名古屋アンパンマンミュージアムの入場料、レストラン、アクセス

 アンパンマンのアニメにはいろいろなキャラクターが出ますね。お気に入りのキャラクターを見て喜ぶ子どもを見て、アンパンマンミュージアムに連れて行ってあげたいと思うお母さんも多いのではないでしょうか。
 
 名古屋アンパンマンミュージアムの入場料や年間パス、レストラン、アクセスについて紹介します。

 名古屋アンパンマンミュージアムとは

 名古屋アンパンマンミュージアムは、日本最大のアウトレットモールであるジャズドリーム長島、絶叫マシンで有名なナガシマスパーランドなどと同じ敷地にあります。「名古屋」とありますが、正確には名古屋ではなく、三重県桑名市にあります。

 入場料

 アンパンマンミュージアムの入場料は、1歳以上は1500円、1歳未満は無料です。1歳以上なので、大人も子どもも1500円。大人料金、子ども料金がないテーマパークは珍しいですね。

 年間パス

価格

 年間パスの価格は2500円ですが、年間パスはミュージアム内でしか購入できません。年間パスで元を取ろうと考えるなら、1500円(年間パスを購入する前の入場料)+2500円(年間パス)の合計4000円かかるので、1年間で3回行かなければいけません。

 また、年間パスは小学生以下が対象で、大人は対象外なので、子どもが年間パスで入場しても、大人は毎回1500円支払わなければいけません。年間パスを購入する前に、1年間で何回行くのか、誰と行くのかを考えておきましょう。

作り方

 ミュージアム内のインフォメーション窓口で年間パスを購入できます。書類に子どもの住所や名前などの情報を記入し、子どもの写真を撮影します。年間パスには子どもの名前と写真、購入日が記載されます。混んでいなければ、書類記入から年間パスの発行まで20分程度です。土曜日、日曜日、祝日は混み合うので、平日に購入するのがおすすめです。

特典

 年間パスを提示すれば、ミュージアム内のレストランやショップで特典を受けられます。受けられる特典は時期によって変わります。私がミュージアムに行った時はお菓子やシールのプレゼントが特典でした。

 レストラン

 名古屋アンパンマンミュージアムには、アンパンマン&ペコズキッチン、うどんちゃんのやたい、ふっくらごはん工場、フルーツ島のジュース屋さん、ピクニックランチボックス、ジャムおじさんのパン工場、プレミアムソフトクリームの7店舗の飲食店があります。

 この中でしっかり食事できるのは、アンパンマン&ペコズキッチン、うどんちゃんのやたい、ふっくらごはん工場、ピクニックランチボックスの4店舗です。

アンパンマン&ペコズキッチン

 ミュージアム内で一番人気のレストランです。レストラン名のとおり、アンパンマンとペコちゃんがコラボレーションしたお店で、パスタやカレーライス、ハンバーグ、グラタンなど、ファミリーレストランのようなメニューが揃っています。
 
 誕生日メニュー(600円/税込)を注文すると、キャンドルサービス、記念写真、バースデーパンケーキで、誕生日をお祝いしてもらえます。予約制ではなく、その場で食事と一緒に注文するので、気軽に注文しやすいですよ。

フードコート

 うどんちゃんのやたい、ふっくらごはん工場はフードコート内にあります。フードコートは屋内、屋外にテーブルがあるので、天気がいい日は屋外で、ショーを見ながら食べるのもいいですよ。

うどんちゃんのやたい

 うどんにワカメやかまぼこなどをトッピングしたシンプルなメニューが多いですが、使われているうどんはコシのある香川の麺。小学生以下の子どもが頼める「お子さまうどん」は、食べ終わった後、どんぶりを持ち帰ることができるのでお得です。

ふっくらごはん工場

 三重県産のお米を使って、毎朝お店でおむすびを手作りしています。おむすびの具は、おかか、鮭、梅、昆布。お母さんも子どもも食べなれている具材で、好き嫌いなく食べられるのではないでしょうか。おむすびなら、子どものお世話をしながら食べやすいですね。

ピクニックランチボックス

 味噌カツやハンバーグなど、子どもが大好きなものがアンパンマンのボックスに詰まっているお弁当を販売しています。りんごジュースとお菓子のミルキーが付いています。お弁当だからといって、早く提供されるとは限りません。お客さんが多い日は、注文してから30分以上待つこともあります。時間に余裕をもって注文しましょう。

 アクセス

 先述したように、名古屋アンパンマンミュージアムは三重県桑名市にあり、名古屋駅から車で40分程度かかります。桑名駅から直通バスが出ていますが、車で向かって、駐車場に停める人が多いです。

 駐車場料金は1日1000円で先払いですが、ジャズドリーム長島の1店舗で合計3000円以上の商品を購入すれば、駐車場料金が返却されます。気を付けないといけないのは、ジャズドリーム長島で3000円以上購入しなければいけない、つまり、アンパンマンミュージアムの入場料や物販代、飲食代は対象外だということ。

 駐車場料金を無料にしたいなら、アンパンマンミュージアムでの滞在時間、ジャズドリーム長島での滞在時間を考えて、予定をたてましょう。

 まとめ

 名古屋アンパンマンミュージアムの入場料や年間パス、レストラン、アクセスについて紹介しました。
 アンパンマンミュージアムの駐車場料金は1日1000円で先払いですが、ジャズドリーム長島の1店舗で合計3000円以上の商品を購入すれば、駐車場料金が返却されます。アンパンマンミュージアムの入場料や物販代、飲食代は対象外なので、駐車場料金を無料にしたいなら、滞在時間に余裕をもって、予定をたてましょう。
 アンパンマンミュージアムには、子どもの「大好き」がいっぱい詰まっています。ゆったり楽しみたいなら、平日に行くのがおすすめです。お仕事で忙しいお父さんに、会社を休んでほしいとお願いして、家族皆で楽しみましょう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする