ハイドロキノンの効果と注意事項、正しい使い方や効果が出る時期

 他の有効成分より、圧倒的に美白効果が高いといわれているハイドロキノン。しかし、ハイドロキノンの使い方を間違えると、シミが濃くなったり、日焼けしやすくなったりするなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

 ハイドロキノンの効果と注意事項、正しい使い方や効果が出る時期を紹介します。

ハイドロキノンの効果

 ハイドロキノンはブルーベリーやイチゴなどに含まれる天然成分で、「肌の漂白剤」と呼ばれています。アメリカでは昔から化粧品として使われてきたハイドロキノンですが、漂白剤と呼ばれるほど強力な成分であるため、日本で化粧品として使用が認められたのは2001年と最近のことです。

 使用が認められたといっても、ハイドロキノンの配合濃度には規定があり、日本では配合濃度2%以下のハイドロキノンが含まれた化粧品の販売が許可されています。配合濃度が2%を超えるハイドロキノンが含まれた化粧品は市販では手に入らず、病院で処方してもらわなければいけません。

 ハイドロキノンの美白効果がどのように発揮されるのか、具体的にみていきましょう。

シミを薄くすることができる

 肌が紫外線を浴びると、紫外線によって肌が傷付くのを防ごうと、脳が身体にメラニンを生成するように働きかけます。メラニンには紫外線を吸収する働きがありますが、紫外線を吸収し、働きを果たしたメラニンや過剰に生成されたメラニンは身体には不要なので、メラニンを身体から排出する必要があります。

 私達の身体は不要なメラニンを排出するようにできていますが、歳を重ねると、不要なメラニンを排出できなくなり、メラニンが集まってシミができたり、肌がくすんだりします。シミやくすみはメラニンの酸化によるものですが、ハイドロキノンは自身を酸化させて、酸化したメラニンを還元することで、シミやくすみを薄くしてくれるのです。

メラニンの生成を抑制する

 紫外線から肌を守るために必要なメラニンですが、先述したように、メラニンが過剰に生成されると、シミができたり、肌がくすんだりします。メラニンを生成する過程で、チロシナーゼという酵素が生成されるのですが、このチロシナーゼの生成を抑制し、結果的にメラニンの生成を抑制する働きがハイドロキノンにはあるのです。

 美白有効成分としてよく知られているビタミンC誘導体アルブチンなどにも、チロシナーゼの生成を抑制する働きがありますが、ハイドロキノンはアルブチンの100倍もの効果があるといわれています。

注意事項

 ハイドロキノンは強力な成分であるため、正しく使わなければ、肌トラブルを引き起こすおそれがあります。ハイドロキノンはハイドロキノンが含まれたクリームを肌に塗って使用するのが一般的です。

 ハイドロキノンクリームを使う際には、次の点に注意しましょう。

初めて使う場合はパッチテストを行う

 ハイドロキノンは強力な成分なので、敏感肌の方が使うと肌に炎症が起きる可能性があります。パッチテストは、顔に塗る前に、炎症が起きても目立たない箇所(腕の内側など)にクリームを試し塗りします。48時間以内に肌に炎症が起きなければ、顔に塗っても問題ないと考えて良いでしょう。

使用期限、用量を守る

 ハイドロキノンは酸化しやすく、開封後常温で保存していると、クリームが黄色く変色します。開封して時間が経つと、効果が薄れてしまいます。販売元の説明書をよく読み、説明書どおりに保管してください。

 また、使用期限内に使えるように、まとめ買いはやめましょう。まとめ買いが安くても、使用期限内に使えなければ捨てることになります。中には、使用期限内に使い切ろうとして、規定の用量以上にクリームを塗ってしまい、肌トラブルを引き起こす方もいます。

紫外線対策をしっかり行う

 ハイドロキノンはメラニンの生成を抑えるため、クリームを塗っている箇所は日焼けしやすくなっています。クリームを塗っている箇所はSPF15以上の日焼け止めを塗り、日中はこまめに塗り直すようにしましょう。日焼け止めを塗っても、日焼けするのではないかと不安な方は、クリームを塗るのは夜だけにし、朝の洗顔でクリームをしっかり洗い落としましょう。

正しい使い方

 ハイドロキノンクリームは正しく塗らなければ、効果を得られないだけでなく、肌トラブルを引き起こしかねません。

 クリームの正しい使い方をみていきましょう。

洗顔する

 洗顔料をよく泡立てて、肌を優しく洗います。洗顔料を洗い流す時は、肌をこすらずに、手でぬるま湯をすくって、肌にかけます。洗顔料の洗い残しは肌の乾燥のもとになるので、洗い残しがないかどうか、鏡で確認しましょう。

クリームを塗る

 洗顔してすぐの肌は化粧品が浸透しやすく、ハイドロキノンクリームが効き過ぎる可能性があります。洗顔後20分が経過してから、クリームを塗るのが望ましいです。

 ただ、洗顔後すぐにスキンケアをしないと、肌がつっぱっていると感じる方もいらっしゃりますよね。20分も待てないという方は、先に化粧水や乳液を塗って、肌を整えておきましょう。その後、20分が経過してから、スキンケアを終えた肌にクリームを重ね塗りします。

 クリームは顔全体に塗らず、シミやくすみが気になる箇所に、綿棒を使ってピンポイント塗ってください。顔全体に塗ると、顔全体が白くなり、気になっているシミやくすみを消すことができません。

効果が出る時期

 ハイドロキノンは強力な成分ですが、塗ってすぐに効果が表れるということはありません。クリームを塗り始めて2ヶ月は必要だといわれています。また、肌にかかる負担を考えると、3ヶ月に1度、肌を休める期間が必要です。3ヶ月使用したら、1ヶ月程度使用を控えましょう。

まとめ

 ハイドロキノンの効果と注意事項、正しい使い方や効果が出る時期を紹介しました。

 ハイドロキノンには、シミを薄くしたり、メラニンの生成を抑制したりして、肌を美白する効果があります。美白効果が高い分、ハイドロキノンを正しく使わなければ、肌トラブルを引き起こすおそれがあります。初めて使う場合はパッチテストを行い、使用期限、用量を守り、使用中は紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。

 また、ハイドロキノンクリームは清潔な肌に塗る必要がありますが、洗顔してすぐの肌は化粧品が浸透しやすく、ハイドロキノンが効き過ぎる可能性があります。洗顔後20分が経過してから、クリームを塗ってください。肌のトーンを明るくしたいからといって、クリームを顔全体に塗るのは控え、シミやくすみが気になる箇所に、綿棒を使ってピンポイントで塗りましょう。

 ハイドロキノンで美白効果を得られるかどうかは使い方次第です。ハイドロキノンクリームを塗って、肌に異常を感じたら、皮膚科を受診するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする