率が高まったり、食欲が抑制されたり、脂肪燃焼が促進されたりします。また、これは余談ですが、コーヒーの香りを嗅ぐと、リラックスした時に現れるα波が脳から出るのだとか。仕事中や勉強中、家事の合間など、ホッと一息つきたい時にコーヒーを飲みたくなる理由は、カフェインやコーヒーの香りにあったのですね。

 妊娠中、授乳中にカフェインを控えるべき理由

 時期別に、カフェインを控えるべき理由をみていきましょう。

妊娠中にカフェインを控えるべき理由

 妊娠中、胎児は母胎から栄養を得るため、妊婦さんは栄養素をバランス良く、そしてたくさん摂取しなければいけません。しかし、カフェインに含まれているタンニンを摂取すると、体内の鉄分とカルシウムがタンニンと結合し、尿によって体外に排出されてしまいます。妊娠中は母胎から胎児に優先的に栄養が届けられるため、カフェインを摂取し過ぎると、母胎が鉄分、カルシウム不足になり、貧血を起こしやすくなります。

 また、妊娠中期になると、大きくなった子宮が胃を圧迫します。胃液の分泌を活発にするカフェインを妊娠中期以降に摂取し過ぎると、胃もたれ吐き気を引き起こすおそれがあります。そして、妊娠後期になると、肝機能が低下するため、カフェインを摂取することによって、高血圧を引き起こす可能性が高まるのです。

胎児に与える影響

 カフェインは他の栄養素と共に、母胎を通じて胎児に届けられます。しかし、胎児は代謝機能が未熟で、カフェインを体外に排出できず、胎児の身体や脳にカフェインが蓄積されてしまいます。

 また、カフェインには血管を収縮させる働きがあるので、胎児に届けられる血液の量が減るおそれも。血液が十分に届けられなければ、胎児に酸素や栄養素が届かなくなってしまいます。ある研究によると、妊娠中にカフェインを過剰摂取することで、胎児に、低酸素状態、発育障害や遅延、低体重児、流産や早産などの影響を与えることが判っています。

母乳に与える影響

 妊娠中にコーヒーを我慢してきたお母さんの中には、「やっと、コーヒーを飲める!」と喜ぶお母さんもいるかもしれません。慣れない育児の合間に、コーヒーを飲んでリラックスしたいお母さんもいるでしょう。しかし、母乳で赤ちゃんを育てようと考えているお母さんは、カフェインを引き続き控えたほうが無難です。

 お母さんがカフェインを摂取すると、母乳を通じて、赤ちゃんの体内にカフェインが取り込まれます。母乳に含まれるカフェインの量は、摂取した量の0.5~1%程度といわれていますが、生まれて間もない赤ちゃんがカフェインを消化するのには3日間かかります。先述したように、カフェインには眠気を覚ます効果があります。赤ちゃんが寝られなくなったり、泣き止まなくなったりするため、赤ちゃんも、お母さんも寝不足になってしまいます。

 一日何mgまでなら、カフェインを摂取してもいい?

カフェインの一日の上限摂取量

 WHO(世界保健機関)によると、カフェインの一日の上限摂取量は200~300mgです。妊娠初期の妊婦さんを対象に、カフェインと出生体重の関係をイギリスが研究したところ、カフェインの一日の摂取量が100mg以下の妊婦さんと比較して、摂取量が100~199mgの妊婦さんは低出生体重児を出産するリスクが20%、200~299mgの妊婦さんでは40%、300mg以上の妊婦さんでは50%にものぼるという結果が出ました。

 この研究結果から、妊婦さんのカフェインの一日の上限摂取量は100mg以内にとどめるといいでしょう。

飲み物に含まれるカフェインの量

 コーヒー100mlには、約60mgのカフェインが含まれています。コーヒーを例に挙げて、妊婦さん、胎児、赤ちゃんに与える影響を紹介しましたが、コーヒーの他にも、カフェインが含まれている飲み物があります。主な飲み物を紹介しておきます。
・紅茶100mlには、約30mgのカフェインが含まれています。
・玉露100mlには、約160mgのカフェインが含まれています。
・コーラ100mlには、約10mgのカフェインが含まれています。

 コーヒーよりも玉露のほうがカフェインがたくさん含まれているなんて、意外ですね。カフェインの一日の摂取量を100mg以下にとどめようと考えると、コーヒーは小さなコップ一杯程度をゆっくり味わうのがいいでしょう。カフェインのタンニンには、鉄分の吸収を妨げる働きがあるので、カフェインが含まれている飲み物を飲む場合は、食後30分以上経過してから飲むといいですよ。

 おすすめのノンカフェインコーヒー

 妊娠中は、ストレスをためずにリラックスして過ごすことが大切です。コーヒーを飲みたくなったら、ノンカフェインコーヒーを試してみましょう。

 私のおすすめのノンカフェインコーヒーは、「ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス」です。

 自然の水だけを使った独自の製法で、カフェインを97%カット。ネスカフェ独自の挽き豆包み製法で、コーヒー豆と空気の接触を抑え、酸化しづらい工夫がされています。インスタントのノンカフェインコーヒーなのに、本格的なコーヒーの香りと味を楽しめます。

【口コミ】
・「妊活中で、先生にコーヒーをやめるよう言われたのでカフェインレス探していました。毎日ブラックコーヒーを何杯も飲むような生活していたので、カフェインレスに切替え出来るか不安でしたが、非常に満足しています!」(Amazonより)
・「授乳中でもコーヒーが飲みたいと思い、購入。特別美味しい!というわけではないのですが、デカフェとは思えないくらい普通のコーヒーの味がします。いつもブラックで楽しんでいます。」(Amazonより)

 まとめ

 妊娠中や授乳中にカフェインを控えるべき理由、カフェインの一日の上限摂取量とおすすめのノンカフェインコーヒーを紹介しました。

 カフェインには、眠気を覚ましたり、集中力や作業効率を高めたり、食欲を抑制したり、脂肪燃焼を促進したりする働きがありますが、カフェインに含まれているタンニンを摂取することで、体内の鉄分やカルシウムが体外に排出されてしまいます。妊娠中は母胎から胎児に優先的に栄養が届けられるため、母胎が貧血を起こしてしまうおそれがあります。また、妊娠中期以降には、胃もたれや吐き気を、妊娠後期には、高血圧を引き起こすおそれも。そして、胎児には低酸素状態、発育障害や遅延、低体重児、流産や早産などの影響を与えることが判っています。

 授乳中にカフェインを摂取すると母乳を通じて、赤ちゃんの体内にカフェインが取り込まれ、赤ちゃんが興奮して寝られなくなったり、泣き止まなくなったりします。

 妊娠中にどうしてもコーヒーを飲みたい場合は、カフェインの一日の上限摂取量が100mg以内になるようにしましょう。授乳中にコーヒーを飲みたい場合は、ノンカフェインコーヒーに切り替えれば、赤ちゃんの体内に取り込まれるカフェインの量もグッと減りますよ。

 妊娠中はストレスをためずに、リラックスして過ごしたいですよね。カフェインの一日の上限摂取量を守って、身体に負担がかからない程度に、カフェインを味わってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする