購入前にベビーベッドを試したい、帰省時だけ使いたいならレンタル!

 赤ちゃんのためにベビーベッドを購入することを検討するお母さんも多いと思いますが、「添い寝じゃないと、赤ちゃんが寝てくれなかった。」、「ベビーベッドは荷物置き場として使っている。」という声が少なくありません。短期間しか使わないなら、ベビーベッドをレンタルするのがおすすめです。

 ベビー用品のレンタルで有名なダスキンを利用した経験を含めて、ベビーベッドをレンタルするメリット、デメリットを紹介します。

 レンタルするメリット

 まずは、ベビーベッドをレンタルするメリットをみていきましょう。

購入前に試せる

 先述したように、赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれない場合、ベビーベッドを購入したとしても宝のもち腐れになります。赤ちゃんがベビーベッドで寝られるかどうか、ベビーベッドをレンタルして、購入前に試すのも一つの手。ベビーベッドで寝られることを確認してから、ベビーベッドを購入しても遅くありません。

短期間の使用なら経済的

 里帰り出産するなら、出産してから一ヶ月検診までの間だけ、実家でベビーベッドを使いたいというお母さんもいますよね。一ヶ月間だけのために、ベビーベッドを購入するのは高くつきます。レンタルするお店、ベビーベッドによりますが、一ヶ月間のレンタルなら、購入するより安く済みます。

収納スペースが要らない

 赤ちゃんがベビーベッドを卒業した後、ベビーベッドを収納するスペースの確保に困るお母さんが多いです。ベビーベッドを分解したとしても、大きなスペースが必要なので、ベビーベッドを使わない場合は邪魔になってしまいます。レンタルなら、使い終わったら返却するので、収納スペースが要りません。

 レンタルするデメリット

 続いて、ベビーベッドをレンタルするデメリットをみていきましょう。

長期間の使用なら非経済的

 短期間使用するつもりで、ベビーベッドをレンタルしても、ベビーベッドを購入する時間がないなどのやむを得ない事情で、長期間使用することになるかもしれません。長期間レンタルするなら、ベビーベッドを購入するほうが安くなる可能性があります。

期限前に返品しても、返金されない

 レンタルを申し込む時に、レンタル期間を伝えますが、レンタル期限よりも早めに返却することになった場合、レンタル料金が返金されない場合が多いです。

衛生面が気になる方は注意

 レンタルなので、赤ちゃんが使う前に、他の赤ちゃんが何日も使っています。お店がベビーベッドを貸し出す前に掃除や消毒をしていますが、衛生面が気になる方は、新品のベビーベッドを購入するのがおすすめです。

扱いに注意が必要

 レンタル中はベビーベッドを自由に使用できるとはいえ、自分のベビーベッドではありません。使用中にできてもおかしくない傷なら問題ありませんが、使用方法を守らずに壊してしまった場合、故意に壊してしまった場合は、ベビーベッドを買い取ったり、実費を支払ったりしなければいけない可能性があります。

 ダスキンレントオールでレンタルした話

 私は出産前にベビーベッドを購入しました。産後は添い寝することなく、息子をベビーベッドに寝かせていたので、ベビーベッドのない実家に帰省した時に添い寝すると、息子が興奮してなかなか寝付けませんでした。そこで、帰省にあわせて、ベビーベッドをレンタルすることにしました。

 ベビーベッドをレンタルできるお店はたくさんありますが、全国に店舗があるダスキンレントオールを選びました。インターネット上でレンタルを申し込めるので、とても便利でした。住所や電話番号、名前などの個人情報の他、レンタルしたい期間、商品を入力します。インターネット上で申し込んだ後、確認の電話がかかってくるので、間違いがなくて良いです。

 私は息子が使っているベビーベッドによく似ているベビーベッドを、9泊10日借りることにしました。帰省期間は1週間でしたが、レンタル期間は9泊10日から。お店に引き取りに行く日、返しに行く日を考えると、実際の使用期間(1週間)+前後2日間で、9泊10日のレンタル期間が丁度良いと思いました。

 しかし、9泊10日で申し込んだ後、スケジュール的に返しに行く時間がないことに気付き、レンタル期間を1ヶ月に変更していただきました。たまたま、次に借りる人がいなかったので、対応していただけたんだと思います。9泊10日のレンタル料金は1846円、1ヶ月のレンタル料金は2052円。差額はなんとたったの206円。余裕をもって、最初から1ヶ月のレンタル期間で申し込んでも良かったと思いました。

 ベビーベッドを含めて、ベビー用品をレンタルする場合は、実際にレンタルしたい日数よりも長めにレンタル期間を設けて申し込むのがおすすめです。

 まとめ

 ベビー用品のレンタルで有名なダスキンを利用した経験を含めて、ベビーベッドをレンタルするメリット、デメリットを紹介しました。

 ベビーベッドのレンタルには、
・購入前にベビーベッドを試せる
・短期間の使用なら経済的
・収納スペースが要らない
というメリットが、また、
・長期間の使用なら非経済的
・レンタル期限前に返品しても、返金されない
・衛生面が気になる方は注意・扱いに注意が必要
というデメリットがあります。

 ベビーベッドを含めて、ベビー用品をレンタルする場合は、商品を引き取りに行く日、返しに行く日を考慮して、実際にレンタルしたい日数よりも長めにレンタル期間を設けて申し込むのがおすすめです。

 ベビーベッドのレンタルサービスをうまく活用してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする