紫外線が赤ちゃんに及ぼす影響と日焼け止め以外の対策、ケア方法

 私達大人が紫外線を浴びると、肌が日焼けしたり、シミができたりしますね。では、赤ちゃんが紫外線を浴びると、肌にどのような影響があるのでしょうか?肌以外に、影響が及ぶのでしょうか?

 紫外線が赤ちゃんに及ぼす影響、日焼け止めを使わない日焼け対策、日焼け後のケア方法を紹介します。

 紫外線が赤ちゃんに及ぼす影響

 大人が紫外線を浴びると、肌に黒ずみやシミができたり、肌がたるんだりしますが、赤ちゃんにはどのような影響があるのでしょうか?

 私達の皮膚には、
・外部刺激から身体を守る(バリア機能)
・体内に水分をとどめる(保湿機能)
という2つの機能があります。

 この機能は大人の皮膚も、子どもの皮膚も、赤ちゃんの皮膚も同じです。しかし、赤ちゃんの皮膚は、大人の皮膚の2分の1の薄さで、バリア機能保湿機能もまだまだ未熟です。赤ちゃんは日焼けしやすく、浴びた紫外線は表皮と呼ばれる皮膚の表面を通り越して、表皮の下にある真皮や皮下組織にまで到達します。皮膚がもつ2つの機能を破壊してしまう可能性があるのです。

 また、大人が紫外線を浴びると、肌がこんがり焼けるなどの目に見える症状が現れますが、赤ちゃんが紫外線を浴びた場合、目に見えない症状が将来現れるおそれも。

 具体的には、
・シミやたるみができやすくなる
・免疫力が低下する
・皮膚がんを発症しやすくなる
・白内障を発症しやすくなる
などの影響が考えられます。

 日焼け止めを使わない日焼け対策

 大人になって浴びた紫外線でシミやたるみができるのは自己責任といえるかもしれませんが、赤ちゃんの頃に浴びた紫外線で現れる症状は大人の責任です。赤ちゃんにもしっかり日焼け対策をしてあげましょう。

 ただし、先述したように、赤ちゃんの皮膚は未熟なので、大人と同じ日焼け対策をすると、赤ちゃんの肌に負担をかけてしまいます。

 日焼け止めを使わない、赤ちゃん向けの日焼け対策を紹介します。

肌を露出させない

 気温が高い日は半袖やタンクトップ、半ズボンなど、涼しそうな服を着せたくなりますが、露出する肌の面積が大きければ大きいほど日焼けしやすくなります。私達大人は長袖のカーディガンを羽織ったり、レギンスを履いたりして、肌を隠すことができますが、赤ちゃんは体温が高いので、私達よりもバテやすく、衣服の中が蒸れやすいので、夏に赤ちゃんに長袖、長ズボンを着せることはおすすめできません。赤ちゃんが脱水症になったり、熱中症になったり、衣服の中が蒸れて、肌がかぶれたりしたら困りますよね。

 半袖や半ズボンを着せて、屋外など、紫外線が降り注ぐ場所ではおくるみで包んであげたり、薄手のブランケットで足を隠してあげたりしましょう。

日陰をつくる

 日陰であれば、空から降り注ぐ紫外線を避けることができます。ベビーカーに赤ちゃんを乗せて外出する場合は、ベビーカーのサンシェードを下ろしたり、赤ちゃんを抱っこして外出する場合は、お母さんが日傘を差したりして、赤ちゃんに日光が当たらないように気を付けてあげましょう。

 帽子を被せるのもいいですが、長時間被せていると、帽子の中に熱気がたまって蒸れてしまいます。スーパーやショッピングモール、図書館など、涼しい室内では帽子を取って、熱気を取り除いてあげてください。室内に入らない外出の場合は、日陰で帽子を取って、うちわを扇いで、頭に風を送るなど、頭を冷やしてあげましょう。

 また、日陰をつくるだけでは、地面に反射する紫外線を防ぐことはできません。赤ちゃんの足を隠せないなら、外出する時間をできるだけ短くしましょう。

早朝、夕方に外出する

 一日の間で紫外線量が多いのは10時から14時です。この4時間を避けて外出するだけで、浴びる紫外線量を少なくすることができます。真夏の外出は、紫外線の他に、気温が気になりますよね。早朝、夕方に外出することで、日焼けだけでなく、熱中症も予防できます。

 日焼け後のケア方法

 日焼け対策をしているつもりでも、入浴時に赤ちゃんの肌が日焼けしていたことに気付くお母さんが少なくありません。

 日焼けは肌がやけどしている状態なので、日焼けに気付き次第、日焼けしている箇所を冷やしましょう。冷やすといっても、保冷剤を使うと、赤ちゃんの肌に負担がかかってしまいます。常温の水で濡らしたガーゼを優しく当てるなどして、ゆっくり冷やしてください。また、冷やした後には、肌にワセリンを塗って、肌を保護しましょう。

 まとめ

 紫外線が赤ちゃんに及ぼす影響、日焼け止めを使わない日焼け対策、日焼け後のケア方法を紹介しました。

 私達の皮膚には、外部刺激から身体を守るバリア機能、体内に水分をとどめる保湿機能があり、赤ちゃんが日焼けすると、この2つの機能を破壊してしまう可能性があります。肌を露出させない、日陰をつくる、早朝や夕方に外出するなど、日焼け対策をしてあげましょう。

 もし、赤ちゃんが日焼けしていたら、日焼けに気付き次第、日焼けしている箇所に、常温の水で濡らしたガーゼを優しく当てて冷やしてください。冷やした後には、肌にワセリンを塗って、肌を保護しましょう。

 赤ちゃんの頃に浴びた紫外線で現れる症状は大人の責任です。赤ちゃんのスベスベ肌を紫外線から守ってあげてくださいね。

====================

あわせて読みたい記事

赤ちゃん用の日焼け止めの選び方、塗り方と落とし方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする