ベビーベッドのタイプと選び方

 ベビー用品を扱うお店に行くと、ベビーベッドがたくさん並んでいて、どのベッドが赤ちゃんに適しているのか悩むお母さんも多いのではないでしょうか?

 ベビーベッドのタイプ、選び方を紹介するので、是非参考にしてくださいね。

ベビーベッドのタイプ

 ベビーベッドのタイプとタイプ別におすすめのベッドを紹介する前に、ベビーベッドの大きさを確認しておきましょう。

大きさ

 ベビーベッドの大きさには2種類あります。
レギュラーサイズ
多くのベビーベッドは120cm×70cmで、このサイズをレギュラーサイズと呼びます。
・ミニサイズ
レギュラーサイズよりも小さいベビーベッドをミニサイズと呼びます。大きさは90cm×60cmで、とてもコンパクトです。

 赤ちゃんの寝具のほとんどは、この2サイズに合わせて作られています。

タイプとおすすめのベッド

 ベビーベッドのタイプとしては、木製のスタンダードタイプ、簡単に折りたためるタイプの2種類がメジャーです。

スタンダードタイプ

 スタンダードタイプは昔からあるベビーベッドなので、おばあちゃんやおじいちゃんでも扱いやすいです。敷き布団の下はすのこになっているベッドが多く、通気性に優れています。また、お母さんがお世話をしやすいように、赤ちゃんが落下しないように柵の高さを調整できるのも魅力の一つです。

 スタンダードタイプのベビーベッドでおすすめなのは、「カトージ ベビーベッド」です。柵の高さを3段階で調整できるので、赤ちゃんが成長しても落下しません。また、お母さんやお父さんがベッドで寝るなら、そのベッドの高さにベビーベッドの高さをあわせれば、ベビーベッドに赤ちゃんを寝かせながら添い寝することができます。ベッドの下には収納スペースがあるので、オムツやミルク缶など、赤ちゃんのお世話に欠かせないアイテムを、赤ちゃんの近くに収納できてとても便利です。折りたためるタイプに比べると重いですが、キャスターがついているので、掃除する時に簡単に移動させられます。また、ベビーベッドを卒業してもサークルとして使用できますよ。

折りたためるタイプ

 おばあちゃんやおじいちゃんにはまだまだ馴染みがない折りたためるタイプ。折りたたむのも組み立てるのもとても簡単です。また、素材が軽いので、帰省する時や旅行する時などに気軽に持ち運ぶことができます。自宅以外で寝ることになると、なかなか寝つけなくてグズってしまう赤ちゃんが多く、赤ちゃんの寝かしつけに疲れてしまうお母さんも多いのですが、いつも使っているベビーベッドなら、赤ちゃんもすんなり寝られますね。

 折りたためるタイプのベビーベッドでおすすめなのは、「アップリカ ココネルエアー」です。キャスターはついていませんが、開閉ロックをつまんでたためば簡単に移動、収納することができます。ベッドに付属しているマットは通気性が高く、新陳代謝が活発な赤ちゃんでも快適に寝られる工夫がされています。ベビーカーやチャイルドシートで有名なアップリカだからこその技術ですね。

ベビーベッドの選び方

 ベビーベッドを選ぶ際には、安全性と使い勝手の2つを重視しましょう。

安全性

 どんなに使い勝手がいいベビーベッドでも、赤ちゃんにとって安全でなければ嫌ですよね。

 現在日本で販売されているベビーベッドには、PSCマークとSGマークの表示が義務付けられています。どちらのマークも、検査や審査に合格して、安全な製品であると認定されたことを表しています。ベッドを選ぶ際には、PSCマーク、SGマークの表示を必ず確認してください。海外で販売されているベビーベッドの購入を検討している場合は、その国の安全基準を確認しましょう。

使い勝手

 安全性を確認出来たら、使い勝手を考えましょう。使い勝手は、置き場所、お世話のしやすさの2つから考えるといいですよ。

置き場所

 先述したように、ベビーベッドにはレギュラーサイズ、ミニサイズの2つの大きさがあります。ベッドを置きたい部屋の広さから、どちらのベッドを購入するか考えましょう。

 どちらのベッドも使用期間は24ヶ月までですが、90cm×60cmのミニサイズは、スペースをとらないぶん、赤ちゃんが窮屈に感じる時期が早いです。90cmといえば、2歳児の身長ですが、寝ている最中でも動くことを考えると、24ヶ月たっぷり使うのは難しいかもしれません。

お世話のしやすさ

 ベビーベッドを使うメリットの一つは、赤ちゃんのお世話をしやすいことです。ベッドでオムツ交換をしたり、ベッドから抱き上げたりすると、お母さんは上半身をあまり倒す必要がないので、腰に負担がかかりにくくなります。実際にベッドの前に立って、赤ちゃんのお世話をしている姿をイメージし、お世話がしやすいベッドかどうかを判断しましょう。

まとめ

 ベビーベッドのタイプ、選び方を紹介しました。

 ベビーベッドのタイプとしては、木製のスタンダードタイプ、簡単に折りたためるタイプの2種類がメジャーです。ベビーベッドを選ぶ際には、赤ちゃんにとって安全なものであること、置き場所を確保できること、お世話をしやすいことを重視するといいですよ。

 一日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃんにとって、また、24時間お世話をするお母さん、お父さんにとって、ベビーベッドはとても大切な場所です。赤ちゃんも、お母さんとお父さんも満足するベビーベッドを選んでくださいね。

====================

あわせて読みたい記事

ベビーベッドの卒業時期、卒業後の寝かせ方、おすすめのベッドと慣らせ方
ベビーベッドの置き場所を決める基本的な考え方と5つのポイント
ベビーベッドのメリットとデメリット、使用期間
ベビーベッドをレンタルするメリット、デメリット、経験談

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする