今すぐできる!おむつかぶれを一日でも早く治す方法

 生まれたての赤ちゃんの肌は、羨ましいぐらい綺麗ですよね。しかし、オムツを交換する時に、真っ赤になっているお尻を見てビックリしたことはありませんか?それはおむつかぶれかもしれません。

 おむつかぶれの原因、早く治す方法を紹介します。

 おむつかぶれとは

 おむつかぶれとは、オムツに触れている箇所の肌が炎症を起こしている状態をいいます。肌が真っ赤になったり、湿疹ができたりします。
 湿疹と汗疹やアトピーは見た目が似ていますが、おむつかぶれによる湿疹はオムツに触れている箇所の肌だけに湿疹ができます。

 原因

 おむつかぶれの原因は主に3つです。

1. お尻に付いたおしっこやうんちの成分
2. お尻を拭く時に生じる摩擦
3. オムツの中の湿気

 オムツの中は湿気ているため、肌がふやけやすくなっています。うんちをしたら、お尻拭きシートでお尻を拭いてあげるのが一般的ですが、赤ちゃんの皮膚はとても薄いうえに、肌がふやけていては、お尻拭きシートを使うことで生じる摩擦に肌が耐えられません。だからといって、簡単に優しく拭き取って、うんちの拭き残りがあった場合、うんちに含まれるアンモニアや酵素が肌に刺激を与えて、肌がかぶれてしまいます。

 放置すると?

 おむつかぶれに対して正しい処置をしなければ、すぐに悪化してしまいます。お尻全体が猿のお尻のように真っ赤になったり、皮膚がただれたり、出血したりします。かぶれた肌には痒みや痛みが生じるので、赤ちゃんが不快に感じて泣いてしまうこともあります。

 早く治す方法

 おむつかぶれの原因がわかったら、今すぐにできる方法で早く治してあげましょう。

オムツを頻繁に交換する

 ウンチがついたオムツはもちろん、おしっこだけがついたオムツでも、同じオムツを長時間はかせていると、オムツの中に湿気がどんどんたまり、赤ちゃんの肌が蒸れてしまいます。生後間もない赤ちゃんのおしっこやウンチにはにおいがあまりないので、おしっこをいっぱいしていても、ウンチをしていても気付きにくいです。こまめにオムツの中を見てあげましょう。「ウンチをしてなくても、2時間経ったら交換する」と決めておくのもいいですね。

お尻を洗って乾かす

 赤ちゃんの肌に一番優しいのは、お尻拭きシートを使ってお尻を綺麗にすることではなく、お尻をぬるま湯で洗ってあげることです洗面器にぬるま湯を張り、お尻をつけて優しく洗ってあげるのでもいいです。霧吹きボトルにぬるま湯を入れて、汚れが落ちるまで霧吹きをかけてあげるのでもいいです。また、霧吹きボトルの代わりに、500ミリリットルのペットボトルを使ってもいいです。ぬるま湯をペットボトルに入れて、古いオムツやオムツ交換シートをお尻の下に敷いて、ぬるま湯でお尻の汚れを流してあげれば、赤ちゃんの肌に負担がありません。

 汚れが落ちたら、お尻拭きシートやガーゼなどで水分を優しく拭き取り、肌が乾くまで、息を吹きかけたり、うちわで風を送ったりしましょう。肌を乾かすことで、オムツの中の湿気を軽減できます。

酷い場合は薬を塗る

 うんちが緩い時、下痢が多い時などは、肌がかぶれやすいです。ワセリンを肌に塗ると、ワセリンがおしっこやうんちを弾きますが、肌の状態によっては、おむつかぶれが悪化してしまうおそれがあります。自己判断でワセリンを使うのではなく、小児科や皮膚科など病院に行って、肌を診てもらい、医師の指示を仰ぎましょう。必要に応じて、おむつかぶれ専用の塗り薬を処方してもらえるかもしれません。

 病院に行けない場合は、ドラッグストアなどで薬剤師に相談してみてください。市販のおむつかぶれ専用の塗り薬でも十分効果がありますよ。(私は「サトウ製薬 ポリベビー」をよく使っています。)

 まとめ

 おむつかぶれの原因、早く治す方法を紹介しました。

 おむつかぶれの主な原因は、お尻に付いたおしっこやうんちの成分、お尻を拭く時に生じる摩擦、オムツの中の湿気の3つです。

 肌がオムツでかぶれたら、オムツ交換の回数を増やし、オムツ交換の度にお尻を洗って、お尻を乾かしてあげましょう。おむつかぶれが悪化すると、皮膚がただれたり、出血したりしてしまいます。小児科や皮膚科に行って、肌を診てもらい、医師の指示を仰ぎましょう。

 おむつかぶれで肌に痒みや痛みが生じると、赤ちゃんが不快に感じて泣いてしまいます。赤ちゃんが快適に過ごせるように、おむつかぶれは早めに治してあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする